こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

発達障害?統合失調症?

はじめて質問させていただきます。現在大学院に在学中の24歳です。

質問については
1 心理検査で統合失調症の判断は下るものなのか?
2 統合失調症とアスペルガー症候群との関係とはどういうもので、両者の混在は避けられないものなのか?
3 発達障害者に研究職が向いているというのは本当か?

が主になります。

4年前から鬱状態がひどくなり、精神科とカウンセリングに通うようになりました。病名はなかなか定まらず、医師が判断しかねる、と言うことで総合病院での心理検査(知能テスト含む)を受けました。2年前です。その結果について知らされないまま投薬をうけつづけ、先日、カウンセラーから「統合失調症」という病名を告げられました。

しかしながら、病名に全く納得がいっていません。

更に、大学の講義で知った発達障害(主にアスペルガー症候群)について、かなり自分が当てはまる、と言うのも気づきました。しかしながら、よくある発達障害でもあり、そのときは気にもとめていませんでした。
アスペルガー症候群だろうという認識には、
1幼児期、ほとんど他者と交流を持たない子供であった(常に部屋の片隅で本を読んでいたなど)
2団体行動のできない子供であった(先生がプログラミングした授業に対し、適応に行動できず、ずっと同じことを気が済むまでつづけていることが多かった)
3発言が直接的すぎる(はげている校長先生に、笑顔で「はげてるね!」と言う)
4運動能力の著しい欠如(動き自体がおかしい。友人には、「君の動きは特徴的で、100メートル先からでも君の存在が判るほどだ」と言われる)
5交友関係が築けない(先日、別の友人を通して、「君について、Aさんから、彼女は大学院で友達を作りたくないらしい、という話を聞いた」と告げられた。そのようなつもりは毛頭なかった。)
6字が汚い
7ある決まった分野について多くの情報を集めることに熱中する
8たいへん素直である。思ったことを隠し通せない。

などがあげられます。

しかしながら、アスペルガー症候群における成人になってからの弊害として統合失調症的症状がでる、という文献を読み、現在いささか困っています。
まず、医師にアスペルガー症候群の疑いがあることは告げていません。幼少時のことについて等、医師から尋ねられたこともないので(心理検査でも尋ねられませんでした)、こちらから積極的に話したことはないから、医師の念頭にアスペルガー症候群である可能性というのはないと思います。ここで患者として、患者という素人が「私、アスペじゃないですか?」と発言することは許されるのか、とても気になります。
他の病院も考えましたが、ただでさえ心理検査まで受けないと統合失調症であることが判らなかったくらい判断の難しい統合失調症(らしい)です。
さらにギフテッドの疑いまであります。
心理検査の結果で私が唯一教えられたのは「知能が著しく高い」ことでした。慥かにいろいろな分野において、一定水準以上の成果を遂げることは私にとっては苦ではありません。小学校の時は「別にできるんだからいいでしょう?」のスタンスでいましたし、中学高校はかなりの進学校に通っていたので、知能の高さなどさほど問題にもなりませんでした。ただ、大学に入ってからは、周りがあまりに頑張って大学に入ってきて、努力した様を見せつけるので、かなり戸惑いました。
社会的に、私はとても適応しがたい人間である、という認識は昔から有り、研究職ならば、と現在は大学院に在籍して来年には博士にあがるつもりでいます。
しかしながら、研究職というのは、好きなことを好きなだけ自分の好きなようにやっていればいい、というものではないことに最近気づきました。
大学院に入った後も、やりたくないことを強制的にやらされて鬱状態がかなり悪化したこともあります。
本当に自分は研究職に進んで良いのか、きわめて疑問に感じます。

24にもなってこんなことが判って、いったいこれからどうすればいいのだろうか、というのが実直な悩みです。
どうすればいいでしょうか?

