こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

うつ病で退職した元後輩の親から「謝罪しに来い」と言われて非常に困っています。

私は大卒で入社して14年目になる37歳の女です。
昨年4月に入社した28歳の後輩が、先月末にうつ病で退職しました。
仕事ではミスが多かったですし、電話応対も入社して10ヶ月も経つのに
吃音に近い話し方だったので、しょうがないなとは思っていました。

昨日彼女の母親から私の携帯に電話がありました。
年賀状の為の従業員名簿が社員に配られていたので(携帯番号も載っています)、
私の携帯番号を見たのでしょう。
驚く事に彼女の母親は「うつ病になったのはあなたのせいだと言っている!
このままじゃいつ次の仕事を探せるかも分からない。うちに来て娘に謝罪して!」
とすごい剣幕で怒鳴られてしまいました。
しかし私は彼女をうつ病にした心当たりがありません。

・朝の掃除の時、彼女はよく手抜きを雑巾で拭いたりモップを掃いたりしていたので、
ちゃんと事務所の隅々までやるように注意
・自分で考える前にすぐに人に聞くので、「人に聞く前にちゃんと自分で考えなさい」と注意
・いつも気を抜いて仕事をダラダラやっていたので、時間の無駄が無い様テキパキ仕事をするよう指導
・電話でお客さんを話すと何を言っているのか分からない、お客さんの言ってる事をちゃんと理解せずに
すぐに他の人に電話を変わろうとするので厳しく注意

上記の注意は彼女にしましたが、彼女を育てる為の指導の一環なので悪い事ではないと思います。
なので彼女の母親が「謝罪しに来い」と言うのに対して、「何故!?」と不思議で仕方がありません。
むしろ私を一方的に加害者扱いしてきて、かなり怒りが沸いてきました。
でも会社に直接電話をされたら厄介な事になるので、「今体調を崩しているので、良くなり次第折り返し電話します」と言って電話を切りました。

これは天災に近いものだと思うのですが、どうしたら良いでしょうか?
彼女のうつ病と私とは因果関係がないという事を、彼女の母親にどう納得させたら良いのか?
アドバイスを頂きたく思います。

投稿日時 - 2008-02-09 16:09:43

QNo.3759307

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

16人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(24)

ANo.24

朝の掃除の時、彼女はよく手抜きを雑巾で拭いたりモップを掃いたりしていたので、
ちゃんと事務所の隅々までやるように注意

→多分、貴方の考える「隅々」とは一体どこからどこまでなのかが、後輩さんに具体的に伝わっていなかったのでは?
どこに手を抜き、どこに手をかけるべきなのかが後輩さんにはわからなかったのだと思います。
やってほしいポイントと、「掃除は~時までやる(~までは掃除をやってよい)」などできるだけ具体的に指示を出してあげるといいかも。


>自分で考える前にすぐに人に聞くので、「人に聞く前にちゃんと自分で考えなさい」と注意

→この注意はしないほうがいいかも。すぐ人に聞くことを注意してしまうと、
後輩はだんだん「分からないのに、人に聞かずに一人で判断してしまう」ようになるので、
失敗を未然に防ぐことができなくなります。
結果あなたの手間が増えますよ。


>いつも気を抜いて仕事をダラダラやっていたので、時間の無駄が無い様テキパキ仕事をするよう指導

→後輩さんには「何が時間の無駄か」が分からなかったのではないでしょうか。
「ダラダラ」。「テキパキ」という抽象的な言葉ではなく、やって欲しいことを具体的に指示してあげると良いのでは。
上司のあなたが言ったことなのにやらないようなら、状況をあなたの上司に報告しましょう。
それが会社の後輩への評価になります。報告ができていると、今回のようなケースの予防線にもなると思います。


>電話でお客さんを話すと何を言っているのか分からない、お客さんの言ってる事をちゃんと理解せずに
すぐに他の人に電話を変わろうとするので厳しく注意

→電話応対は最初出来ない人はそんなもんです。すぐ代わってもらった方がいいですよ。
じゃないとお客さんにとってもニ度手間になり(一度説明したことを代わった相手にもう一度説明しなければならない)、
それは会社的に最悪の応対です。
対策としては、後輩さんに最低限言うべきセリフをそのまま紙に書いて渡し、電話のないところで何度も声に出して練習し慣れさせることでしょうか。


以上思いついたまま書きましたが、質問文を読む限りでは、後輩に問題があった以上に、指導の「方法」に問題があったように感じてしまいましたので…「方法」を変えると、後に入ってくる後輩も、あなたも楽になると思います。


あと、後輩を指導するときは、イライラするでしょうが怒りを顔に出さないほうがいいですよ。
怒った顔で指導すると、後輩は「相手(=貴方)を怒らせてしまった!!」ということにばかり意識が向いてしまい、肝心の指導内容を聞き逃してしまいます。結果同じ失敗をする率が高くなります。

