こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

どうして日本は円高で騒ぐの?

日本は円高になると、一般ニュースや一般の新聞にも騒がれます。
円安の時はあまりニュースになりません。
キャリー・・・という言葉が去年一般の新聞に少し出たぐらいです。

円高のメリットも当然あります。輸入業者にはいいことです。
海外旅行も安く行けます。

トヨタを代表とする輸出関連企業が困る。
株価が下がり日経平均も下がる。
というのはよく例えられますが、一般消費者にとっては
つぶれることはないだろう・・・とほとんど関係ないことだと思います。
むしろメリットのほうが大きいような気もします。

そもそも自国の通貨の価値が高くなる困ったような言い方はなにかおかしい気がします。
ドル以外では全く円高ではありません。まだまだ円安すぎると思います。

なにかメディアと輸出関連企業にあるのでしょうか?
トヨタなど自動車産業は大きな税源だから・・・
とか。
90円、80円でも別に一般消費者はあまり悪影響を受けないと思いますし。
一応3大通貨の1つです。
騒ぐなら60円、50円ぐらいになってからでもいいのでは?という気がします。
なにかアメリカの圧力もあるのか日銀が利下げ予想とも出ていますし。
かといって130円を超えてしまうとアメリカの偉い人が怒り出す・・・
とも聞いています。

投稿日時 - 2008-03-19 16:47:24

QNo.3876573

5S6

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(6)

ANo.6

>原材料の調達コストが安くなり連鎖的に値上げされた食品類が安くなります。
>というほうが貧乏人1000万人、格差がどうこう言われる社会にとってはいいような気もしますが。
>都合の悪いこと(値下げ)はしないのでしょう。

ですから外貨を獲得して円転している収入が大きな部分を占める経済構造なので、日本国民全体として見たときに食品類が安くなる以上に給与が減るのです。企業努力の話ではなく、内需ではなく外需で稼ぐ産業構造上、これは避けられません。円高で喜ぶためには内需を拡大して、国内の売り上げで利益を出せるようにする必要があります。(だから日本に比べて内需が大きいアメリカはドル安でも日本程困らない)

そして食料品の値上げ理論も嘘っぱちですね。原材料が上がったから?それは値上げの一部の要因にすぎません。
今までも原油や食料品の値段は上下しましたが、それによって小麦の加工製品などの値段が上下していましたか?していませんよね。
物の販売価格はかかる総コストで決まります。原材料費だけではありません。そして、日本での商品の値段については実は日本人の人件費などが占める割合が結構高いのです。あまり報道されてはいませんが、最近はコンビニなどでもバイトが集まらず、バイト代を値上げしたりしています。このようなコストが物価上昇には非常に大きな影響を与えています(低成長ではありましたが、いざなぎ越えの景気拡大の影響でしょう)。化粧品など原材料費が10倍になっても今の価格で利益はほとんど変わりません。


確かに物価下落はメリットに見えますが、その分以上に給与が下がっては意味がありません。

激しいデフレは社会のためでしょうか?激しいデフレでも物価が下がります。どうも物価が下がることを過剰に評価しすぎているように思います。

投稿日時 - 2008-03-20 14:24:39

お礼

ありがとうございます。
日本では円安のほうがいいことはわかっています。
原材料などについては1ドル150円になったとしてもあまり影響を受けない。
とも聞いています。

話を戻すと・・・円高円安の影響ではなく

なぜメディアは円高のときだけ騒ぐのか?
円安の時はどうして騒がないのか?
円安の時も、進む円安・・・とか少し言われましたが。

円高過ぎて、輸出産業の倒産相次ぐ。
上場企業の○○○○が負債総額・・・とかならにまだしも。

メディアの不思議については、為替とは全く違いますがS学会とかも報道されませんね。
これはこの宗教が国内で巨大な権力があることからでしょう。

投稿日時 - 2008-03-20 17:04:57

ANo.5

世界のニュースを見れば明らかですが、自国通貨高で騒ぐのは日本に限りません。

ちょと前で印象的なのはバーツ高が大きく騒がれたニュースです。インドや中国もよく報じられますね。中国は変動相場で急激な元高になったケースを想定してそのデメリットが大きく報じられています。
ユーロでさえもユーロ高のデメリットは大きく報じられています。


