こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

アフリカで飢餓に苦しむ人たちはなぜ食べ物に余裕が無いのに子供を産むのか?

はっきり言って自己中ですよね。
食べ物も無く子供が苦しむと分かっているのに中出しして産むなと言いたい。
愛ではないと思います。
日本にもいますよね。貧乏なのに10人くらい子供を産んでる大家族の夫婦。

投稿日時 - 2008-06-14 18:57:41

QNo.4100528

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

私はこの質問を、子供は親(子供に責任の持てない親)の所有物ではない。産むからには責任(養育・教育)をもて。出来ないのになぜ産むのか?という様にに受け取りました。

いろいろな理由が挙がっていますが、やはり親側の都合ですよね。
たくさん産まないと働き手に困る。老後が困る。自分たちが食べられるだけ援助があったから、子供も作れるのですか?援助がなければ食べていけないのは、子供に教育という生きていくすべを学ばせられないのは明白なのに。

妾や愛人をもてないから妻と・・・。(妾や愛人がいても避妊はしないと思いますが)子供が飢えて苦しむのを、教育を与えられないのがわかっていても性欲優先ですか?

援助する国は避妊具も配っていると思いますが。(アフリカのHIV問題は深刻です)

一時期子供が減っても、人口が減っても、世直しをするべきだと思います。もちろん先進国も痛みはともないますが。当たり前ですよね。これだけ自由だ平等だ人権だって声高に叫んでいるのですから。自分の人権を主張するなら相手の人権も認めるべきです。

なぜアフリカで飢えて苦しんでいる人も子供を産むのか?
自分のため。性欲のため。

投稿日時 - 2008-06-15 23:02:53

お礼

ありがとうございます。
参考になりました。

投稿日時 - 2008-06-18 18:29:46

このQ&Aは役に立ちましたか?

37人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(18)

ANo.18

アフリカと日本のケースはずいぶん違うのでして。。。
わたしたちの流儀で自己中心と言うなら、アフリカでは万事につけて自己中心で。

先進科学の知識や技術を伝えても、何かと自己流の解釈に流れ、
他者の都合を想像するということをせず、
見栄張りで、ごまかしが効くと考え、
感情的で、無駄話好き、集まり好き、プライドが高く、切れやすい。

彼らには、彼らに適した文化・生活があったのですね。
いまでもあちこちに首長領が存在し、国家の中にゆるい枠組みで集団を形成していますが、
ああした首長領のほうが、うまいぐあいに抑えつける力があって精神的にも暮らしぶりも、バランスが良いようです。

アフリカの飢餓は、巨視的な構造からくる問題ですから、
解決はなかなかアフリカの中からは見えませんし、
かといって、セックスや子だくさんというのは、古くからの彼らの生き方ですから、
その生き方を変更する理由など、やはりアフリカの中からは見えないものです。
とにかく、目の前で行われている政治、手の届く政治でなければ、アフリカの人の性格に合わないんですよ。
想像力の範囲がとにかく短期間で短距離で、どこかしら神や精霊まかせなのです。
その延長では先進国まかせということにもなります。

投稿日時 - 2008-06-18 15:58:04

お礼

ありがとうございます。
参考になりました。

投稿日時 - 2008-06-18 18:34:35

ANo.17

 ANo.14の継続。
 本当に悲惨なことと存じます。子供も親御様も。どこからどう取り組むべきか、現状に身を投げ入れて、ともに生活して、ともに悲喜試しあいなが、苦闘するより方法がないと存じます。
 外部のいい環境で、別の生活を、コンフォタブルにしながらとやかくいうことはできません。
 何か、表現が悪いのですが、環境などが良好でないと、どうしても出産率が多いというのは日本の歴史でもありました。
 多産多死という現象です。もちろん間引きも堕胎もしておりました。
 悲しいことです。悲惨です。殺人でもあります。アフリカが相しているかどうかは知りません。
 哺乳類で、弱く、小さいものは、早く成育し、生み始め、そしてたくさんの子を産みます。哺乳類以外の生物もそうです。
 自然界の原理でしょうか、育ちにくいと、やはりたくさん、早くから出産し始め、そして種の維持をさせていくのは。神も少しは考えてくれるといいのですが。(嘆きであって、神を批判することは赦されません。)