後輩指導、大変ですね。

投稿日時 - 2013-03-27 10:37:19

ANo.23

あんたはひどい。人の気持ちや状況を考えない愚図中堅、因果応報のことがおこるよ

投稿日時 - 2013-03-15 19:33:52

ANo.22

あんたが悪い。正義を盾に人の出来ないとこをつついたり、非常に意地悪だと思う。根性が。
正しいことを主張する前に、どうして出来ないのだろうか?と考える頭があればいいのだけど
ないから人に慕われないのでしょうね。
他にも言わないだけであんたを嫌いな人は沢山いると思う。
人の痛みをわかる人間になりなさい。

投稿日時 - 2013-03-15 12:35:14

ANo.21

ご心労お察しします。
私自身は嘱託職員を2・3年事に異動しているような状況で、いろいろな職場に何度も「新人」として入ります。
指導を受ける方にはさまざまな方があって、正直指導とうっぷんばらしをはき違えている方もあります。
私自身要領の良くない方で、必ずといって良いほど配属直後は評判がよくありません(笑)。徐々に評価がついていくタイプです。
そんな訳で要領が悪く、厳しいお局さまにもすぐ目を付けられるタイプで、あるお局さまにはあまりの彼女の「執着」に軽い鬱状態になったこともあります。彼女の剣幕に全ての事に対して萎縮してしまうんです。

退職された彼女の問題点は相談者さんご自身お一人で判断することではないです。彼女が退職するまでに、指導面で会社内で他の方や上司に相談や報告をすることはありましたか?
彼女には相談者さんお一人が指導にあたられていたのですか?
私に対して切れていたお局さまは私ではなく不満を上席にぶつけ、逆にいさめられたりされ。自分の目の前のことでいっぱいいっぱいだった私はお局さまのその騒動を知らず、知らない間に周囲の人たちに噂を広められ、反動がまた私に返ってきたりなどして悪循環でありました。そんな時お局さまと私の間に周囲の方が別角度から入ってくださり、研修を立て直されてからようやくお互いに仕事の距離感を掴むことができました。
どちらにしても彼女が既に退職をされている以上、彼女側の不満・苦情は「会社」として受けるべきです。
当時の指導や彼女の勤務態度を周囲の方と客観的に検証していく必要があると思います。能力的な問題がそこで出てくるようなら、それは人事が悪かったのだし、彼女自身にとっても客観的な助言は今後に必要なはずです。ADHD(注意欠陥障害)などの可能性もありえない事ではないですし。
メンタル的なことは人間としての許容量の問題なので致し方ない部分がありますから。
本当は彼女が在籍しているうちにこれができて、彼女が退職するまで追い込まれなかったらよかったですね。

投稿日時 - 2008-02-11 16:38:57

ANo.20

いちいち気にしないほうがいいです。それから今後は後輩を育てようなんてことも考えないほうがいいです。ただ責任転嫁ヤローは、指導してくれなかったからウツ病になったと言いだすだろうが。w

投稿日時 - 2008-02-11 09:50:13

ANo.19

産業カウンセラーの資格を持っている者です。
さまざまな意見がありますが、まず相手の電話を着信拒否にする
ということは、感情的になっている相手に対して
「文句があるなら会社に電話してください」という態度を
とっているのも同然になってしまいます。感情に対して
こちらも感情を伴った感情で返してしまうと、先方をますます
感情的にさせてしまうだけです。

当事者の母親はあくまで「あなたに責任がある」と
主張しているのですから、あなたに抗議と謝罪要求を突きつけている
わけです。着信拒否にしたところで、今度は会社をとおしてあなたを
呼びつけて謝罪要求を繰り返されるという可能性は十分にあります。
業務の問題で病気になったのは間違いないと先方は考えているのですから
会社にこの話がいってしまうのは、正直時間の問題かもしれません。

一方で、これはあなた一人の謝罪で解決できる問題でもないんですよね。
彼女のうつ病について、業務起因性を証明して責任の所在を争うのは
実は企業にも当事者にも相当負担がかかることなんです。
労災の認定について争われる裁判が最近増えていますが、
これは、メンタル不全と業務との因果関係がどれだけあるのかを
証明するのが、非常に難しいからです。厚労省が業務起因性の指針を
出しており、それに基づいて専門家である第三者(労基署など)が
判定することになるんですが、その判定のあり方もどこまで客観性が
あるのか、実態に見合ってるかどうかなど専門家の間でも見方が
わかれたりするほどです。あなた個人が因果関係がないことを示して
相手を納得させようと思うなら、職場も専門家も巻き込んで
相当の努力をしなければならなくなります。

ということで、もう既に厄介なことを抱えてしまったのも
同然なんですよね。そこで、職場に一連の事実のみを報告し、
あなたがすぐに出て行かなくても済むよう、職場対当事者という関係で
お互いに妥協点を探るというのが、無難におさめるには現実的ですね。

当事者はもう退職してしまったのですから、退職後の補償や和解など
当事者が納得する方策と誠意を職場として示すのがいいでしょうね。
彼女が病気になったのも、あなた個人のこと以外の要素が
他にもあるはずです。また、職場にとっても業務の問題として
抗議が出たのですから、専門家も間にはさみ、リスクマネジメントの
観点をもって対応に当たる必要があります。労災や裁判となると
当事者にもそれ相応のリスクも負担もかかりますから、
「この場でおさめた方がお互いに負担がかかりませんよ」という
ことも納得していただくよう、話をもっていくといいと思います。