>90円、80円でも別に一般消費者はあまり悪影響を受けないと思いますし。

トヨタは1円円高になると数百億円の利益が飛ぶとまで言われています。その分のしわ寄せがトヨタ本体の社員のみならずグループ会社、下請けにいきます。数十円単位の円高になれば、数千億円~数兆円の利益が吹っ飛び、その分のしわ寄せで、下請けはいくつも潰れるでしょう。
99%が中小企業でトヨタのような会社は一部といいますが、その中小企業にこのトヨタのような会社から発生する仕事を請けている会社が多数あります。
トヨタのグループ会社でも3万人以上の社員を抱えるデンソー(連結では10万人以上)のような会社もあります。トヨタ関連だけで百万人くらいの人が影響を受けます。トヨタが赤字転落ともなれば、このような会社が大規模リストラをすることになり、数万~数十万人が職を失い、職を失わなかった数十万人も給与は激減です。そして、これがトヨタに限らずソニーやら他の会社でも発生するわけです。数百万人~1千万人以上の労働者とその家族が影響を受けます。


>日経平均が下がろうと、上がる株もありますし、オプション取引、
>空売りしたりで儲けることもできます。

日経平均が下がるということは、業績が上がる会社もあるが、日本産業全体としてはマイナスということです。
また、空売りやオプションの仕組みを考えましょう。
これは産業全体のプラスにはなりません。株価が上がらない限りはゼロサムゲームか、マイナスサムゲームで、人の資産を奪っただけの利益なので、利益は誰かの損益です。

>反対の輸入業者に金融、不動産、公務員、とさまざまな職種があります。

GDPに占める内需の弱さなど日本の経済を見てください。輸出に限りませんが、日本の産業構造は圧倒的に外国でお金を稼いでいます。ですので、差し引きすると産業全体にはマイナスになります。

アメリカの個人消費が1%落ち込むと日本のGDP成長率が0.27%下がる(ゴールドマンサックスレポート)とまで言われるほど、外貨で稼ぐ金額が日本経済に影響します。


>ドルだけに限ればちょうどよい。とも思っています。

その根拠は何でしょうか?
金利平価?購買力平価?実効為替レート?



いずれにしても「海外旅行も安く行ける」などがこのデメリットを上回るほどのメリットとは思えません。

投稿日時 - 2008-03-20 00:03:43

お礼

トヨタは円高は困る、関連企業および従業員も困るは十分わかります。
去年から原油高でガソリン150円とか各種食品の値上げがされました。
理由は原油高で原料が高騰・・・
でしたが円高になればそれを相殺できます。
一度値上げしたパンなどの食品は原油が1バレル60ドルになっても
戻さない気がします。
ドルが120円から90円になりました2割近く原材料が安く仕入れられるので
チョコレートやパン、その他製品が20%安くします。
とかもやらないでしょう。せいぜい増量サービス中・・・でしょうか。

今120円に戻りトヨタや任天堂が円安好感・・・
など出てもガソリンなら170円、180円になるかもしれません。
そもそも問題となっているドルが他の通貨に対しても高くならなければ
改善されないでしょう。
円安、原油高で苦しむ企業、倒産した企業、それでも持ちこたえている企業。
もたくさんあります。私は輸出業者の経営手車ではありませんが企業努力が足りない。
とも考えています。3年ほど前の102円、105円の時はロイターでトヨタだけで言えば
円高対策は十分しているので影響はあまり受けないという記事を見ましたし。
欧州好調ということはまだまだユーロ高ですしね。


空売りは特定の銘柄しか売れません。
ただ投機筋などにとってはそんなこと関係ない気がします。
あえて加えればホリエモン逮捕以来個人投資家が減ったのであがりにくい。
というのも考えています。


> その根拠は何でしょうか?
> 金利平価?購買力平価?実効為替レート?
>
かつて為替介入も行った酒匂氏とか、その辺でしょうか。
ビッグマック指数とかもありますが一概には難しいですよね。
ニュースの表現が「円高」ではなく「ドル安」と大きく出ればいいのですが
日本経済新聞は止まらぬドル安・・・とかありますね。


