こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

妊娠・出産のリスク

カテゴリを変えて再度質問させていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。



結婚を考えている彼がいます。
私は28、彼は35歳です。
彼との何気ない会話で、彼は

・健康な子どもが生まれてくるのはあたりまえ
・健康な子どもが生まれないのは母親の体質、病歴などのせい
・健康な奥さんがほしい

そんなふうに考えているようです。
私は、好きな人の子どもであれば、仮に障害児であれ、健康でない子どもであっても
自分のできる最大限のことはしたいと思いますし、
愛情をかけて育てていきたいと思っています。

私は10代の頃病気で入退院を繰り返していました。
そのことを彼に話すと、病院にいって検査してきてほしい、
今健康であることをはっきりさせたい、というようなことを言われました。
もし、私になにか病気があった場合、彼はそれを受け止める勇気がないといっていました。
また、彼のご両親はとても心配性らしく、病気をもった人との結婚は賛成してもらえないと。


私としましては、今健康であっても、いつ病気になるか
事故で障害を背負ってしまうかわからないと思っています。
その可能性は私にも、彼にもあると思っています。
そのことを彼にわかってもらうのに、どう説明したらいいか悩んでいます。


出産に関しても、なんの問題もなく生まれてくることは誰もが望んでいますが
実際そうではない可能性もあるわけで、それは誰にでもありうることだと思っています。
私は彼にそのことを理解してもらいたいと思っているのですが。
そこで、

妊娠、出産に関するするリスクについて、
障害児が生まれる確立や可能性、などについて分かりやすく書かれたサイトなどを教えていただきたいと思っています。
できれば、統計などがあるとありがたいです。
(誰にでもありえることである、とかそういったこと。)
自分でも検索したのですが高齢出産に関するリスクについてかかれたものしか見つかりませんでした。
流産や死産に関する確立や可能性なども書かれたものもあわせてお願いします。

ちなみに、ブライダルチェックに行く時は彼も一緒に検査を受けたいとのこと。

このまま結婚してしまうと、万一私が病気になってしまったり、
不妊症だったり、出産できても生まれてきた子どもが健康でなかった場合
婚姻関係を継続させていくことができないのではないかと不安になっています。
私は彼がどんな姿になっても、彼を支えて生きたいとおもっているんですが。
価値観の違いなのでしょうか。。。

投稿日時 - 2008-06-06 23:22:02

QNo.4080887

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(14)

ANo.14

ANo.7です。
皆様へのお返事を拝見した所、彼がチラチラっとみえてきました。
貴女がわずらった病気を調べる→これは関心があり心配しているのだということもありますが、
「読めば読むほど怖くなった」
これは、彼が「一番最悪な事を避けたい、知っておきたい」
心理から調べていて、その病気の知識がわかったところで
貴女に何かいたわりの言葉やなんかがあったでしょうか?
「治すの大変だったろう」とか、「治ってよかったな」とか。
「読めば読むほど怖くなった」→これは今現在治られてますが、彼の不安要素から出た言葉だと思います。
つまり治っているから良いものの、治っていないならば彼の不安で居た堪れない所だと思えますね。

もうひとつ。
障害者に関わる仕事で「かわいそう」
彼は貴女の思うような意図でこれを言ったのではありません。
むしろ、貴女の思うような意図ならば、「かわいそう」とは言いません。
「障害者だっておなじ人間なんだ」となにひとつ嫌悪感がないとすれば、
「かわいそう」と言う言葉は出てはこない物です。
(*障害者の方、お気を悪くされたらすみません。
私だって目に見えない、人には解かってもらえ難い障害者だと
自分では思ってますから)
この「かわいそう」=自分が健康に関して神経質な事から、このような障害を持った子の父親になるのだけは回避したいとか
そういう思いから出て居る言葉かもしれません。
同じ目線なのでなく、遠目から出た言葉です。

それから、何事も両親にいちいち報告。
ちょっとファミコン(ゲームじゃなくて)マザコンとか、そのような気配もありますね。
実際居ますね、このような男性。
家族に相談したり言って良い事と悪い事があると思います。
心が自立している人は子の判別がなんとなくついてますが、
いちいちなんでも報告する人は、総て両親の考えや思いに基づき
それを信用している節があります。
このような夫を持てば大変ですよ^^;。
夫婦になれば、ましてや二人の事で二人が乗り越える事ならば、
いちいち両親に報告したりしない。
二人で考え二人で支えあい、答えを出してゆく。これが貴女がないがしろにされて、親へ相談し答えを求める結果となりますね。
ちょっと考えものです。
なにかコミニュケーションの取り方が妙な・・順序が違う彼のような感じです。

