こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

商法と著作権について

ネット上で情報商材を販売。その商品のおまけとして市販されいる品物を付録(おまけ)として付ける行為は商法かなにかでひっかかりますか?またその付録が本や雑誌だとしたら著作権でひっかかりますか?

教えてください。

投稿日時 - 2008-04-18 16:56:15

QNo.3957407

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

「おまけ」をつける場合のおまけの「値段」については、「不当景品類及び不当表示防止法」(略して景表法)で規制されています。本体の2割までです。でもそれを超えない限り、おまけをつける行為自体はOKです。本や雑誌についても、コピーした物でない限り著作権法には違反しません。

http://www.jftc.go.jp/keihyo/keihin/keihingaiyo.html

投稿日時 - 2008-04-18 21:55:09

補足

不当景品類及び不当表示防止法(昭和37年法律第134号)第2条の規定により,景品類及び表示を次のように指定する。

1 不当景品類及び不当表示防止法(以下「法」という。)第2条第1項に規定する景品類とは,顧客を誘引するための手段として,方法のいかんを問わず,事業者が自己の供給する商品又は役務の取引に附随して相手方に提供する物品金銭その他の経済上の利益であって,次に掲げるものをいう。ただし,正常な商慣習に照らして値引又はアフターサービスと認められる経済上の利益及び正常な商慣習に照らして当該取引に係る商品又は役務に附属すると認められる経済上の利益は,含まない。

とご紹介いただいたサイトにはありましたが、アフターサービスの定義がいまいちわかりませんでした。

投稿日時 - 2008-04-18 22:21:33

お礼

参考になるサイトとご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-04-18 22:20:57

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.1

コピーや複製でなく、市販されたそのものをつけるのなら問題はありません。

投稿日時 - 2008-04-18 21:46:03

お礼

ありがとうございます!

投稿日時 - 2008-04-18 22:24:08

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-