海外旅行は悪いたとえでしたね。
あまり行きませんし、年に1度や2度程度ではあまり意識されないでしょうから。

原材料の調達コストが安くなり連鎖的に値上げされた食品類が安くなります。
というほうが貧乏人1000万人、格差がどうこう言われる社会にとってはいいような気もしますが。
都合の悪いこと(値下げ)はしないのでしょう。

簡単にまとめると今まで円安に甘えてきた。黙認していた。
だからポンドなんかは250円近くまで上昇した。のでは?と思ってます。

投稿日時 - 2008-03-20 09:30:38

ANo.4

ご存知のとおり、円高円安共にメリット
ディメリットは多々あるかと思います。

ただ、今回の様な急速な円高については
企業の想定外であり、経営上不確定要素が
強く、事業計画が立てにくいかと思います。

少なからず、輸入行者や家庭にとっとては
メリットとなるでしょうが、

日本のほとんどの企業は今回の様な円高による
事業構造で無いため、
相対的には一部の企業の収入が増えても即需要拡大
に結びつかず、
むしろその間に想定外の円高で企業が倒産するなどの
マイナス要因の方がが強いかと思います。

当然、勤めてる会社が倒産してしまっては、
円高セールどころでは無いと思います。

投稿日時 - 2008-03-19 20:12:52

お礼

確かに今までは円高を歓迎していませんからね。
それが後を引いているのでしょうね。

ただドル以外では別に円高ではないしと思います。

投稿日時 - 2008-03-20 09:06:29

ANo.3

もうちょっと勉強してからご質問された方がよろしいかと・・。

ならばトヨタ、この円高でいくらの損失になったかわかりますかね?
1兆円の含み損があるんですよ。
そりゃ大変な事なんですよ。

各企業の株も安くなるという事は
その企業にお金がない事を意味します。
またその企業自体の価値も下がる事を意味します。

海外旅行すれば円高は有利だろう!
その通りです。しかし、その海外旅行のお金はどうやって稼ぐのでしょう?
「あなたの収入が変わらない」事が前提ですよね。
しかし収入が減るとしたら?
円高になったからといって感じる負担は同じになりませんか?

100円の給料の人が今のアメリカ($1=100円)に行くのと
120円の給料の人が$1=120円のアメリカに行くのと
同じ負担ですよね。

では説明します。
経済は全てが絡み合って成り立っていますので
これは「風が吹くと桶屋が儲かる」式に次から次へと影響するんです。

個人への影響としては
株安になると企業にお金がないわけですから
給料だって上がりません。新卒者だって入れません。
リストラになる人も多いです。
個人にお金が回りません。個人では買い物しなくなります。
売れません。製造業者はモノ作っても売れないのですから
作りませんし、縮小を余儀なくされます。
社員はさらに首切られます、給料下がります。
下がった給料で遊びに行けません。
キャバクラにもいけません。
キャバクラのおねーちゃん達はブランドモノかえません。海外旅行いけません。ブランド屋で働く人の給料上がりません、リストラになります。
その人達もお金なくなります。

つまり、株安になるとみーんなが首切られたり、給料上がらなかったり
働くところがなくなり、個人レベルまでお金がなくなるんです。

ドル高になればアメリカ人が失業や賃金が上がらないのですから
当然130円などドルだけになればアメリカは怒りますよ。

では、企業にとってはどうでしょう?
円高→輸出できない
(例えばトヨタ)
作っても売れない、ならば生産を縮小、トヨタに関連する企業が
全部売上ダウン、タイヤも、ガラスもカーステレオも売上ダウンですね。
わかりますよね?
先にもいったとおり、
そこで働く人たちの収入が減りますね(リストラや新卒が入れない事までトータルすれば)。
すると個人レベルでお金は使いませんよね。(品物買わない、サービス受けない、投資しない等々)
すると各企業の収入が軒並みダウンですよね。
株は下がります。
株が下がるという事は企業にお金がありません。
新製品の開発できませーん。
人材増やせませーん。となれば企業は
発展しません。
携帯も今よりいいものが作れなくなります。
作ったとしても開発が遅れます。
外国の優れたモノがジャンジャンはいってきます。
外国から見れば円高で日本へ輸出しやすいし、
日本の国内の開発は遅れるしで。
さらに株価は安くなります。