ってゆうか?幼稚性を感じます。
なんでも親に言えて親に相談するのが良いとされた10代前半から心の成長が止まっているのではないですか?
それからは、高校生、大学生となるに連れて、これはいちいち親には言わなくて自分で解決しようとか
またコミュニケーションの枠や考えが増えていくものです。
その仮定を彼はちょっと知る、学ぶがなかった感じもします。
だから貴女が風邪を引いても知らん顔なのですよ。

すみません、彼の悪口ばかりで・・。

お礼拝見から、貴女はもう覚悟が付かれた様なので、どうか勇気を持って、お話されたら良いと思います。
事実、彼みたいな考えなら結婚そのものに向かない人だし、
誰と結婚してもうまく行かないと思います。
人生の伴侶じゃなく、自分の母親を探してるかのような気配もありますし、それに彼自身は気付いてなさそうだし。
教えてあげてください。
結婚とはそう言うものじゃないよって。

長々と失礼、お詫びいたします。

投稿日時 - 2008-06-09 11:36:12

補足

昨日、彼と会って話をしてきました。
結局話が長くなってしまい、終電の時間になってしまったので中途半端な状態で帰ってきました。
今週末、また彼と会って話そうと思っています。
もう、どうでもいいかなと思う反面、一度は愛した人なので中途半端で終わってしまうのは心残りになりそうで。

昨日話たことは、
・5年後10年後健康でいられる保証はない。それは私じゃなくても誰にでもありえること。
・弱っているとき、困っているときに支えあうのが夫婦だし家族だと思う。


というような話です。
そして私が彼にした質問ですが
・もし私と結婚したとして、私が10年後病気になったら離婚するの?
(彼:「子どももいるだろうし、そういうわけにはいかない」)

・もし私と結婚したとして、あなたが10年後病気になったら私にどうして欲しい?
(彼:しばらく考えて「そんなこと想像できない」)

・もし私と結婚したとして、生まれてきた子が健康じゃなかったら?障害をもっていたら?どう思う?
(彼:「育てて行く自信がない」)


昨日は、主に夫婦のありかたというか、私が考える夫婦像について話をしたのですが
彼はだまってうなずいて聞いていました。
そして最後にボソッと
「そうだね、病気になる可能性はボクにもあるし、奥さんがキミじゃなくてもありえることなんだよね」
だって。。。

今週末は生まれてくる子どものことについて話そうと思います。
・生まれてくる子どもが健康じゃなかったり、障害をもっている子どもたったりする可能性は誰にでもあるということ
・不妊の原因は女だけじゃなくて、あなたにも問題があるかもしれないということ。
また問題がなくても不妊で悩んでいる人がいるということ
・出産は女にとって命がけだということ。亡くなってしまう人もいるということ。

を伝えてこようと思います。



>つまり治っているから良いものの、治っていないならば彼の不安で居た堪れない所だと思えますね。

そうですね。
まったくその通りだと思います。


>「障害を持った子の父親になるのだけは回避したいとか
そういう思いから出て居る言葉かもしれません。

彼のお友達で、お子さんが障害をもって生まれたという人がいます。
大変そうだ、と言っていました。
他人事だと思っていると思います。


>二人で考え二人で支えあい、答えを出してゆく。これが貴女がないがしろにされて、親へ相談し答えを求める結果となりますね。


そうですよね。
私の両親がそんな感じなので(余計なことは言わない)そういうものだと私は認識していたのですが、
うちが特殊なのかな、とも思ってみたりして。


>幼稚性を感じます。

要所要所で私も感じます。
甘えたがりで寂しがりやだと彼は言っていましたが。。。


彼が、女性を見る目が変わってくれるといいなと思っています。

投稿日時 - 2008-06-11 00:19:43

お礼

申し訳ありませんがこちらでまとめてお礼させていただきます。
あれから彼と何度か話し合いを重ねました。
彼のこと、まだどこかで好きな気持ちがあります。
でも、きっと彼と一緒にいても私も彼も幸せになれないと思うので、
彼のことは忘れようと思います。
彼のことを嫌いにはなれそうもありません。
「合わなかったんだ」と言い聞かせています。
彼に感謝している部分もあります。
いつか、彼に私の気持ちや考えが伝わってほしいな(ちょっと現実的ではありませんが)と思っています。