投稿日時 - 2008-04-24 11:58:49

QNo.3972219

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(7)

ANo.7

>社会的に、私はとても適応しがたい人間である、という認識は昔から有り、研究職ならば、と現在は大学院に在籍して来年には博士にあがるつもりでいます。
しかしながら、研究職というのは、好きなことを好きなだけ自分の好きなようにやっていればいい、というものではないことに最近気づきました。

そう悟っているのならさっさと退学したほうがいいと思います
時間の無駄だと思います
またあなたのような研究者は変わり者でも平気、みたいな人が大学院に集まってくるから、大学院や研究者に偏見を生みますし
それにいくら病気であっても非常に周りに迷惑だと思います
警察沙汰やバスで殴られるなど、よほどのことだと思います
周りは内心迷惑だと思っていることでしょう 自重してください
研究職ならば・・・というのは本当にかなり思い違いですね
研究者は学会などがありますし、また警察沙汰のようになったら研究者になっても、いずれ職を失うでしょうね
というわけで結論としては誰にも極力接しないでいられる職業や研究に転向なさってはいかがですか?
ナルシストのごとく頭がいいと強調される文章をみたところから述べますと、ご自身の知能を自負してるくらいですから、今からでも遅くないと思いますよ 客観的な意見です よい解決策がみつかるといいですね

投稿日時 - 2008-05-23 03:10:29

お礼

昨晩の時点で質問を締め切るべきでした。忘れていたことを深くお詫びします。

昨晩、お礼で皆様方に申し上げたとおり、院での勉強ならびに博士への進学を断念するつもりはありません。

「研究者は変わり者でも平気」というのは偏見ではなく事実です。(こういうことを書かれるくらいだから回答者さまはきっと「普通」の研究者で周りの「変わり者」の研究者の方からめいわくをこうむっているのかもしれませんが…)まあ、変わり者、というよりも明らかに人格障害だろうと思える人や非常識な人、モラルに欠けている人が多いということですが…。それはでも、どのような職場でも変わりませんよね。

大学院では、周りに迷惑はかけていません。慣れた環境でしたら予測可能なことしか起きませんから。しっかり下準備をして、発表にのぞみ、教授の希望に添うまでです。よく考えてみたら回りの迷惑の尻拭いをしてきた2年間でしたから(笑)。1時間も遅刻して「おなかが減っていたからご飯を食べ過ぎちゃった。そしたら1時間たっていたの」と平然と発表をする同期、明らかに今日依存状態に陥っている同期、研究発表会一週間前にドタキャンする後輩たち、泥酔した挙句千円札一枚しかもっていないから金は払えない、と飲み会で言い出す先輩…。

警察に関しては被害届けは出しても加害者になったことはないので問題はないかと。研究者にはなりたいですが、幸い、家も裕福で別段職につけとは言われません。

ただ、やりたいことをやろうと思います。私は研究がしたくて大学に入って、その先へ進みたくて大学院まで進学したんです。この数年でその初心を忘れていました。

きっと周りの研究者の方々のせいでお疲れなんでしょう。でも、変な人のほうが結果は残して褒め称えられるんですよねえ、不思議なことに。

投稿日時 - 2008-05-23 10:43:35

ANo.6

#5です、不快感を与えてしまったことをお詫び申し上げます。
ですが、伝えたいことが伝わってないとすると悲しいので、もう少し言わせてくださいませ。

障害は残念ながら治らないと思います。
ただ、知的に高度である場合は、認知さえできれば、他人を傷つけるような振る舞いを減らしたり、自分がパニックとなるような事象を極力避けたりすることが、できるのではないかと考えている次第です。

どのようなINPUTによって、自分がどのような不適切なOUTPUTが出てしまうのか、それを予め知り、かつ予測して、そのINPUTから徹底的に逃げたり、遮断したり、変えたりすることで、結果的に問題となるOUTPUTが発生しなければ、すなわち改善とは言えないでしょうか。

私が知っている自閉症でかつ知的に困難がある方々も、基本的にそのようなアプローチを取ることで、わずかづつながらでも生きづらさを除こうとしています。もちろん周囲の協力も必要です。

