こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

なぜ日本はシュートを打たない?

サッカーの日本代表の試合などを見ていて感じるのですが、
なぜ、日本はシュートをなかなか打たないのでしょうか?
(Jリーグはほとんど見ないのでわかりませんが)

わたしはよくヨーロッパのサッカーを見ているのですが、それらと比べると日本がシュートを打っている印象が少ないのです。
パスをつないでつないでという戦術はわかりますが、そのパスがシュートまで行ってない気がします。素人見解ですが、サッカーを実際にプレーしていたり、詳しい方に聞きたいです。
なぜ、日本は代表戦でなぜシュートをしないのですが?できないのですか?

投稿日時 - 2008-06-28 18:17:38

QNo.4135998

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

 いろいろな理由があるのでしょうが、ちょっと違った視点から述べてみます。
 アメリカの少年野球チームの監督は、チームが大会で優勝することより、チームの中から何人のメジャーリーガーが出たかということのほうがステータスが高いのだそうです。だから、目先の勝利にこだわらず長い目で選手を育てるのだそうです。確かに真夏の甲子園での連投なんて、体のできあがったプロの選手でさえ、中4日、5日で投げるのに、狂気の沙汰です。
 結果を求めるのはプロなら当たり前です。しかし、育成段階では、勝利を目指すのはもちろん大事ですが、指導者はもっと長い目で育てることが必要です。
 結果を求めると、どうしても負けないサッカーをしがちです。トーナメントならなおさらです。上手な選手や、フィジカルに優れた選手をDFにしてしまいがちです。FWの選手をDFにコンバートすることもあります。
 サッカーもまだ学校の部活動の方が優位ですが、Jリーグの下部組織がさらに充実してくれば、日本人もシュートを打つようになると思うのですが。
 でも、中村俊輔や本田圭祐がユースからはじき出されて、高校の部活動で活躍したことを考えると、Jリーグ下部組織の皆さんもっと考えてよということになるのですが。

投稿日時 - 2008-06-30 08:58:11

お礼

ありがとうございます。そうなんですかユースはまだまだなんですね

投稿日時 - 2008-07-03 19:55:26

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(5)

ANo.5

まぁ私の思い込みかもしれませんが・・・

今の日本のサッカーはつないで崩す、というテーマがあると思います。
いわゆるパスサッカーですね。
それの理想系は相手を左右、前後に揺さぶって相手を疲れさせて、一瞬のスキをついて裏を取ったり、サイドを突破してクロス、などがあると思います。
その中でやはり日本はその形を求めすぎたり、まだ完璧に崩せてはいない、と思い込んでしまうことがあるんです。
今崩せてない状態でシュートを打つより、もっとパスを回して自分よりいいポジションでいいシュートを打てる人、という考えがミドルシュートを少なくしているのではないでしょうか??
やはり海外は日本より我が強い人が多いので、自分より体勢のいい人、ではなくて俺が点を取ってやる、という考えの人が多いんだと思います。海外の人のほうがテクニックがあったり、シュートがうまかったりすることがあるので、ミドルシュートの点も多いと思います。
長くなってすいません。。。

投稿日時 - 2008-07-03 18:03:44

お礼

ありがとうございます。そうですね、でもユーロで見ていたのですが、スペインもものすごいパスまわしがうまかったです。

投稿日時 - 2008-07-03 19:56:14

ご質問そのものというタイトルの本がありますので、ご一読されて見てはいかがでしょう。

『日本人はなぜシュートを打たないのか?』
http://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%9C%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%92%E6%89%93%E3%81%9F%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%AE%E3%81%8B-%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC%E6%96%B0%E6%9B%B8-018-18/dp/4756149553

投稿日時 - 2008-06-30 14:22:56

お礼

ありがとうございます。そうなんですか!知りませんでした

投稿日時 - 2008-07-03 19:56:33

ANo.2

まあ、これは国民的病気というしかないのです。
なぜって聞かれても日本代表監督ですら首をひねる問題なのですから。
以下にそれらしい分析をしてみましたの参考になりましたらどうぞ。

世界の選手のタイプは次のように分けることができます。
フィジカル系 欧米人や中国人など背が高くて骨格のしっかりしているタイプ
バネ系    アフリカにみられる体のしなやかなタイプ
持久型    日本人などの農耕民族の特徴で持久筋が優れているが瞬発力がない

代表戦のようなプロの接戦のフォワードに必要なのはフィジカル系かバネ系です。
フォワードはなかなかシュートを打たせてもらえません。
一瞬の勝負ですが、日本はその一瞬のチャンスをものにする瞬発力が著しく欠けています。

プラスして中学生に入るまでの養成期間にも大きな問題ありといいたいです。
欧州は当然そういう組織は文化として発達していますし、途上国はハングリー精神で遊んでいます。

ところが日本ではサッカー教室といえど親が顔を出してなぜ我が子を出さないと騒ぎます。
小学生のうちは全員平等で試合に出して楽しませろというわけです。
子供がボールを持って自己中心的に振る舞おうとすればたちまち親からクレームがとんできます。
結局、子供の頃から周りに気を遣うような精神を刷り込まれます。

幼少の頃にストライカーとしてのセンスを刷り込ませて体格を大きくしていきたいのですが、
クラスの女の子全員が白雪姫になる時代です。
なかなかサッカー教室の運営も大変なようですよ。

投稿日時 - 2008-06-30 00:04:21

お礼

ありがとうございます。教育にも関係あるんですね。。

投稿日時 - 2008-07-03 19:54:21

ANo.1

簡単に言うと日本人特有のメンタリティが理由なんじゃないかと思います。
つまり「出る杭は打たれる」とか、「和を持って尊しと成す」と言う事ですね。みんな揃って横並び、が好きなんですよ、日本人は。

傑出した者を妬んで引きずりおろし、嘲る国民性があり、突出した者は嫌われやすい傾向にあります。

そういう国民性から、どうしても「シュートを外す事」を過大にマイナス評価されがちなので、どうしても「確実に決まらないシュートを打ちたがらない」様に選手が育ちます。
打って決めてほめられる事とよりも、打って外す事を大きく酷評されますから、どうしても選手が萎縮してしまい、打つ本数自体が少なくなってしまうんですね。

これは「多少サッカーを知っている程度の人」でも同じです。いえ。日本人である限り、トップクラスのサッカー人でさえ同じ様に思っているかもしれません。

本当は「とりあえず打つこと」はとても大事な事なんですけどね。

投稿日時 - 2008-06-29 00:42:56

お礼

ありがとうございます。国民性もおおいに関係ありそうですね。

投稿日時 - 2008-07-03 19:52:49

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-