投稿日時 - 2008-06-19 23:48:18

ANo.13

結婚前からこのような価値観の違いがあると、うまくいかないかも。
友達が出産中、病院の手違いで赤ちゃんが酸欠状態になり、脳障害をもってしまいました。
パパさんは、悲しみにくれている友達を励まし、今も可愛がって育てています。
子供もそれが分かるみたいで、いつもいすの上で笑っています。
私も子供が3人いますが、その間には一度流産もしています。
上で忙しく、気遣ってあげられなかったとショックでしたが、主人が支えてくれたので、次の3人目まで出産できたと思います。
支えあっていける方との出会いがまだまだあると思います。
結婚前の時点で、もう不安に感じていらっしゃるので、あなたが苦労をしそうで心配です。

投稿日時 - 2008-06-08 09:32:38

ANo.12

私は主婦ですが、結婚して一番良かったことは
「一生何があっても私の味方でいてくれる人がいる」と言う安心感です。
私は現在第2子を妊娠中です。
病院では順調に育っていると言われていますが、高齢なのでやはり生まれてくるまでは色んな不安が頭をよぎります。
(でも若い頃に生んだ第1子のときも不安になりましたが・・・)
ホルモンバランスも崩れるので精神的に不安定になったり涙もろくなったりすることもあります。
あなたの彼はその時あなたを支えてくれると思いますか?
「大丈夫、その時はその時。障害があっても僕たち二人の子供だよ。」と言ってくれると思いますか?
今の彼の様子だと、あなたはきっと不安になってもその気持ちを彼にぶつけることは出来ないのではないでしょうか。

障害児が生まれてくる確率や可能性について書かれたサイトを知りたいとのことですが、確率・可能性を知っても無駄な気がします。
確率も可能性も0%ではないからです。

私の周りには障害児のママもいますし、早産、流産を経験した人にいたっては数え切れないほどたくさんいます。
子供に何かあったとき、女性はどうしても自分自身を責めてしまいます。
女性のご両親も胸を痛めます。
その時ご主人とご主人のご両親が労わってくれなかったら、、、
お嫁さんを責める発言を少しでもしたら、、、、
それから先の結婚生活は継続できないんじゃないかな・・・・と思います。

健康な奥さんがほしいと言う彼の気持ちはよくわかります。
(他の2点については全く納得できませんが)。
質問者様が心配されているように、結婚後にもしご質問者様が病気になったり、事故で障害を負ったりしたら彼はどうするつもりなのでしょうか?(離婚??)
それとも彼はあなたが10代に入退院を繰り返したことだけが引っかかっているのでしょうか??(そのせいで不妊になったり障害児が生まれるのではないかと心配しているのでしょうか?)
聞いてみたらいかがでしょう。

そしてもしブライダルチェックをしてあなたに問題がなかったら、結婚後に不妊・障害児・早産・流産などがあったとしても受け入れて二人でがんばっていく気持ちがあるのかも聞いたほうがいいと思います。

質問者様が最後に書かれたようにお二人の価値観は違うと思います。
誰でも健康な人と結婚したいとは思うと思いますが、それは相手がまだいない場合。
結婚を決めた相手なら、全てを受け入れて一緒に生きていく覚悟・・・というか喜びでいっぱいだと思うのですが、、、。
結婚も含め、もう一度良く考えたほうがいいと思います。
病気のことでは10代の頃に辛い思いも経験したんですもの。
どうぞ幸せになれる、その努力が一緒に出来るお相手と結婚してくださいね。

投稿日時 - 2008-06-08 02:58:55

ANo.11

結婚、妊娠、出産・・・というものに関しては、男性、女性という性別の違いゆえに、理解し合えない、相容れない価値観というものがあるものです。

ただ、彼の言い分は、男女の違いではなく、完全なあなたとの価値観の違いであり、彼の結婚への覚悟がない証拠だと感じます。

結婚も出産も、一分先は何があるか分からないものです。
どんなすばらしいことがあるかも、どんな苦しいことがあるかも分からないのです。
それを、共に一緒に生きていこうというのが、結婚です。
そんな厳しい生活の中で、愛する人の子供を全力で愛し、全力で守り抜いてくのが子育てです。
つまり、それだけの覚悟や愛情がないと、結婚も妊娠もすべきではないのです。