投稿日時 - 2008-06-18 11:23:20

お礼

ありがとうございます。
参考になりました。

投稿日時 - 2008-06-18 18:32:42

ANo.16

≪貧乏人の子沢山≫って言いまして 昔からそのようになっているのです。

投稿日時 - 2008-06-18 10:29:36

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-06-18 18:31:39

ANo.15

アフリカ等の国の場合は
大昔からそういった繁栄の仕方をしてきています。
子供も親も亡くなれば大きく悲しみます。
悲惨です。
食料や医療だけを支援すると中途半端に成人が増えて
余計に悲惨な事になります。
当の本人らが本当に何を望んでいるかも実は解りません。
非常に難しい問題です。

日本国内の該当の大家族の場合は
該当夫婦の思慮が大幅に欠けていて、ご指摘の通りです。
TV番組等がネタ不足で取り上げたりするのも
非常に無責任です。

投稿日時 - 2008-06-18 01:25:42

お礼

ありがとうございます。
参考になりました。

投稿日時 - 2008-06-18 18:31:19

ANo.14

 そういう場にいるから、そうし、そして産む。
 これはなぜとかの問題ではありません。
 川が川下に流れ、物が下に落ちていくのとおなじでしかないのです。
 それをどうするか、それは多面的な取り組みが必要なのです。

投稿日時 - 2008-06-17 17:54:24

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-06-18 18:30:52

ANo.13

ANo.2です。

まだ質問を続けられているようなので、

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20071124_3rd_world_farmer/

一度、このゲームをされてみてはいかがでしょうか?英語版ですが。
早ければ数分、数ターンで、相当悲惨な結末を迎えます。

たしか、貧困国の状況を理解するために、
アメリカの大学で開発されたマジメなゲームだったと思います。

このゲーム内でも、子供は労働力に直結しています。

投稿日時 - 2008-06-16 14:46:10

お礼

ありがとうございます。
参考になりました。

投稿日時 - 2008-06-18 18:30:17

ANo.11

No.7です。

そもそも何故難民が起こったのかを考えなければなりません。

「アフリカは砂漠で食料が取れないのに、子供ばかり作って」と思うのは正しくない。


http://hideyukihirakawa.com/blog/archives/200411/300034.php
アフリカの飢餓の原因のひとつが、日本を含めた先進国のせい。

それよりもっと大きなのが内戦。
http://www.google.com/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4DAJP_ja___JP204&q=%e3%82%a2%e3%83%95%e3%83%aa%e3%82%ab%e3%80%80%e5%86%85%e6%88%a6

西洋諸国のせいで内戦が起こっている場合と、人種問題で起こっている場合とがある。

内戦が勃発して、逃げるわけです。
そして逃げた先で妊娠していた人たちは子供を産む。
難民キャンプにたどり着いて子供を産めればまだいいほう。


コンゴだったか忘れましたが、内乱が勃発したとき、国連が鎮圧しないと大量の死者が出るとして、国連は軍隊をもっていませんので、アメリカ軍に鎮圧のための出動して欲しいと依頼したんですね。

ところがアメリカは、他の地域に武力を投入しており、アフリカの内戦に部隊を投入することを断った。

その結果 内乱が激しくなり、大量の難民者を出し、今もアフリカは大量の難民者であふれかえっているわけです。

その時アナン氏はアメリカの軍事力の必要性を痛感したそうです。
アメリカの軍事力に国連は頼らざるを得ないわけです。
だから国連はアメリカと仲たがいをしたくなく、イラク問題に時も、強く非難できなかった。


いろんな背景があり、アフリカ難民は生まれているわけです。
その難民の増大に関与しているのが、日本の食糧事情です。
それを知ったら、「育てることもできないのにセックスすな」とは言えないですよね。

日常生活していて、突然隣の県が責めてきて、逃げることになり、追っ手が来ない地域にたどり着いてそこで妊娠していることがわかり、通常ならこんな状況で子供は産めないと思っても、どうにもならないでしょ?

