こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

相対性理論、光速宇宙船の乗員と地球の人間はどちらが先に歳をとる?

みなさんこんばんは。

アインシュタインの相対性理論で、光速で飛行する宇宙船の
乗組員と地球にいる人間がどちらが先に年をとるか?という
命題がありますが、それは宇宙船が等速直線運動を
している場合のみ起こりうる問題ときいたことがあります。
では、ここで質問ですが、光速で地球から飛び立った宇宙船
が途中で向きをかえ、地球に戻ってきた場合、いったい
どちら(宇宙船、地球)の人間が先に年をとることになるので
しょうか?
科学に疎い私でもわかるようにお教えいただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2008-07-05 22:52:56

QNo.4154150

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.2

「等速直線運動をしている場合のみ起こりうる」というところに誤解があります。特殊相対性理論はあらゆる速度の運動にあてはめらます。
つまり、地球からみた宇宙船の速度がわかれば宇宙船の遅れ時間が計算でき、地球の人が年をとるのがわかります。

逆に、宇宙船から地球の時間の進みを計算する場合は、宇宙船の加速を計算に入れる必要があり複雑になりますが、結果は同じになります。

投稿日時 - 2008-07-08 18:32:02

ANo.1

途中で向きをかえ
これがあると地球は慣性系、宇宙船は加速度系なので地球の時間の方が進むことになります

アインシュタイン著 相対性理論
岩波文庫 古書店で50円
是非お読みください

投稿日時 - 2008-07-06 09:02:01

お礼

早速の回答ありがとうございます。
なぜ、そういう風になるのでしょうか。
簡単のお教えいただければ幸いです。

投稿日時 - 2008-07-07 20:42:02

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-