こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

クレジットカード…銀行口座登録をしないと??

クレジットカードについて教えてください。

友人があるお店のクレジットカード加入の営業をしていて、
「申込書書いてくれれば、OKだから、銀行口座登録の用紙とか来たら破棄しちゃって!」

とのことで、
それくらいならいいか~と思い、
申込書だけ記入しました。

そしたら、後日
カードが届き、2~3日後に銀行口座登録用紙が届きました。

まさか先にカードが届くとは思いませんでした。
ここ2~3ヶ月ほど銀行口座登録用紙は返送していません。
使う予定もないからです。

すると、
カード会社から何度か電話が来るようになりました。
私が不在の時、親が電話に出て「急ぎですか?」と聞くと、
「そうではないんですが…」と言ったとのことです。
その後、すぐに『キャッシングとして○○万円利用出来ます』
というハガキも届きました。

そこで教えて欲しいのですが…


1.年会費は無料なんですが、このまま銀行口座登録をしないとどうなるのでしょうか?

2.1度も利用はしていないのですが、信用情報機関に登録されているのでしょうか?

3.カードはいらないので、破棄したいと次回電話が来た時にそう伝えたいのですが、これは信用がなくなることに繋がりますか?
例えば…今度カードが作りにくくなるとか、車ローンが組みにくくなるetc…


無知で申し訳ないですが、よろしくお願い致します!

投稿日時 - 2008-03-15 19:06:30

QNo.3865530

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>このまま銀行口座登録をしないとどうなるのでしょうか?

何にもなりません。カードを利用した場合は「振込書類」が届きます。

>1度も利用はしていないのですが、信用情報機関に登録されているのでしょうか?

利用状況の登録はありませんが、カード申し込みの情報は登録されます。
安易な自己破産・任意再生が多いので、個人融資規制が始まりました。
カード枚数が多いと、新たなカード審査に不利に働く場合がありますね。

>これは信用がなくなることに繋がりますか?

金融事故ではありませんから、個人信用機関での信用には無関係です。
ただ、破棄予定のカード会社には「顧客情報」が残ります。
この情報は、カード会社だけでなく関連会社でも共有します。
「Aさんは趣味(遊び)でカードを申し込んでいる」と看做されますから、カード会社及び関連企業で一般より不利な情報が残ります。
(顧客情報の保存期間は、法的な決まりがない)
関連会社に銀行があると、(住宅ローン・自動車ローンなど)審査でボーダータインの場合は確実に審査落ちになります。
「クレジット=信用」ですから、安易な申込・解約は止めた方が無難です。

投稿日時 - 2008-03-16 02:17:37

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

基本的は、口座登録してからの発券ですが、先にカードを発券するパターンです。ガソリンスタンドやホームセンターのカードによくあるようです。
この発見方法の場合、「先にカードが届いてから口座の用紙が届きます。口座の用紙が届いたら早めに返送して下さい。コンビニ振込みなどになり、手数料が発生します」と案内してくれます。
あと、カード会社からの電話は「ETCカードはいかげですか?」などの販促かと思います。
退会を考えてるようですが、電話があった時に家族からの伝言では無理です。本人でないと退会は受け付けません。

投稿日時 - 2008-03-16 21:00:32

お礼

みなさまありがとうございました。

とても参考になり、今後よく考えてカードを申し込もうと思いました…

再度電話が来た際、
退会の旨を伝えようと考えています。

投稿日時 - 2008-03-31 19:12:56

ANo.2

1についてですが、口座登録をしなければ、してないままになります。
私もカード1枚口座登録してませんが、どうってことないです。
カードを使うと毎回口座指定用紙がきますが捨ててます。
毎回振り込んでますが、なにも言われません。
2は質問者の方が、いくらの枠のカードを持っているということは登録されると思います。
3カード契約を破棄しても、信用はなくならないです。

投稿日時 - 2008-03-15 19:31:33

1)クレジット会社次第ですが、長期に渡り金融機関口座の登録手続きを行わないでいる場合に、カード自体の完全利用停止を行なう会社や個人使用情報に記載されることも(無論、次に申込されたローン会社等への影響が大となります)。
2)無論、申込書に記入し提出された時点で、個人信用情報として信用情報機関全社へ記載されており、どこでも、金融機関や消費者金融等を含めた全ての機関から閲覧できる状態(会員会社のみ)です。また、カードを使用するしないを問わずに、限度額や申込内容などの全ての記入項目が、他のクレジットなどの申込時点には、その情報も審査対象となりますので、ローン会社など次第では審査通過が出来ないことも多分にあり得るように。
3)破棄したとしても、生涯に渡り、発行先に解約を申し出ない限りは、限度額や個人情報は維持されておりますので、他社への申込みなどで影響がゼロとはなりません。御注意を。

投稿日時 - 2008-03-15 19:28:23

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-