投稿日時 - 2008-06-15 17:56:55

お礼

ありがとうございます。
参考になりました。

投稿日時 - 2008-06-18 18:29:07

ANo.10

『アフリカで飢餓に苦しむ人たちはなぜ食べ物に余裕が無いのに』
正確には『食べ物に余裕が無いから』ということになるようです。
往々、人口問題を指摘されるような、いわゆる発展途上国はアフリカに限りませんが、これらの国々では日本において当たり前に用意されている各種の保障や教育が整っていないでしょう。重い病気になっても病院で治療を受けることができない、最低限の学校教育を受けることもできない、特に女性の場合「女に学問いらない」という考えが罷り通っていた時代は日本にとっても、そう遠くありません。幼い頃から厳しい家事労働を担い、まだホンの子どもというべき年齢で口減らしのため嫁に出されるか奉公に出されるか売られていくか、読み書きも覚束ないまま幼くして生家を出されるのは男子も関係のないことではありません。
避妊方法も、その必要性も、いかにして考え得るでしょうか。素朴な人生観のなかでは、否応なく縁あって結ばれた人との間に子を産み増やすことに「自己中」などと何の罪悪感があるでしょうか。セックスも出産も自然な営みに過ぎず、子どもは宝、子どもは財産。実際、綱渡りのような心細い食糧事情と社会状況のなかで年老いてゆき働くこともできなくなれば、いっさいの社会保障が用意されていない人々が真っ先に頼る対象は、育てた自分の子どもであるのは自然な成り行きでしょう。しかも、その食糧事情その他の劣悪な環境ゆえ新生児死亡率が猛烈に高いときている。多く死ぬ、多く産む。

その社会の最も高度なところから個人の性癖に至るまで、あらゆる面で原因が複合しているのでしょうし、それこそ「金の切れ目が縁の切れ目」ならば、片や「金の切れ目」もない裕福な夫婦なら、愛情は消え失せていても別れる必要もない、愛情の代替物に不自由は無い。片や、そもそもが貧乏どうしの夫婦なら今さら別れる意味もない。
ヨメが妊娠中、浮気に走る男性は多いように見受けますけど、先だつモノがなけりゃボランティアじゃあるまいし女房以外に相手してくれる女も、そうそうない、必然的に夫婦のおツトメは糟糠のかあちゃんオンリーでガンバッテいただかざるを得ない。夫婦の絆の証っても…ソレくらいしかないし。
単に赤ちゃんが好きなだけ、とか
妊婦が好きなだけ、って声もあるようですがA^^;

絶滅の危険にさらされると異常繁殖を刺激されるというような自然界の仕組みでもあるのでしょうか大地震後に樹木の花つきが例年よりも多かったなどと聞いたことがあるように記憶していますが
母体の栄養状態が悪化すると受胎率が上昇する、逆に、栄養状態を大幅に良くすると受胎率が少し低下するという話もあります。確かなことかどうか私には分からないですが。
遺伝子の存続のこともあるのじゃないでしょうか。

こういう記事もあります。
『ある程度近親の人と結婚した方が子だくさんになりやすい』
http://sasapanda.net/archives/1854
下記Urlには
http://park10.wakwak.com/~ooki/sub10.html

先進国自身、過去に急激な人口増加を引き起こし、たとえばヨーロッパは産業革命以降300年で10倍、アメリカも200年で10倍、そして日本も開国後100年で4倍もの人口を抱えるようになり、不足した資源や労働力を発展途上国に求めた歴史がある、つまり先進国による人口爆発の輸出であると同時に先進国が発展途上国に依存していることを示す
現在先進国の1人当たりエネルギー消費量は発展途上国の60倍を超え、たとえばアメリカは世界人口の5%に満たないのに、温室効果ガスの25%をも排出している。まして先進国に1人の人が誕生すれば地球の自然システムに対する要求量が確実に高まる、ともあります。