結婚に関して、相手の健康というのは確かに気になります。
無視は出来ません。
でも、それと子どもが健康に生まれてくる・・・というのは、次元が違います。

健康な男女の間に授かった赤ちゃんでも、受精した際の男性の精子そのものの質が悪かったり、あるいは卵子の状態がよくなかったりすれば、流産や死産・・・あるいは、障害を持ってしまうこともあります。

命を授かる・・・という行為は、男女二人の責任と愛情において行われることであり、女性だけの責任ではありません。
女性が、タバコを吸っていたり、妊娠中に無神経に飲酒したり、服薬したりしていたら、女性の責任かもしれませんが、気をつけて普通の生活をしていても、障害を持って生まれてしまうこともあるのです。
生まれてくる命に責任をもてないような男が、子供を作ろうとするのは、最低です。

それに、子供は授かりものです。
健康な者同士でも、子供ができない場合だってあるのです。
そんなとき、彼はどうするつもりでしょうか?

そもそも、結婚、家庭というのは、夫婦が基本です。
夫婦が互いにしっかりとした愛情と絆を持たないと、子供を作るなんていう責任の重いことはできません。

まずは、子供以前に、彼にあなたの人生と生命を背負う覚悟があるのかどうかです。
それがないような男では、誰と結婚しても、人を不幸にするだけで、家庭を守りぬくことは出来ません。

おそらく、いろんなサイトや資料を彼に見せたところで、彼を心の底から納得させることは不可能だと思います。
それくらいで納得するくらいなら、あなたの話にもっと耳を傾けているはずです。

「私になにか病気があった場合、彼はそれを受け止める勇気がない」・・こんな器の小さい、世間の狭い、大切なものを守る能力のない状態では、彼はまだ結婚できるような人間ではありません。

もっと、納得がいくまでお二人で話をし、無条件に妻になるあなたの話しに謙虚に耳を傾けられないようであれば、結婚は無理だと思います。
結婚生活で揉めるたびに、資料を出し、いろんな文献を読ませ、相手を説得するつもりですか?
結婚生活では、そんなことできないのですからね。

投稿日時 - 2008-06-07 15:38:49

補足

明日彼と会う予定です。
本当は今日から会う予定でしたが、私の話を聞いてからまったく眠れず、食事もとれず、体調が悪いから日曜にしてくれ、と。

このまま会わずに別れてしまうことも考えたのですが、
彼がどう思っているかもう一度確認したいと思い、会って話をしたいと思っています。

彼が、どうしたいか、私にどうしてほしいか聞いてこようと思います。
もし彼が病気になったとき、私が病気になったとき。
今健康であっても明日どうなるか分からないよね、そのときどうしようかっていう話。

私は、以前障害児とかかわる仕事をしていたこともあり、
その話をしたとき、彼はとてもつらそうな、かわいそうだな、というような顔をして聞いてくれていました。
そういうことに理解がある人だと思っていたのですが、違っていたのかもしれません。

明日の会う予定もドタキャンされるかもしれません。
でも、明日すべてがはっきりできるのかと思うと早く明日がきてほしいような。
今は身の置き所のない気持ちでいっぱいです。

投稿日時 - 2008-06-07 20:30:31

ANo.10

こんにちは
私もみなさんと同じで、結婚をするのは辞めたほうがいいと思います。
結婚したら子供が出来るとも限りませんし
健康であっても何が起こるかわからないのが妊娠です。

健康であっても、切迫流早産や流早産する人もいます。
初期の流産は受精卵に問題があるといっても、彼氏には伝わらないような気もしますし、何よりもすべて質問者様のせいときめつけるような方みたいなので、精神的に参りそうですよね。

こんな不安な思いをお持ちのまま結婚しても辛いばかりですよ
妊娠したら誰しもが、健康であってほしいと思うのは当たり前のことですが、その前に夫婦とは何かを考えられたほうが良いかと思います。
価値観とかそういう以前の問題ですね。

投稿日時 - 2008-06-07 14:36:58

ANo.9

このあと更にsora9878さんが説明などを試みてそれでも同じ事を言ってるのであればハッキリ言って結婚しない方が良いと思います。

私にも最近子供が産まれましてその際にはやはり健康な子供であってほしい、障害児は嫌だの思いがありましたが
それなりに勉強もしましたので健康で当たり前とか母親のせいとかバカみたいな考えはありませんでした。

