こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

オール読物推理小説新人賞の受賞者

オール読物推理小説新人賞(オール読物新人賞)の受賞者の方は、
どのような作風が多いですか?

友人から聞かれたのですが、答えられなくて少し困っています。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2008-06-08 20:25:58

QNo.4085316

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

オール読物推理小説新人賞をとった方は多いですが、それぞれに持ち味があって一口には言えません。また、大作家になって色々な作品を書いている方もいますし・・・まあ、当然というか推理小説を書いてる方が多いようですけど。

オール読物推理小説新人賞にしても、受賞した作品は多様な作風です。
江戸時代、明治時代、現代と時代設定は色々ですし、主人公も不良少年団のリーダーだったり、70代の女性の場合もありますし、はめられて狂言誘拐の片棒をかつがされた男や、殺人犯が主人公だったり、保険の調査員だったり、それこそ多様です。
共通しているのは推理小説というジャンルだけという賞でした。

投稿日時 - 2008-06-09 09:18:10

お礼

そうですか。
共通しているのは「推理」だけなんですか。
早速友達にメールしました。

投稿日時 - 2008-06-09 14:05:48

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.1

 こんにちは。気になったので少し調べてみました。
http://www.e-hon.ne.jp/bec/SC/PrizeInform?SHOUCD=012←歴代の受賞者です。
 この中で数冊ぐらいしか読んだ事がないのですが、宮部みゆきさんと赤川次郎さんは、石田衣良さんは、推理小説といってもエンターテイメント性も十分あって本格推理という感じではないような感じでした。一方朱川湊人さんの「フクロウ男」は推理小説というよりホラー小説に近くてゾッとするような感じが全面に出た短編小説でした。
http://www.cam.hi-ho.ne.jp/kohei_i/writing/shokaisetsu.html
http://media.excite.co.jp/daily/thursday/030612/p10.html
 ↑に少し特徴が出ていますが、エンターテイメント性の高い新人賞といった感じでしょうか。「文学賞メッタ斬り!」という本が出ていますが、それに割と賞の特徴なんかが書かれています。それもすごい毒舌で作家さんの悪口とか、選考委員の悪口なんかも沢山盛り込まれています(○辺○○とか特に(^_^;))。
http://books.yahoo.co.jp/search?p=%CA%B8%B3%D8%BE%DE%A5%E1%A5%C3%A5%BF

 あまり参考になりませんでしたがm(__)m。

投稿日時 - 2008-06-09 09:08:52

お礼

いやー
結構参考になりましたよ。

投稿日時 - 2008-06-09 14:06:17

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-