こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

業務委託料の申告

確定申告をしています。業務委託料の名目の「給与の源泉徴収票」と普通の給与の源泉徴収票と二件あります。二つ一緒に申告書Aで申告しても大丈夫でしょうか。業務委託といっても経費等もあまりなく、所得自体も多くありません。事業所得として申告しなくても良いのかなと...。

投稿日時 - 2008-02-24 15:26:00

QNo.3805515

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>手書きで種別「業務委託費」となっているのです。源泉徴収額は10パーセント…

それなら本来は「支払調書」でなければなりません。
しかし、支払調書は申告に当たって添付が必須な訳ではありません。
その源泉徴収票は無視して、事業所得として申告するのが正しい姿でしょう。

10%引かれた源泉税は、『申告書 B』の第一表の [○37] 欄と、第二表の「所得の内訳 (源泉徴収税額)」欄の記載しておけばよいです。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/02a.pdf

投稿日時 - 2008-02-24 17:47:15

お礼

やはり...そうですよね。収支内訳書を作りたくないばかりに色々調べてましたが、10%の源泉徴収の業務委託料は事業所得にあたりますよね。これではっきりとしてあきらめ?もついたのでがんばって内訳書を作成します。本当にありがとうございました((w(´▽`)w))

投稿日時 - 2008-02-24 19:26:56

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.1

>業務委託料の名目の「給与の源泉徴収票」…

ちょっとよく分かりませんけど、その帳票にそう書いてあるのですか。
それとも、『報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hotei/annai/pdf/23100038-2.pdf
ですか。

>二つ一緒に申告書Aで申告しても大丈夫でしょうか…

「給与の源泉徴収票」
とはっきり書いてあるなら、2枚を合算して『申告書 A』です。
『支払調書』なら、『申告書 B』です。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

投稿日時 - 2008-02-24 16:24:50

お礼

ありがとうございます。そうなんです。「支払調書」ではないのです。「給与所得の源泉徴収票」に手書きで種別「業務委託費」となっているのです。源泉徴収額は10パーセントです。しつこいようですが申告書Aで大丈夫ですよね。

投稿日時 - 2008-02-24 17:07:36

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-