ちょっと彼に聞いてみて欲しいんですが
ダウン症の子というのは約1000人に1人の割合で産まれると言います。
これは健康であれ酒煙草を止めてた人であれ誰にでも起こりえる事です。
何に気を使ってダウン症にならないようにとかが出来ません。
だから彼の望むどおりの健康な女性と結婚出産となったとしても普通にありえることです。
もしそうなったらどうする?と彼に聞いたら彼は何と答えるのでしょうか。
そぉゆう場合はしょうがないよ。頑張って育てよう。という前向きな答えが返ってくればこの先他の話でも期待が持てますが
ダウン症の子が産まれたら赤ちゃんポストに入れようとか言ってる人であれば結婚しないで決まり!じゃないですか?

他にもへその緒が首に何重にも絡まって死産になったとかは健康な女性だろうがなんだろうが全然ありえる事です。
(技術が発達してきたので以前に比べその心配は減りましたが)

だからまずは健康な女性でそれでも障害児などが産まれた場合にどうしたいのか聞いてそれから考えてみてはどうでしょうか。

投稿日時 - 2008-06-07 14:01:44

補足

ありがとうございます。
彼にも色々質問したいと思います。
今は無理に彼との付き合いを続けていこうとは考えていませんが
もし、少しでも彼が理解してくれようと努力してくれるのなら
がんばってみようかな、とも思っています。

どちらにしろ、一度話してみます。

投稿日時 - 2008-06-08 00:53:43

こんにちは。

>もし、私になにか病気があった場合、彼はそれを受け止める勇気がないといっていました。

彼とは結婚するべきではないですね。このような方の思想を改めさせる、おそらくは親からの影響が大でしょうから、まず不可能でしょう。弱者に対して非常に薄情な人種です。
こういう人種を啓蒙するより、別な男性を探す方がはるかに簡単だと思います。

投稿日時 - 2008-06-07 12:19:02

ANo.7

こんにちは。
大体皆様と同じ思いですがお邪魔いたします。
ご質問のサイト紹介はいたしません。
多分それを見られても、意味が無いと思いますから。
貴女に当てはまるとは限らないからです。

結婚するに当たって心身共に健康な人を望むのは当たり前ですが、

・健康な子どもが生まれてくるのはあたりまえ
・健康な子どもが生まれないのは母親の体質、病歴などのせい
・健康な奥さんがほしい

自己中・・・。自分は一切悪くないと思ってるのですね。
男性にもありますよ、不妊。精子の数が少ない、運動率が悪い。これらの事が例え無精子でないとしても
受精に至るまでには難関が多いのです。
彼氏がこれに当てはまらないとも限らない内から、貴女にばかり不安を押し付けてますね。
それとも彼はこの点を既に検査済みで問題なしと立証済みでしょうか?

健康な子が生まれない、妊娠できないとしたら、夫婦の染色体異常というところで、これも検査すれば判りますが。

高齢出産になるとダウン症などの生まれる確立も増えることにはなりますが、貴女がそうだとは限らない。

仰るとおり、そういってる彼が明日事故に遭って・・・とか、そう言う彼が大病を・・とか、
いろんな事が起こってもおかしくはないですよね。

健康の意味が狭すぎます。
健康な子供が生まれてくる結婚生活だけに陰湿に神経質になられてる、
しかもそれを今の時点でほとんどは貴女のせいと思いこんでる節もある。
価値観の違いと言えばそれまでですが、
例えば、誰もが良く引く風邪などでダウンした時に彼はどうしてくれるのでしょうか?
それさえ、健康の内にもいたわってあげれる気持にもならないのでしょうか?

彼は彼みたいなことを言って居ると、おそらく誰とも結婚はできないと思いますね・・・。
健康な子供を望むだけの結婚なら、結婚前から子作りしてできたら結婚すれば?って話になります。
しかも万が一健康な子供でないとしたら彼は「俺の子供じゃない」とでも言うような勢いでしょうね?

彼に貴女はどう大切にされていますか?
あなた自身をどう大切に想ってもらえてますか?
それを普段感じることがございますか?