先進国は反省と共に有効な支援策を講じていく責任があると思います。同時に、いかに途上国と言えども一部特権階級に属する恵まれた人が国家を代表し、その権限を行使する立場にあるならば、先進国と癒着し或いは、その援助を個人的私利私欲追求のために利用し権力争いに夢中になって最下層の自国民を見殺しにするなどは断固慎んでいただきたいものです。


いまも現役で御活躍かどうかは知らないのですが、おとうさんがアメリカの黒人で、おかあさんが日本人という或る女子プロレスラーの話を思い出しました。容貌の明らかな違いなどからイジメも経験し、いろいろと鬱屈が昂じた或る日おかあさんに向かって、勝手に産んだ、と非難したことがあったそうです。すると、おかあさんは「ああ、勝手に産んだよ。それがどうした」と仰ったのだそうです。
ええ、人間や、その社会が勝手に決めた規範など関係なく産めるのです。また、産みたいと切望しても、産めないものは産めないのです。

「自分に親になる資格ってもんがあるのか疑ったこともないのだろうか?」
私も親に対する反発の余り、世の親族全体を敵にまわす気分で、「子を産み落とせるからには、この世を全面肯定しているという証立てをしたようなもんだワ、そんなオメデタイ連中に、なるほど、哲学などはお呼びでなかろう」と侮蔑してやまない若い頃がありました。
大きなおなかを突き出すように歩いている妊婦さんと、彼女をいたわるように寄り添う、配偶者であるらしい二人連れを見て「まあ、みっともない、いかにも、って感じよねぇ」と意地悪く言った年上の友人に呼応し「わたしがヤリました、って。ネ~」と、私。
なにしろ駅で電車待ちをしていた、産まれて間もない赤ちゃん連れの若夫婦らしき男女のスグ傍で、彼らのほうをチラッと眺めやりながら連れの友人に向かい「親になんかなりたくな~い」とか言い放ったのが小学生の時分でした。そのときの若夫婦同時に私を見つめてきた瞬間の、驚きと哀しみとバツの悪さが入り混じったような表情…。いまだに覚えています。
「私には親になる資格なんてないと思ってるので」と言ったところ
「資格って…だって…親になっていくのよ、親も育っていくのよ」そう言われたことがありました。


昔の日本の子どもたちも、貧しいながら、いまの時代の子どもたちよりイキイキしていた時代があったなど聞きます。もちろん現代では想像も難しいほどの、その時代ならではの問題もあったことでしょう。
それでも、こんにちでも、きょうだいが多く、何につけても行き渡らない貧乏な家庭で育った人が、苦労しながら育ててくれた、と兄弟姉妹仲良く両親に感謝する反面、裕福な家庭で、教育熱心な親のもと何不自由なく育てられた人が幾つ何十になっても不満と不足について親への憎悪を込めて倦むことなく語る人がいる。こうした対照的な人々の姿を垣間見ることがあります。

過去に付き合いがあった、サーフィン目的で東南アジア中心に各国を放浪していた人の話ですが、フィリピンの「スモーキーマウンテン」周辺で生きる極貧の子どもたちの無邪気さや素直さ、可愛さについて聞かされたこともありました。

買物先のスーパーなどで、通りすがりのベビーカートに乗せられた赤ちゃんが私を見つめたり笑顔を向けてくれたりするのを見ると、その澄んだ瞳に胸打たれます。ずっとずっと、その澄みきった瞳のままでいてくれたらいいのになぁと思います。私などは「汚れっちまった哀しみに」ですから(苦笑)