最後に、もし以下の方々の著作を読まれたことがないようでしたらお勧めしておきます。
 ドナ・ウィリアムズ
 グニラ・ガーランド
 ニキ・リンコ

度々失礼いたしました。

投稿日時 - 2008-05-23 01:11:04

お礼

ご補足恐れ入ります。

他人を傷つけることは行っていないつもりです。言動にはかなり注意を払っています。絶対に暴力は振るいません。親から殴られても決してなぐりかえしてはいけない、という教育は受けています。
しかしながら予想外の展開は、それこそ「予想外」に起こります。電車内でいきなり罵倒してきたり殴ってきたりする人については、もはや私には手の施しようがありません(向こうは理由を言わないので…)

ご提示くださいました著作に関しては、時間がありましたら手にとりたいと思います。今時間がありません…お礼が遅れたのも、パソコンを開く余裕が昨晩やっとできたからでした(しかもできた理由が過労でバイトが休めたからなんですけどね(笑)。


お時間を割いてご丁寧に補足いただき恐れ入ります。
失礼します。

投稿日時 - 2008-05-23 10:33:29

ANo.5

ご質問に対する回答にならないかもしれませんが、経験からお話しさせていただきます。

7,8年前から、私は自分のことをアスペルガーであると考えています。
医師に診断されたことはありませんが、やはり幼少から他人と少し違う部分があると思ってきたこと、また、自分が親になってから子供のためにいろいろ調査したことなどを総合した結果です。

そして、大変失礼ながら、質問者様が認識されているご自身の性向は、私とよく似ているなあという印象を受けました。
団体行動ができなかった点だとか、友達と遊ばずに家で一人で読書していたこと、こだわり、運動音痴、歯に衣を着せぬ発言、学習に全く苦労しないこと、などなど。

さて、現在鬱とのこと、お察し申し上げます。
ですが、アスペルガーだから鬱になるという、器質的な関連付けは無用のように思います。
私は現在IT業界に従事しているのですが、周囲にアスペルガーっぽい人がかなりの数います(自分が敏感なので広範囲に当てはめてしまってるだけかもしれませんが)。
私も含めて、こうした方々が、高い確率で鬱や統合失調症の症状を示しているかといえば、そんなことはありません。

しかしながら、完ぺき主義や、感情を伝えることの拙さ、空気の読めなさなどの傾向が強く現れる人は、他人とのコミュニケーションの上で、ストレスを発生させやすくしてしまうことがあり得ると思います。
ストレスを受け続けば鬱になる、というのは発達障害の有無に関わらず同じですよね。
アスペルガーだとストレスを受けやすいのかもしれませんが、アスペルガーだからすなわち生活に支障が出る、とは言えないでしょう。
いずれにしても、自分に合ったストレスの解消(回避)手段を探ることは、多かれ少なかれ誰もが社会生活を営む上での必要な条件なのではないかと考えています。

私も他人とのコミュニケーションは苦手で、初対面の人や自分に合わない人と長く一緒にいると、ぐったりしてしまいます。
それでも年の功か、自分がどんな場面でどの程度の量のストレスを感じるか、また、それを解消する方法はどのようなことか、などがなんとなくわかってきました。

質問者様も、自分の性向をきちんと認識されているようですので、そこから他人との違いや、生きていく上で発生する対人関係での問題なども、今後十分認識されていくのだろうと思います。
認識さえしていれば、次はそれらひとつひとつを、どのように改善していく(改善していきたいか)もわかっていくのではないでしょうか。

