こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

重量税の暫定税率廃止?について

はじめまして。
11年式のステップワゴンを所有しております。
今年の4月22日が車検の満了日となっております。
最近耳にする”暫定税率”
車検時の重量税も5月1日から安くなるとのことを知りました。
わたしの場合 37800円⇒15000円になる計算です。
22800円の差はおおきいです。。。
・暫定税率が廃止になったと仮定。
車検満了4月22日なので
車検はディーラーに出す予定です。4月22日以前(4月20日付などで)完成検査適合証を発行してもらい、その後5月に入ってから陸運支局窓口での車検証更新手続きをしてもらう。
(完成検査適合証の期限は2週間とききました。)

ここで質問。
(1)上記このような手続き可能でしょうか?出来るとしたらディーラーにお願いする訳なのですがなにかやりづらいことがありますか?
(2)完成検査適合証を4月20日付けで発行してもらった場合、車検満了日以降、4月25日、26日では車に乗ることが出来ますか。

長くなりましたが、詳しい方よろしくお願いします。

投稿日時 - 2008-04-08 11:13:17

QNo.3931784

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

私はとある自動車整備振興会の理事をしています。(かなり若手です)
さてご質問の件ですが暫定税率が廃止になったと仮定しての返答です。

(1)実は暫定税率が廃止になった場合5月1日の車検場は混乱が予想されています。それはあなたのように重量税が安くなってから車検を受けようとするユーザーさんを持つ指定工場のディラーさん、一般の整備業者、ユーザー車検のお客さんなどが一斉に押し寄せる可能性があり、その際、国に収める重量税印紙がなくなる恐れがあります。今までは1.5t以下は37800円、2t以下は50400円の印紙一枚で済んでいたのですが暫定税率が撤廃された重量税は1.5t以下は15000円、2t以下は20000円となりこの金額の印紙は補助印紙ということで存在はしているらしいのですが、私も含めてほとんどの整備士は見たことがなく枚数も極端に少ないみたいです。そのため当面は自動二輪で使用する7500円、5000円の印紙を組み合わせて使うつもりですが、焼け石に水という感がありますね。
(2)4月20日付けで保適をフロントガラスにくっつけていれば4月25日以降も乗ることができ、ディラーさんが5月1日に車検場へ行けば安い費用で車検を受けることができますが上記のように混乱している可能性があります。

まあ私たち振興会はお客様に迷惑が掛からないようにがんばりますのでよろしくお願いします。

投稿日時 - 2008-04-17 19:41:28

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(9)

ANo.8

sw8896さんの計算は正しいですよ
詳しくはこの辺を見るとわかると思います。
http://nishinippon.co.jp/nnp/item/15308?c=110
http://www.jama.or.jp/lib/jamagazine/200509/04_t1.html
業者によっては4月17日以降の入庫であれば、5月以降の重量税に対応します!と打ち出してるとこも出て来ているみたいですね。

投稿日時 - 2008-04-14 23:40:33

ANo.7

初めまして(^。^)某トヨタ系ディーラーで検査員してる者ですがsw8896さんの重量税の差額の計算はどうやってされたのでしょうか?私の計算では37800から26400になるので、差額は11400円になると思います。
又、kennsainnさんの適合証に関する説明も一部違っています。適合証交付日を含め15日間は例え車検満了日を過ぎても自賠責保険が適合証交付日から2年プラス15日間以上掛かっていると(例えば、25日に適合証が交付された場合、自賠責保険が、22年5月9日迄掛かっていると)、普通に使用する事ができます。一般の方には解りづらいと思いますが、簡単に言うと4月17日以降に車検を受けて、5月1日以降に陸運支局に書類を提出してもらうと、重量税が安くなるということになります。(5月から暫定税率分が安くなると仮定した場合です)参考になればと思い、回答しました。読んで頂くと嬉しいです。

投稿日時 - 2008-04-14 23:04:12

ANo.6

いずれにしても、業者さんが出来るものを出来ないとは言わないでしょうし、ネット調でべたからと言うよりは車検を出す業者さんとよく相談して結果を出した方がお互い納得できるのではと思いますよ。

投稿日時 - 2008-04-14 11:49:13

ANo.5

検査員ではないので間違ってたらごめんなさい。
(1)で言われているのは、4月中に検査をして標章を発行してもらい、5月に入ってから正式に書類提出して車検証をもらうと言う事ですよね?
この場合の標章の扱いがはっきりどうかがかいいきれないのですが・・・
個人的には問題ないんではないでしょうか?
ただ、次回の車検満了日が変わってしまうことと、自賠責をその分余分に掛ける必要があります。
そういうやり方をするところが増えるだろうなーと思っていたぐらいですし。
標章さえ発行してもらえれば、25でも26でも問題なく乗れると思います。
そこのディーラーが受けるか受けないかだけの問題じゃないんですか?
法的に問題なければ、そのぐらいの融通を利かせた法が逆にいいんではないかと思いますが・・・

投稿日時 - 2008-04-14 11:34:50

ANo.4

私は民間車検場で検査員をしていますが、NO2のとうり生兵法は怪我の元、NO3の回答の通り保安基準適合証は検査をした日から15日間有効ですが、あくまでも車検の満了日までです。保安基準適合標章もありますが適合証と複写の為、一緒の扱いです。ディ-ラに出しても100%出来ませんって言われますよ。

投稿日時 - 2008-04-13 07:10:34

ANo.3

No1のものです。質問の答えになってないのでお答えすれば
(1)は多分無理でしょう。先ほど申し上げたように完成検査適合証は車検証そのものですから、新しい車検証は継続したものになります。
(2)は完成検査適合証は2週間の有効期限がありますから、4月25日、26日にも車に乗ることができるはずです。
 したがってディーラーにお願いして5月1日に車検を受けてもらったほうがいいと思います。

投稿日時 - 2008-04-08 11:43:05

ANo.2

車検満了日以降 5月まで全く使用しないのならば
一旦車検切れにして その後 車検を受けることは可能です

が 車検を受けるために その車をディーラなりに持ち込むには、車両運搬車に載せて持ち込むか 仮ナンバを受ける必要があります

車検切れの車を運転して摘発されれば、長期免停か免許取消です

諸々の費用・手間を考えると 2万強の費用削減ではペイしないでしょう

特に(2)の質問を行う程度の知識では、他の違反運用も行う危険があります

中途半端な知識で行うと 生兵法は大怪我の元 そのものです

投稿日時 - 2008-04-08 11:42:31

ANo.1

もし暫定税率が廃止になったら、5月1日まで車検切れの状態にして1週間ほど車に乗らないでおきましょう。
 暫定税率が廃止になった5月1日に車検を受ければ安い重量税で済むと思います。
 完成検査適合証は新しい車検証ができるまでの仮車検証ではなかったかな?
普通に継続車検を受けると4月22日からになるから、重量税は高いままだと思います。
 5月1日以降に車検を受けたほうがいいですよ。ただし車検切れの間は車は乗らないでください。

投稿日時 - 2008-04-08 11:30:53

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-