『アフリカの民話』
http://www.africafe.jp/aforal2.html
                   

投稿日時 - 2008-06-15 17:27:43

お礼

ありがとうございます。
参考になりました。

投稿日時 - 2008-06-18 18:27:23

アフリカの飢饉の原因の一つに安易な食糧援助があるのではないでしょうか。一時的に豊富な食料が供給されてしまうと地域の人口保持力を超えて人口は当然増加します。そのあとは援助の頭打ちが生じ持続的な飢饉が始まるのではないでしょうか。皮肉なことにこれは人道的援助と称して行われていることに共通なことのように思います。

投稿日時 - 2008-06-15 11:13:53

お礼

ありがとうございます。
参考になりました。

投稿日時 - 2008-06-15 16:00:08

ANo.8

ここ一週間くらい、同じ事を考えていました!
難民テントにいる人たちの映像を思い浮かべて。

本当に悪循環が生まれていると思います。
本当に平等の社会にしたいなら、さらに家族制度も維持したいなら
世界共通の親権試験(一人産むのにこの地域ならいくらの貯金が必要、とか世界倫理とか)をもうけるべきだと考えてた所です。

国や親が子供の教育費を出せないなら、本当に子供は産むべきではないと思います。食べれないのならなおさらです。

親権試験制度になれば強姦はとてつもなく重い刑になるはずですし。

質問者様の答えになっていませんでした。
嬉しかったので・・・ごめんなさい。

子供を産むと援助が大きくなるから。募金活動には幼児が飢えているというのは効果があるような気がします。あとは、やはり子供の将来まで気が回らない、性行為が出産と結びつかないとか?(それはないか)
とにかく不思議です!

投稿日時 - 2008-06-15 01:17:35

お礼

ありがとうございます。
親権試験、良い考えだと思います。
泣き寝入りしないといけないのはいつも
馬鹿親のもとに産まれてくる子供です。
本当にどうにかせねばいけないと思います。

投稿日時 - 2008-06-15 15:54:05

ANo.7

日本の既婚婦人の過半数以上の人(6割だったか7割だったか忘れました)の人たちは中絶経験者だそうです。

日本人でも中だしをして妊娠をしているが、医療が発達しているため、簡単に中絶ができ、多くの人たちが、妊娠を中断しているわけです。
セックスの回数は恐らく変わらないと思うのですが、その後の事後処理が簡単に受けられ社会かどうかで違ってくるわけですね。



多くのカップルが「子供が欲しい」と思ってセックスをするのでもない。
多くの人が相手を愛しているから、セックスをするわけでもない。


他の動物は発情期というものがあり、子供を育てやすい時期に出産するようにできているが、人間のおスの場合、365日が発情期。


貧困にありながら、セックスをする理由はいくつもあるでしょう。
・必ず妊娠するわけではない ということにかける。
・妊娠しても、育てるのは女だから年中発情しているオスは、気にかねない。

他にはキリスト教 特にカトリックが浸透しているところだと、避妊は罪となるので、中だししなければならないという宗教上の掟からやる。
子供が沢山いることは、神が祝福したという証として、妻が妊娠しても「チェ」とは思わないんじゃないか と。
そして、子供が死ぬのも生き延びるのも、神様の意志次第 とまるなげ信仰が浸透しているのも、1つの理由なのではないか と。

例えば、故ジョンポール2世は、レイプされた女性信者が妊娠したとき、「産みなさい」と命令したそうです。
自分を暴行した犯人の子供を大事に育てることが神に愛されることである という結論を出しました。

信仰ゆえに犯罪者のDNAを持つ子供を世の中に増やし世の中のために尽くせ 女よ! というわけですね。
犯罪者の素質を持つ人が増えて多くの人が不幸になれば、それだけバチカンに泣きつく人が増えて儲かるってわけです。

確かにカトリック教徒は子沢山だそうです。
でも365日発情しているオスですから、カトリック教徒とて例外ではないはず。
避妊は禁止ですから、当然年中無休で妻は妊娠しているはずです。
不健康の夫婦でなければ。
ところが実際は、カトリック教徒の夫婦は子供20人が当たり前とはなっていない。
ということは、信仰により性欲を制御できているってわけです。
制御できていないカトリック夫婦には、子供が沢山いるってわけです。
ですが、沢山いるってことは、それだけ神から祝福されたというわけで、あながち子沢山が罪深い夫婦というわけでもない。
かといって子供が沢山いるってことが、本当に神の祝福の結果なのか、性欲に従順だったカトリック教徒の夫婦だからなのか どっちなのかわからない。