自分の例で恐縮ですが、例えば私は若い頃、相手の話す内容に対して、どういった受け答えが自然で角が立たないかがまったくわからってないということに気づきました。
そこで、周囲の人たちが普通に行っている会話を、家に帰ってからこっそりとノートに書き溜めておき、それらを頭に入れて模倣することで、ようやく適切だろうという応答ができるようになりました。
今でもしゃべる前には、頭の中で一旦文章を組み立てて、問題ないか確認してから、初めてクチに出すという作業をしています。一瞬でやってるので生活する上ではまったく支障がありません。でも初対面だと相手のプロファイルがないので、ちょっと疲れます。
(これってそれほど一般的ではないですよね?(笑))

思うに、アスペルガーという特色があろうがなかろうが、社会の中では誰にでもこういった苦手分野を改善するようなプロセスが必要なのではないでしょうか。
これらは、勉強して試験をして結果が出る、といった単純なものではありませんが、全力で取り組むのに値すると考えています。

ちょっと説教臭くなってしまいましたが、少しでもご参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2008-04-28 15:39:02

お礼

ご回答ありがとうございます。お礼が遅れましたこと、深くお詫びします。

このご回答にどうお返事をすればいいか困惑しているのですが…そうですね…
私は取り敢えず、人様に非礼のないことを心がけています。(常識的なマナーは秘書検定で取得しました)言葉を常に選び、行動に気を遣い、とことん常識的に過ごしているつもりです。物事についての責任も常に意識しています。それでも、やはり、何かがおかしいんでしょう、バスや電車で、いきなり人に殴られたことが何度もあります。バイト先では「非常識を通り越して無常識」とまで形容されます。研究室でも教員の一人に「君は社会には出せない!」とまで言わしめてしまいました(笑)。自転車が朝置いてあった場所に夕方なかっただけで、猛烈なパニック状態に陥り、先日は大学に来賓があって普段と状況が変わっていたことにパニックを起こして警察に保護されました。

これは、改善できるものですか?

脳裏で「落ち着かなければならない」「今日はいつもと違うだけ」「違うだけ」と言い聞かせても脳が従ってくれない。
改善できるなら、それは障害ではないと思います。ただひたすら、この直しようのない欠点を包み隠し続けるだけです。

せっかくのご回答に難癖をつけてしまったかと思います。
失礼します。

投稿日時 - 2008-05-22 21:53:17

ANo.4

専門家ではないので、あまり頼りにはしないでください。

1 心理検査で統合失調症の判断は下るものなのか?

うーん、正直初めてききました。
心理検査ってこの場合、知能検査ですよね?
発達障害の診断なら欠かせない検査ですが…。

2 統合失調症とアスペルガー症候群との関係とはどういうもので、両者の混在は避けられないものなのか?

統合失調症とアスペルガーは全く別物です。普通は混在しません。

ただ、アスペルガーの方で大人になるまで診断されず、適切な支援や教育を受けてこなかった人のなかには、大人になって、統合失調症とよく似たアスペルガーの症状(ファンタジー、タイムスリップ)が生じます。
しかし、それは『統合失調症』の症状ではなく、「アスペルガーの特徴」なので、統合失調症の治療だけでは、根本的な解決にはなりません。
読まれた文献がどの程度専門的なものかはわかりませんが、「統合失調症”様”の」「統合失調症に近い」『統合失調症のような」症状がでる、と書かれていませんでしたか?

ただ、もちろん、アスペルガーの人が統合失調症を併発する、ということは十分ありえることです。

3 発達障害者に研究職が向いているというのは本当か?
これはなんともいえません。
「向いている」というより、「研究職の中にアスペルガーの特徴を持った人が比較的多い」ということであって、「アスペルガーの人に研究職が向いている」というわけではありません。
ギフテッドかも、といわれていますが、アスペルガーの方で大学くらいまで進学している人には、IQ140くらいの方は結構いらっしゃると思います。
というか、アスペルガーの方は、能力にかなりばらつきがあるので、基礎能力が高くないと、能力にばらつきのない人と同じ作業を困ることなくこなすのは難しい、といえると思います。
おそらく、質問者様が受けた心理検査は、「IQの高さを測る」ものではなく、「日常生活を送るための最低限の能力がどれくらいあるか」という「どれだけ低いか」を測るための検査だと思いますので、その検査で「高い」とでたとしても、ギフテッド、といえるほどの高さの能力はそもそもその検査では測れないと思います。


