こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

会社の借金について

現在、実家の不動産会社の役員になっていて、会社の借金に対して、連帯保証人になっています。
今までは、返済の方は順調にいっていたのですが、物件を担保に借りた借金に関しては、金額が大きく利息を払うことが難しくなってきています。仮に金利の支払いが滞った場合、滞納情報が他の金融機関に知れ渡って、個人のクレジットカードやローンカードの使用がストップされる事はあるのでしょうか?又、ある場合は、最初の滞納からどのくらいの期間でそういう状態になるのでしょうか?
 

投稿日時 - 2008-04-13 10:03:21

QNo.3944807

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.3

>>金額が大きく利息を払うことが難しくなってきています

返済猶予(一時待ってもらう)や、減額返済の方法を金融機関と早急に行う必要があるでしょう。

個人のカード、ウンヌンも大切でしょうが、それよりも資産が資産として認めてもらえている内に、撤退をする決断も必要かと・・・
最悪競売などになれば、資産価値など二束三文です。
はげたかの餌食・・

まあ、それは今回の話題ではないので・・・

連帯保証を甘く考えていると、大変ですよ・・
連帯保証で検索をされると、その意味が良くわかると思います。

参考までに、
連帯保証人の悲劇より

http://www.sipec-square.net/~kseo/topics/jikohasan-sagi/jikohasan-sagi/shirouto.htm

連帯保証人とは?

保証人には「単なる保証人」と「連帯保証人」があるが、日本の金融システムで利用されているのはほとんどが連帯保証人である。連帯保証人は単なる保証人と違って、催告の抗弁(主たる債務者に先に請求するよう要求すること)や、検索の抗弁(債務者に資産があるのでそれで払わせるよう要求すること)ができず、債務者が支払いを怠った場合、すべての債務を一括で弁済することが要求される。つまり、主務者が債務を放棄したら、たとえその人物に隠し資産があろうと、財産を前もって妻子の名義にしていようと、それで支払うように要求することができないのである。だから、上記のAさんのようなことがおこり、連帯保証人は、資産を妻子名義にしたA氏にかわって、家屋敷をはじめすべてを取られるハメになるのである。しかも、である。このような、ほとんど人生のすべてをルーレットにのせるようなリスクを負いながら、素人の保証人は主務者に保証料を要求することは、まずない。つまり、他人の連帯保証をするのは、全くタダでリスクだけを背負い込む行為であり、全くのところ、ボーナスのすべてを穴馬につぎ込むよりさらに馬鹿げた行為なのである。まさに、「なるな! 保証人―印鑑一つですべてを失っていいのか」(脚注に紹介の本のタイトル)である。

投稿日時 - 2008-04-13 11:57:47

お礼

ご返答ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-04-13 16:41:49

ANo.2

ご質問のケースでは債務者は実家の会社なので、会社と銀行との取引状況次第ということになります。

金利支払いが厳しいとのことですが、まずは今後の支払いについて銀行とよく相談することが先決です。
担保物件を任意売却したり、返済条件をうまく緩和してもらえれば良いのですが、最悪経営が破綻し期限利益を喪失してしまうと、そこから担保の競売や保証人への債務履行請求が始まります。

最終的に保証人に保証能力がないことを示すため自己破産する場合もあり、この段階で個人信用情報がブラックとなります。
要するに会社に金を貸す金融機関とすれば、金利支払いが滞ったからといって、即保証人の信用情報をどうにかするということはしないものです。

それと「連帯保証人」というのは単なる「保証人」よりかなり責任が重いということではありますが、あくまで保証人であって「債務者」ではありませんから、あなた個人の借金とは異なります。

投稿日時 - 2008-04-13 11:35:22

お礼

ご返答ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-04-13 16:46:41

ANo.1

>会社の借金

と言うことですが、連帯保証人と言うことなので貴方個人の借金と同じですので、返済が滞れば信用が無くなるので、個人のクレジットの使用は止められますね。

>最初の滞納からどのくらいの期間でそういう状態になるのでしょうか

金融業界も厳しいので、発覚したらすぐに止められると思います。
回収できなくなったら困りますからね。

ただ、物件を担保に入れているので、それがいくらになるかですよね。
借財に対して、上回る価値があるなら問題ありませんし。

投稿日時 - 2008-04-13 10:12:58

お礼

ご返答ありがとうございました

投稿日時 - 2008-04-13 16:42:47

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-