貴女は彼の子孫繁栄の道具ではありません。
あなた自身を愛してくれる人、探せたら良いのになぁ・・と思います。

もったいない・・。実にもったいない・・。
彼に貴女がもったいない・・・。

投稿日時 - 2008-06-07 09:58:37

ANo.6

男性には少なからずいるタイプですよね。
特に、お母さんが健康で元気なタイプを持っている男性にね。
奥さんには、お母さんのように、いつも元気で健康でいてほしい、そういうもんだと思っているみたいで、風邪で寝込んだぐらいでも迷惑そうにする人って、知り合いにもいます。
気が利かなくて、寝込んでいる人に、ご飯はどうするの?なんてことを聞く男もいますけど、気が利かなくてって程度で悪気がないならまだいいんですけどね。
質問者さんの彼のように、はばからず公言してしまうっていうのは、手ごわいような気がします。

説得するよりも、こういう場合あなたはどうするの?といろいろ質問してみては?

・私が今、健康でも、いつ何があるかわからない、もし何かあったとき、あなたはどうする?私はあなたに何かあったら、支えるつもりでいるけど。
・子どもはどんな健康な人が出産しても、一定の確率で障害などが出るという現実があるのだけれど、そのときあなたはどうする?私は、親になると決めた以上、受け止めるつもりだけど。

などなど。
で、答えが支えるつもりが無い、受け止めるつもりが無いという答えだったら、じゃあ、私も今のあなたのその考え方を受け止めるつもりはない、現実が受け止められない人とは、長い人生一緒にやっていく自信が無い、だって絶対ずっと健康で絶対健康に子どもを産むなんて今の時点で約束なんて神様でもなければわからないことだから、と別れを切り出したほうがいいと思います。
本気で別れを切り出しても、現実を受け止めないのなら、それだけの縁だったと思った方がいいと思います。

統計的な話をすると、
現在、10組に1組は不妊で悩んでいて、原因不明の不妊も1割以上いると言われています。
そもそも、人間はそんなに生殖能力が高くありませんので、どんなに健康な男女がタイミングよく子作りしたとしても、その月に妊娠するのは2、3割程度と言われています。

障害については、ダウン症だけを考えても、20代で1000人に1人、35歳以上で300人に1人の割合で生まれるとも言われています。

こんな統計は、ちょっとネットで検索すれば、ゴロゴロ出てくるような、常識的なものです。
彼は、そんなことすら知らないんですかね。
失礼ですが、かなり子どもですよね?
現実の世界はどんなものか、あなたもっと知った方がいいんじゃない??あなたの言っていることは、夢の世界だよ??と突き放すことも必要では??
友達に相談して、一緒に飲んでいるときに、健康が絶対みたいな話になるように持っていって、友達に笑い飛ばしてもらうっていうのもいいかもしれませんね。お前、何、馬鹿な事言ってるの??子どもじゃないんだから(笑)ってね。

投稿日時 - 2008-06-07 09:43:57

締め切りしたほうも見ておりました。
質問者様は彼にはもったいないですね。
もっとつりあう方と一緒になられたほうがいいと思います。

彼は35歳ということですが、女性の28歳よりこれからは男性の35歳のほうがあぶないかもしれませんよ。
男性も精子が劣化していくそうですから。

2chで探してください。
「高齢の父親から生まれた子供は早死率が倍増」…“精子が劣化”→子供に先天的障害のリスク↑/英科学者

調査は45歳以上の父親なんですが、子供を二人、三人と考えるなら、彼も人事じゃないのでは??

ご質問の件ですけど、流産は全体の15%ほど、ただし受精卵が着床しなかったケースを含めれば50%ほどになります。
死産は原因が様々ですし(医療側原因もあり)統計をみたところで今回の質問には意味がないと思います。

また不妊には健康な男女であっても、いわゆる相性が悪いという問題もあります。
http://www.ivf.co.jp/cause.html

彼は健康であることのありがたさを考えたことがないのでしょう。
大きな病気ひとつしたことがないある意味ラッキーな人なんですよね。
やはり自分か自分の親兄弟が大きな病気や怪我をしてみないとわからないのではないでしょうか。
説明したところで、「それは一般的にはわかるけど、自分の問題じゃない(自分にはおこるはずがないだろう)」と受け止めそう。
説明でわかるタイプではないと思います。