>患者という素人が「私、アスペじゃないですか?」と発言することは許されるのか、とても気になります。

とのことですが、正直、今かかっているお医者様のところで、その発言はあまりしないほうがいいのではないかなぁ、と思います。
と、いうのも、アスペルガーの特徴が強い、ということですのに、初めからアスペルガーの診断をお医者さんがしていない、ということは、そのお医者さんは、あまり発達障害に詳しくなく、場合によっては「大人の発達障害の存在を知らない」お医者さんである可能性もあるからです。

かなり確信をもたれているようですので、発達障害に詳しいとHPに書かれているようなお医者さんに、セカンドオピニオンを求めてはいかがでしょうか??

大人のアスペルガーと統合失調症は誤診されやすい病気です。
発達障害に関するしっかりとした知識がないお医者さんなら、「統合失調症」と診断することも結構あるのではないかと思います。
実際、文献を読んでいても、一人目のお医者さんで誤診されて、セカンドオピニオンで発達障害だとわかった、という事例が結構あります。

以上、素人のたわごとでした。
いろいろ書きましたが、あまり信用しないでくださいね(ネット上の情報はほとんど信用できるものではありませんし)。
参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2008-04-24 19:08:13

お礼

ご回答ありがとうございます。お礼がたいへん遅れましたこと、深くお詫びします。

実は主治医に「アスペではないか?」と尋ねました。そうしたら返事が「初診の時からそうだと思っていた」でした(笑)。
一応専門医の検査をすることになり、予約も入れましたが、この1ヶ月で自分自身の持っている欠点を客観的に見られるようになってきたと思います。
心理検査の結果についても詳しく主治医から訊きました(検査時、主治医は産休でいなかったので別の医師が担当しており、主治医は検査のことを知りませんでした)。カルテには心理検査の結果と一緒に「統合失調症の怖れ有り」と書かれていました。
おそらくASの二次障害ででたものなので、原因がわからず検査をしても「怖れ有り」でとまっていたんでしょうね…。

現在も断薬は続けています。このまま研究を続けることにしました。
常に綱渡りの状態ですが、受け入れるしかないと思います。
幸い、周囲の人間には恵まれていて、こんな私でもつきあってくれる友人たちもいます。
恵まれた環境に感謝しながら、きちんと障害と向き合っていきたいと思います。

投稿日時 - 2008-05-22 21:32:35

ANo.3

こんばんわ

1については、専門的知識を有していませんので判断できません。
一度、発達障害の専門家に診断を仰いだら如何でしょう。
質問者さんの症状は一見すると発達障害を疑がえると思います。
また、二次的症状として抑うつ、精神病症状が出る場合があると聞きます。

>患者という素人が「私、アスペじゃないですか?」と発言することは許されるのか、とても気になります。
この様な恐れもあると思いますが
統合失調症の特徴として、発症した方が自分で病識を自覚できないが挙げられます。
つまり、質問者さんが統合失調症を否定する→主治医は益々統合失調症の疑いを強める結果になりはしないでしょうか?

>24にもなってこんなことが判って、いったいこれからどうすればいいのだろうか、というのが実直な悩みです。
>どうすればいいでしょうか?
発達障害や各精神疾患にしても、診断基準はその症状が社会生活をするのに著しい支障が出る事が原則です。
それで初めて障害や疾患と診断されます。
しかし、多少の支障があるにしても、院まで進学し、将来も自分を
見据えて進路を決められているのですから、そんなに拘る必要がないのでは?

>知能が著しく高い
高度自閉障害と違ってアスベの方は多いんですよね。
だから、理系の研究職やIT関連の専門職又は医師にも、潜在的にアスベの方が多いようです。
コミュニケーション能力の欠如を自覚又は避けて
自然とそちらに仕事を選択されてるのでしょうね。
人を含め事柄を管理するようなポジションは避けるようですけどね。
一本立ちすれば、質問者さんの思い通りにある程度は出来るんじゃないですか?