キリスト教は初期の段階でアフリカの植民地とするために、アフリカの各地に布教したわけですから、カトリック信者はアフリカのかなり多いと思います。



あと、、、アフリカといえばFGM。
女性の割礼で、子供の頃 性器をさびたかみそりで切り取られ、癒着させられ、性交不可能な体にするんですね。

そうなると、死に易くなる。
遠くまで逃げれないばかりか、排泄も激痛を伴うし、生理の得も苦しむ。
女の子が生まれると障害者に親がするんです。

体力的にも落ちるわけで、成人する前に死ぬ確立が増す。
それでも生き残った女の子は、親が決めた相手のところに嫁がされるわけです。
新郎は、初夜にナイフで癒着した性器の部分を切り取り、セックスをします。

セックスをされるたびに悶絶するわけですが、それでも生き残って妊娠したら、今度は出産ですが、特別なことがほどこされている女性が子供をまともに産めるわけはなく、母体の母親もとても死に易い。

夫にレイプ同然にセックスをされ、激痛にうめきながら、激痛尽くしの人生を送ったあげくに、「飢餓に苦しむのにどうして子供を産むのか」 と先進国の人たちになじられる。


生まれなかったほうがよかった と思うでしょうね。


アフリカは人類の発祥の地ですが、内戦が絶えない。
どうしてかというと、人種問題らしいです。
「自分達の部族が優秀だ」と他の部族を絶滅させようとしているらしい。

オス同士の支配闘争が飢餓の原因なわけです。


ところがそこには目をつぶって、アフリカの知識人は「先進国の援助のせいで、アフリカの難民は増大した。全て先進国の親切のせいだ なんとかしろ この悪魔 日本よ!」と言う。

日本が援助したことで、アフリカに飢餓が起こったとアフリカの知識人は日本をバッシング。


金もらったあげくに、もっとなんとかしろ 馬鹿日本! というわけです。


さて、、、、どうしたものでしょうね。


日本だってそうです。
消費者天国の世の中が、世の中を悪くしている。
新聞に「消費者様であらせられるぞ なんとかしろ」を許している社会は、絶滅するしかない と言っていた人がいた。
自然の摂理でそうなる。

自己中は日本も一緒なわけです。

どっちにしても1万5千年後には、今のスピードでいけば、ホモサピエンスのオスは絶滅するそうです。

性欲はあっても、精子に勢いが無いから、セックスしても受精しなくなっている男が増えているそうです。
1時間に1ミリのスピードだとか。

というわけで、「俺は絶倫だ」と言い自分の優秀性を自負しているオスとて、自分の子孫を残せなくなるわけで。
西洋諸国はそうやってどんどんオスの精子の元気が無くなるわけで、最後まで生き残るのはアフリカとかそういった地域でしょうか。
いや 日本では許可されない農薬ばらまいているらしいので、あっちも絶滅ですね。