もう一度いいますが質問者様にふさわしい方とはおもえません。
この先もしも結婚して健康なお子さんが生まれても「完璧な育児」を求められるのではないでしょうか。
風邪をひかせたといってはお前の責任だといわれ、言葉が遅いといってはお前の教育が悪いといわれ・・・。
その時、質問者様のようにまじめな方はメンタル系の病気になるのではないかと私は思いますよ。

35歳までこのように育てられ、そう簡単にはかわらないでしょう。
価値観の違い(性格の不一致)は離婚原因のトップですし、親族との不和も10位内に入る問題ですよ。
むしろ結婚の話が本格化する前にわかってよかったと思ってはいかがでしょうか。

投稿日時 - 2008-06-07 08:08:57

補足

そうですね。結婚の話はお互いの両親にもまだ話をしていない段階ですので、
今の時期に彼の今まで見えてこなかった面がみれてよかったと思っています。

私も彼も結婚にあせっていました。
もう、ラストチャンスだね、なんて。

もしかしたら、彼は理解してくれるかもしれませんが、
彼のご両親は理解してもらえないと思います。
何かあるとすべてをご両親に報告し、それが悪いこととは思いませんが、
ご両親とうまくやっていく自信もありません。

最後にもう一度だけ彼と話をしてこようと思います。

投稿日時 - 2008-06-07 20:25:48

ANo.4

こんばんは。
・健康な子どもが生まれてくるのはあたりまえ
・健康な子どもが生まれないのは母親の体質、病歴などのせい
・健康な奥さんがほしい

うーん。
価値観の違い。
これは人をどう見るかの根本的なところの考えが違うのでとっても大変だと思います。
なんというのか、彼は結婚する相手を人として受け入れるというより健康で子供を生む物として受け入れるという印象を受けました。
実際あなたになにか病気があったら受け入れられないとおっしゃているように・・・。

説得するのは難しいと思います。
余計なお世話ですが、あなたが思っているほど彼はあなた自身を思ってくれていないと思います。

どんな状態であれ受け入れる。
お互いあなたのような思いがあってこそ結婚生活が楽しめるのではないのかなと思います。

投稿日時 - 2008-06-07 01:29:05

補足

彼はとても紳士的で、私のことを大事にしてくれている、と感じていましたが、
もしかしたらそうではなかったのかもしれません。

彼のご両親がもう高齢で、早く孫の顔を見せたいと焦っているようです。
彼にとって、私じゃなくてもいいのかもしれませんね。

投稿日時 - 2008-06-07 19:45:37

ANo.3

こんばんは。
説得ですか・・・。
私もNO.1さんと同意見ですね。
人間誰しも価値観が違うもので、譲り合ったりぶつかったりしながら乗り越えていくんだろうと思いますが
この価値観の差は厳しいですよね。
ブライダルチェックでどちらも異常なし、質問者さんの過去の病気も問題なしだったとしても、妊娠できるかといえばわかりませんよ。
専門的な検査をしても異常なしで、不妊原因が判明しなくて苦しんでいる方も多くおられます。
そうなった時、責められるのは質問者さんになってしまいませんか?
また、無事に妊娠して赤ちゃんに何の異常がなくても成長してから病気になった時も質問者さんが責められませんか?
私は、過去に難病と言われる病気で入退院を繰り返し
副腎皮質ホルモン剤などキツイ薬も沢山飲みました。
現在はほぼ完治し、結婚し子供も授かる事ができました。
娘はとても元気です。
彼氏さんとそのご両親のお考えを読み、とても悲しくなりました。
どうか結婚を急がず、質問者さんのご家族のも相談してよくよく考えて下さいね。
質問者さんが彼氏さんの事をとても想っているのが伝わってくるだけによけい悲しいです。

投稿日時 - 2008-06-07 00:45:16

補足

私も副腎皮質ホルモン剤を飲んでいました。
量も少ないとはいえない量でしたが次第に減らし
今では飲まずに生活できています。同じ病気かしら、と思って読ませていただきました。

