こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

クレジットカードのキャッシング枠の増額のことで。

本日、クレジットカードのキャッシング分の増額を申し出たところ、申し込み手続きが必要で、申し込み用紙を送付するので、源泉徴収表のコピーをつけて出すように言われました。
利用目的は、留学中の海外の家族への送金用でした。
相手には、海外でのキャッシュサービス利用が目的です。とだけ告げました。
いつもは、電話で事情を話せば増額してもらえるのに、今回はダメでした。

与信担当に睨まれる理由は分かっているのです。
ポイント目的でのカードの入退会の繰り返しと、カード保有枚数が多すぎ。また、与信管理目的で、使わないカードの利用額を10万円にしてあること。断られたことはありませんが、最近は最初から利用額を10万円しかつけてくれなくなりました。
どうも、VISA系がダメなようです。JCBはOKです。

そこまで面倒な申請をしなくても、他にカードがありますから。と断ったのですが、正直、キャッシングできるカードが少なく困っています。
以前与信管理で、すべて自分で使えなくしてしまったのです。
だからと、今からJCBを申し込むのも嫌だし。またカードが増える。

また、今後作るものとしてmasterカードの担当はどうなのでしょうか?VISAと同じとか?

一応、CCBで年に一回カード状況の確認はしています。
申し込み履歴や、与信管理も今ではすごい量です。
一度、入会すると消えないのですよね。
多分、最悪のカード利用者なんでしょう。
ずっと、このような履歴が残ると、ずっとこのままカード会社から睨まれたままなのでしょうか?
私自身、借金などありませんし、職業も上場企業勤務でそれなりの年収もあります。

投稿日時 - 2008-05-17 11:27:50

QNo.4028621

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

>このような履歴が残ると、ずっとこのままカード会社から睨まれたままなのでしょうか?

カードの申込・解約回数が多いと「何らかの悪意」と見なされる場合がありますね。
このカードの履歴(発行の有無に関わらず、申し込んだ事実だけでも登録)は、新規カード申込時には不利に働くようです。
使用しないカードは、早くリストラする事です。

>また、今後作るものとしてmasterカードの担当はどうなのでしょうか?VISAと同じとか?

カード会社は、相互にグループ化しています。
同じ結果だと思いますよ。自ら傷口を広げる必要はないかと・・・。

>私自身、借金などありませんし、職業も上場企業勤務でそれなりの年収もあります。

サラ金の場合と異なり、勤務先は基本的に関係ありません。
クレジットカードの場合は、あくまで勤続年数と年収が与信枠に影響します。
また、昨年当たりから「個人向け総量規制」が始まっています。
サラ金融資額・キャッシング枠は「最大年収の○割を最大限度とする」事が決まっています。
ですから、借金時には「昨年の年収を証明する源泉徴収」を要求する金融機関が多いのです。
またカード会社でも考え方が異なっています。
アメックスは、年収1000万円以上でも「与信・キャッシング枠が低い」ので有名です。
この会社は、過去の取引履歴が審査基準の重きを為しています。

投稿日時 - 2008-05-17 22:41:01

お礼

総量規制。
カード会社でも、これからは新規や更新時に源泉徴収表提出を義務づける方向という情報を得ました。
その場合には、更新時に年収が低い場合には自動的に退会ということになるようです。
厳しい世の中ですね。

投稿日時 - 2008-05-23 20:57:58

ANo.1

>最近は最初から利用額を10万円しかつけてくれなくなりました。

カードの使用実績が連続してあり、滞納などがなければキャッシング枠が増えるのですが、利用実績が少なすぎではないでしょうか。それなら、すぐに実行可能なことは、源泉徴収票の添付ということになってしまいます。

源泉徴収票により、手取り額などがわかりますので、その2割程度までは返済可能として増額してもらえる可能性が高いです。しかし、現在の利用実績が低すぎたり、逆に、ギリギリまで使っていたりすると、合計算高によっては返済能力が足りないと判断されてしまうのです。ショッピング枠が1枚当たり30万円として、現在のカード保有枚数が10枚なら、それだけでも与信枠を300万円にしてしまいますので、現在利用算高が270万円なら、年収が1000万円でもキャッシュ枠がほとんど増やしてもらえないこともあるということです。

また、利用算高が非常に少ない場合にも、ショップ枠とキャッシング枠で1枚当たり合計40万円ずつ利用しているなら、10枚で400万円も使っていることになるので、1200万円の収入程度でも拒否される可能性もあるのです。クレジット会社から見れば、利用してくれることにより信用が高まるし、使わないのに枚数だけ増やすと、余計に信用枠を減らすことになるのです。

下手すると、今度JCBに追加で申し込むと、カード会社によっては発行そのものを拒否される危険性まであるのが現在の状態だと思います。改善するには、カード枚数を減らすことと、収入の実績の証明、つまり、源泉徴収票を添付することとなるのです。

投稿日時 - 2008-05-17 12:09:59

あなたにオススメの質問