どちらにせよ いずれ地球が滅びるよりずっと前に、ホモサピエンスのオスは滅びる運命にあります。
あくまで今のスピードでいけば ですが。

投稿日時 - 2008-06-15 01:17:16

お礼

ありがとうございます。とても勉強になります。
とんでもない慣習があったんですね…。
宗教もアホらしい。
教育の大切さを身に沁みました。

投稿日時 - 2008-06-15 15:50:39

ANo.6

余計なお世話です。愛であろうとなかろうと。

逆に言うと彼らから子供を産む自由も権利も奪おうとい
うわけですか?貧乏なくせにヒョロヒョロ生みやがって、
この土人ども、と。

日本の夫婦についても余計なお世話です。
いいでしょ、別に。うちの区では区の税金から補助して
ますよ。子供を産んだ夫婦に。

子供は作るのも育てるのも楽しいものです。

投稿日時 - 2008-06-14 23:18:48

お礼

ありがとうございます。
奪おうというわけではありません。
子供の気持ちを考えろと教育して欲しいのです。

投稿日時 - 2008-06-15 15:29:31

ANo.5

長い間途上国に住みました。
途上国の田舎ではね、ほとんど動物と人間の中間くらいの存在の人間がいるんです。指を折って数を数えることができないんです。握ると開くしかできないんです。だから白人達は貧富の差があってもけろっとしているんです。猿かなんかと思っているんじゃないですか。日本人は周りがみんな日本人だから「人は平等である」という意識を強く強くもっていて、そこが白人と大きく違います。
日本人がもし白人の代りにアフリカに行けば学校を作り農業を教え産業を興し、産児制限を教えるでしょう。でも白人達はそうでないです。何も教えず、自己満足のために食料を援助するだけです。

投稿日時 - 2008-06-14 21:40:52

お礼

ありがとうございます。
とても勉強になりました。

投稿日時 - 2008-06-14 22:10:43

ANo.4

ケースバイケースですが、深刻な飢餓で苦しんでいる地域では、たいてい避妊の手段がない、もしくは知らないからです。特に、戦闘ゆえの飢餓の場合、敵に強姦されて妊娠してしまう場合も少なくありません。もちろん、食べるものがないくらいなので、中絶や里子に出す手段などありません。また、出産当時は食べ物があったのに、その後、状況が悪化して飢餓に苦しむことになったという例も多くあります。とくに飢餓の原因の多くが(主に温暖化による)急激な気候変動なので。

だから、食べ物さえ無尽蔵に与えればいいというものではないのです。同時に、教育やシステムの充実をはからないといけません。で、結局、アフリカの状況が悪いと、悪い状況を逃れて、移民がドッとこっちに押し寄せるので、アフリカを自己中じゃなくさせないと、こっちがヤバイのですよ。

投稿日時 - 2008-06-14 20:32:59

お礼

ありがとうございます。
なるほど。だから募金をしているのですか。

投稿日時 - 2008-06-14 21:27:11

ANo.3

鮭とか沢山子供を産むけれども、最終的に大人になって川に戻ってくるのはごくわずか。
それでもたくさん産卵するのは鮭の親のエゴですか?

生存競争が苛酷なら苛酷な環境下ほど子供を大量生産するというのは自然の理法にかなっていると思います。
環境がよくなると少子化が進むのも自然の理法でしょう。

愛とは自然の理法に逆らうものなんでしょうか。
もしそうならそのような不自然な愛など私は要りません。
私には、自然に背くことの方がよっぽど自己中に思われますけど。

投稿日時 - 2008-06-14 20:11:33

お礼

ありがとうございます。
産まれてくる子供はたまったものじゃないですね。

投稿日時 - 2008-06-14 20:27:32

ANo.2

昔の日本がそうであったように、
子供は労働力なのではないでしょうか。

労働力が多い方が収入に結びつくとすれば、
子供は多いにこしたことありませんよね。

投稿日時 - 2008-06-14 20:03:35

お礼

ありがとうございます。
参考になりました。

投稿日時 - 2008-06-14 20:09:03

ANo.1

子供が小さいうちは苦しいですが大きくなった時には
親にとってこんなにたくましく思える物はないです
それが子供なんです

さらに 1人だといつ死ぬかもわからないさらわれるかもわからない
病気になっても病院は遠いしお金もないし 行っても薬がない
こんな状況で 子供が1人では不安です

よって本能のこともあり 子供は作れるだけ 作ります

あくまでもアフリカの話でならそういうことになると思います
日本ではただ単に子供が夫婦共に好きなんです

投稿日時 - 2008-06-14 19:12:48

お礼

ありがとうございます。
結局は自己中ですよね。
いい迷惑です。
子供は人形じゃありません。

投稿日時 - 2008-06-14 19:18:34

あなたにオススメの質問