譲り合ったりぶつかったり。。そうですよね。
もう一度彼と話をしてみようと思います。

投稿日時 - 2008-06-07 19:49:00

ANo.2

調べた事はありませんが、障害児が生まれる確立や可能性について書かれたサイトなど無いと思います。単に健康と病気と漠然としずぎていて、そんな統計とりようもないと思いますよ。
貴女の現在の体と妊娠について調べる必要があるなら、もっと具体的に貴女が十代の頃に患った病気(病名)と妊娠についての因果関係があるかどうかを調べてみてはどうでしょう。
ちなみに、私は今まで一度も入院した事のない健康体で、健康診断でも全く問題なく、献血もバンバンしてますが、先日、おなかの中の子供に異常があり、死産しました。
価値観の違いなのでしょうか…私も#1さんと同じ意見です。子供の事を話す以前の問題だと思いますよ。結婚する前にブライダルチェックする。これだけなら、そういう人もいるんだなぁと思いますが、何の為のチェック??私の受けた印象は、機械の検品です。どんなに、現在の健康体を証明しても、彼や彼のご両親がそのような価値観である限り(この価値観は変わらないと思います)、貴女の心配する、万が一私が病気になったり→婚姻関係を継続させていくことができない。この心配はし続けなければならないと思います。
そんなふうに考えている男性と結婚を考える人がいるんだなぁと思いました。
結婚って何?夫婦って何?

投稿日時 - 2008-06-07 00:37:35

補足

彼は、私が以前患っていた病気について、ネットで色々調べたそうです。
見れば見るほど怖くなった。と言っていました。

もし、私が色々話をして、彼が理解をしてくれそうであればこのままの関係を続けてもいいかな、と思っていましたが、
そういうことでもなさそうです。

今は彼に対して愛情は感じていません。

投稿日時 - 2008-06-07 19:40:56

ANo.1

  こんばんわ

 彼との結婚は難しいか、結婚しても続かないかもしれません。

 誰しも、五体満足な子供が産まれるのを望んでいます。母親なら特にそうです。大体は親は子供より先に死にます。自分が死んでから子供は生活できるだろうかと心配しますよね。

 でも、彼や彼の親が心配しているのは、子供の成長ではなく、世間体です。自分の子供が孫が障害児であった時、自分は近所や親戚からどうゆう目で見られるかだけ気にしているようにしか私はとれません。

 病弱な人でも健康な子が産まれますし、凄く健康で病気した事ないって人が障害児を授かる事だってあります。

 姪が軽度の自閉症ですが、見た目全く他の子供と変わりありません。姉は持病で喘息をもっていますが、20歳超えてからは吸入も全くしていませんでした。自閉症は持病など全く関係ありません。

 上の姉には5人子供がいます。末っ子が仮死状態で出てきた為、小学校に上がる前に脳の検査を受けなければいけません。仮死状態で出産になってしまったのは、医師のせいです。担当医が未熟だった為に起こってしまいました。陣痛がまる1日経ってから、赤ちゃんの胎動が止まった為帝王切開にしようと言ってきたのです。その時医師は「赤ちゃんはあきらめて下さい」と言ってきました。看護婦さんが直ぐに他の先生を呼んでくれて、来てくれた先生が赤ちゃんを取り上げてくれました。あのまま帝王切開していれば、姉も赤ちゃんも死んでいました。

 健康な人・子供を何人も出産していても、命を産むのに絶対にリスクはあります。
 知り合いでも出産トラブルにあい、十度の障害児で産まれてしまい亡くなるまでずっと入院していたお子さんもいます。

 これを彼や、彼のご両親に理解してもらうのは無理だと思います。私は今2人目を妊娠していて来週臨月に入ります。今の所赤ちゃんには何も問題はありませんが、お産が長引けば長引くほど、母体や赤ちゃんに負担がかかりますが、かといって安産過ぎても負担がかかります。
 長男を出産した時は超安産でしたが、横断が出てしまい、退院後再度入院になりました。

 価値観の違いはうめる事ができないと思います。

投稿日時 - 2008-06-06 23:54:52

補足

ありがとうございます。
話をして分かり合えることとそうでないことがありますよね。
私は出産のリスクについて分かっているつもりですが、それを彼にうまく伝えることができそうもなかったので
なにか資料があれば。。。と思っていました。
彼にはお姉さんがいて、甥っ子さん姪っ子さんもいるので、そのあたりのことは理解してくれていると勝手に思い込んでいました。

彼とはもう一度話をしてみようと思います。
彼の結婚相手は私ではないかもしれませんが、
彼の未来の奥さんのために、彼には色々知っておいてもらいたいなとおもいます。

どうぞお体を大事になさってください。

投稿日時 - 2008-06-07 19:22:44

あなたにオススメの質問