外国資本が日本企業の買収に乗り出します。
あなたは外国人が社長の企業で働く事になります。
日本の「ため」は考えません。
その会社は母国のために日本に在籍します。
日本に富をもたらしません。みーんな外国に持っていかれます。

特に中国は手ぐすね引いて待ってます。
あなたは外人(中国人)が社長の企業で
中国のために働く事になります。

でもいいですよね?海外旅行が安くいけるんだったら。

私は嫌ですけどね。

てなわけで、あなたはたいしたことないとお思いでしょうけど
実はそーとーたいした事あるんですね~。

しかし、今のアメリカと日本の力関係は本来
97~8円が均衡が取れたレートだと専門家は見ているようです。
ですからあなたの言う事も全く間違っているわけではなく
今ちょうどいいくらいですから確かに騒ぐ事はないんですけど・・

投稿日時 - 2008-03-19 18:19:56

お礼

トヨタの例なら十分わかります。
ホンダとかもそうでしょう。
当然そこの従業員もボーナスなどに悪影響を受けると思います。
ただ99%は中小企業ですし、1%の大企業も輸出業者か?
と言われればごく限られています。
反対の輸入業者に金融、不動産、公務員、とさまざまな職種があります。

日経平均が下がろうと、上がる株もありますし、オプション取引、
空売りしたりで儲けることもできます。


日本が輸出している国はアメリカだけではありませんし、今回の円高は
ドルが弱すぎているだけですよね。
ユーロも150を超えています。80円の時代もありました。
まだ倍近いです。
なのにどうしてかな?と思いました。

ドルだけに限ればちょうどよい。とも思っています。

投稿日時 - 2008-03-19 18:54:09

ANo.2

ごく普通に、日本の産業が輸出依存体質だから。

そりゃ、昔に比べたら、国外生産比率が上がったとか、決済手段の多様化とか、影響軽減の要素はありますが。

問題は、円高そのものよりもそのペース(急騰)にあるのでは?
毎年一定程度のペースでの円高なら対処の方法もあるでしょうけど
乱高下すると、どうしても経済活動に影響が出ます。
良い影響もあれば悪い影響も
何れにしても経済活動が混乱することには、違いないのでそう手放しでは喜べません。

投稿日時 - 2008-03-19 18:07:24

お礼

輸出依存体質ですが昔ほどではないと思っています。
食品、衣類、家電などはほとんど輸入でしょうし。

乱高下は確かにマズイですね。

投稿日時 - 2008-03-19 18:46:39

ANo.1

メディアにも色々あって、朝日新聞の経済面は円高待望が基調です。ニュースとしては、*年ぶりの円高と伝えます。

トヨタのような産業は、すそ野が広いです。トヨタ本体は潰れなくても、部品の下請けの零細なところはどうなのでしょう。円高を理由に単価を下げられたら、その従業員はどうなりますか。リストラになったら関係ないとは言っていられません。まして、消費など考えられません。
トヨタだと、合理的に節税します、また、租税特別措置がいくつも適用されるので、思ったより税金は納めていないはずです。例えば消費税は納めるどころか還付(輸出による非課税)されているのが現実だと思います。
経済財政大臣の話では、日本企業の採算ラインは1ドル106円くらいということです。

日本はドル建ての米国債をたくさん抱えています。外貨準備というのがそれです。円高だと含み損を抱えます。やはり良いことではないですね。

日本経済は、ほどよい円安が良いと思います。円高は騒ぐ材料です。

投稿日時 - 2008-03-19 17:17:43

お礼

過去に介入したなどして得たドルは1兆ドルになりますからね。
当然1円でも大きな違いが出ます。

120円になったからと行って、じゃあ5000億ドル一気に売ろう。
としてもそうはさせてくれないと思います。

投稿日時 - 2008-03-19 18:45:15

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-