こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

どの確定申告書?

一人株式会社代表でありサラリーマンです。
株の損失控除を去年申告したので確定申告書作成コーナーで確定申告書
を作らねばなりません。

質問に答えて出てきた申告書は申告書Bというものでした。
それだと所得と収入の欄があったり、給与所得者(&株)には
あわない気がしましたが、申告書Bであっているのでしょうか?

収入には株の利益+給与を記入するということでしょうか?

申告書Bは自営業時代に利用したことはあるのですが、給与+株の
確定申告ははじめてなのでどの申告書を使えばよいか迷っています。

投稿日時 - 2008-03-03 23:33:21

QNo.3830775

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>・・あわない気がしましたが、申告書Bであっているのでしょうか?

質問者の場合は、次のフォームを使用して下さい。

・平成xx年分の所得税のxx申告書B(第一表、第二表)
・平成xx年分の所得税のxx申告書(分離課税用)第三表
・株式等に係る譲渡所得等の金額の計算明細書
・平成xx年分の所得税の確定申告書付表(上場株式等に係る譲渡損失の繰越用)

平成xx年分の所得税のxx申告書(第一表、第二表)には、AとBの二種類があります。

申告書Bの様式は、どのようなケースでも使えます(汎用の申告書です)。しかし、申告する所得が給与所得、雑所得、配当所得、一時所得の範囲内であり、しかも予定納税額のない特定のケースでは申告書Aの様式を使う方が使い方が比較的易しいです。質問者の場合は株の売買(譲渡所得)があるので申告書Bを使うほかありません。

投稿日時 - 2008-03-04 14:05:21

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.1

 分離課税を選択します。基本的には申告書Bに分離課税の申告書がプラスされる形となります。

投稿日時 - 2008-03-04 00:45:56

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-