成人になってから、ある種の発達障害と診断されてどうにかなりますか?
成人になってからのアスベの治療法は無いに等しいと聞きます。
例え診断されても、周囲にはカミングアウト出来ないと思います。
一般社会では「空気の読めない人」「要領が悪い人」とちょっと変わった人と嘲笑されるかもしれませんが
カミングアウトすれば、現状では、日本がノーマライゼーション教育してこなかった為に
心身にハンデのある方を「可哀想な人」「お気の毒な人」と見なし、一歩引く傾向に有るようです。
これで苦しんでいる方も多数います。
全てをアスベに起因するものと捉えず
1つのキャラクターと捉えた方が良いと思います。

私はあくまで感想ですが
質問者さんの進路の方向は間違っていないと思います。

投稿日時 - 2008-04-24 19:05:44

お礼

お礼が遅れました。申し訳なく思います。
いろいろ考えた上で、博士まですすもうと決めました。
障害による思考の欠落などの問題はありますが、まわりに負けないよう頑張っていきたいと思います。

丁寧なご回答恐れ入ります。ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-05-22 21:23:03

ANo.2

別に病名なんかつけてもらえなくてもいいんじゃないでしょうか?
「天才で変人」でいいんじゃないですか?

っていうか、あなた頭良すぎるんだから、普通の頭の人たちに
あなたのアタマを診断してもらおうったって無理な話ですよ。
(診断が出たとして頭を取り替えてもらう訳にもいかないだろうし…
 へんてこな薬飲まされてアタマが悪くなっちゃ大変!)
天才って人達の伝記を読むとヘンな人ばっかしじゃないですか?
研究職の方たちって外国に留学するのでしょう?
外国行けば、もっと頭がよくてもっと変な人たちがいるんじゃないですか?
のびのび研究できるかもしれませんよ~
日本が窮屈なだけかもしれないし…

長所短所ひっくるめて、そのまんまのあなたでいいのではないですか?
せっかく人並みすぐれたアタマを持っていらっしゃるのだから
是非頑張って博士さんになって、世のため人のためになる研究をして下さい!
応援しています~~~

投稿日時 - 2008-04-24 13:00:00

お礼

返信が遅れて誠に申し訳ありませんでした。

研究職が海外に留学…残念ですが、私のやっているのは日本文学です。海外に出ても、ほとんど成果はあげられません。(寧ろ海外に行くと情報が入ってこなくなるので、逆においてかれてしまう)でも日本文学を選んだのは間違いだったかもなーとは思います。理系に行けばよかった~。

ちなみに、私も「海外行ったらどうかな?」と思って海外行ったことがあります。数ヶ月ですが。日本の方がずっとマシでした。(ってまあそれは日本文学をやっているひいき目もあるんだと思いますが…)

そして文学はまあ、虚学ですから、世のため人のためにはなりません。ご期待に添えないですね…。

投稿日時 - 2008-04-30 19:21:19

ANo.1

回答はアナタ自身の中にあります。ご自分で決めるしかなさそうです。
病気がなんであれ、病名がなんであれ、アナタにできることをつづけるだけでしょう。

(莫大な資産家であればノー・プロブレムですが)何かしら自分以外のひとたちにお役立たないと収入になりませんので、この点を考慮して……ご自分の好きなことをおつづけください。

投稿日時 - 2008-04-24 12:26:25

お礼

返信がたいへん遅れました。誠に深くお詫びします。

私がしたいことは自分の研究を進めていくことだ、というのは判っています。

ただ、残念ながら、私の研究は人様の役に立つものではありません。収入もろくに見越せないでしょう。

このジレンマをどうするべくか、それが目下悩みです…。

投稿日時 - 2008-04-30 19:12:46

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-