なお、ハローワークへの相談をすすめている方がいますが、
ハローワークはあくまで就労支援が目的の機関ですから、
こういう事例は該当しません。職場をとおして弁護士や
メンタルヘルスの専門家などに対応を相談をお願いしたほうがいいです。
あるいは、自治体に産業保健推進センターというものがありますので、
そこに相談するのもいいと思いますよ。

あなたの指導のあり方については様々な意見がありますが、
今はその善し悪しを考えるより、当事者からの抗議にどう対応するかを
考えることが先決です。あなたの指導について振り返るのは、
その後でもいいのです。

ちなみに、若い人のマネジメントについては、最近傷つきやすさや
自己愛的なパーソナリティを持つ人も増えてきたため、
それなりの対応をしなくてはいけないことも確かですね。
#17の方も指摘されているとおりです。私もあなたとほぼ同世代なので
納得がいかないお気持ちはよくわかります。ただ、現実の問題として
そういう人が増えてきて、それに比例してリスクも多くなってきた以上、
気持ちの面では納得がいかなくても、そういう人に見合った対応を
するよう割り切る必要もあるのが現実ですね……。

投稿日時 - 2008-02-10 15:13:38

ANo.18

うつ病自体、やっぱりその子の性格が大きな要因であることは間違いないと思います。
同じ事を言っても傷つく子もいればのほほーんとしてる子、色々ですね。

しかし相手によっては言い方を変えることや、後輩ができないなら彼女には何が出来るかそれを考えるその子にあった仕事を与えるのがマネージメントの仕事だと思います。

>でも会社に直接電話をされたら厄介な事になるので、
とありますが、上司には相談できないのですか?
何かマズイですか?

社員が事務所の掃除をするというと、随分小さな会社かと思いますが、
人数が少ないなら尚更貴方にきつく言われ行き場がなくなったのかな?と感じてしまいました。

天災と言ってるけど、もし彼女が自殺なんかしたらどうします?
例え貴方が悪くても謝れないと思いますが、もう37歳なら人の痛みをわかってもいいと思います・・・

投稿日時 - 2008-02-10 02:10:28

ANo.17

私も、身内に仕事が原因の鬱を患っている者を抱えております。


こちらに寄せられた回答を拝読し、私も大変勉強させていただきました。


質問者さまに対し、「あんたも悪い」といった批判的な回答を寄せた方々は、
決して、質問者さまの後輩に対する対応を責めているわけでも、
後輩とその母親の肩を持っているわけでもありません。
確かに、後輩は甘ったれた神経の持ち主だと認めつつ、
質問者さまの指導方法に全く問題はなかったと言えるのかといった、
問題提起をしているに過ぎません。
また、後輩の母親の言動を擁護しているわけでもないように思えます。

私自身は打たれ強く、どちらかというと質問者さまと同じような考えでいたのですが、
身内が仕事が原因で鬱になったと知った時、
そういうビジネスマインド100%だけではやっていけない人も「中にはいる」こと、
そして社会では可能な限り、様々な要素を持つ人と折りあっていく方法を
模索することが大切なんだと悟りました。

確かに、鬱の原因が100%質問者さまかどうかも分からないのは事実ですし、
母親が出てくるのもどうかとも思うのですが、
鬱になったら自分の力で会社に話をすることも、何もできなくなるのです。
ですので、後輩は唯一話ができる、母親に訴えたのではないでしょうか。
私も、身内から話を聞かされた時には、本気で身内の勤務先を訴えてやろうかとも思ったし
弁護士に相談までしました。それだけ、身内の怒りが凄まじいことはご理解ください。
後輩の母親を「モンスターペアレント」の一言で片付けてしまうのは
合理的解釈かもしれないのですが、
その裏側にあるものをはっきりと見ていただければと思います。

質問者さまの対応としては、やはり会社に相談すべきでしょう。
相手は怒り狂っているわけですから、話がこじれる可能性は大いにあります。
決して、直接母親と話をしたりするなど、自分で解決しようとは思わないことです。
また、質問者さまの指導は特に間違ってはいないとおもうのですが、
新人の中にも、怒ることで奮起するタイプとしおれてしまうタイプがいるので、
そのあたりは後輩のタイプを見定めて、対応の方法に一工夫が必要でしたね。
私ならですが、仕事ができなくてしおれるタイプの社員に対しては
一方的に怒るだけではなく、話し合いの機会を持って、当該社員の話をよく聞くことから始めます。
それを受け、一緒に解決方法を考えるようにしています。

今回のことはショックだったと思いますが、あまり落ち込まず、とにかく会社に相談を。
そして、ぜひお気を楽にして下さい。
ただ今後、人材育成や指導方法には、充分注意の上であたっていただければと思います。

投稿日時 - 2008-02-10 01:43:44

ANo.16

>これは天災に近いものだと思うのですが、どうしたら良いでしょうか?
彼女のうつ病と私とは因果関係がないという事を、彼女の母親にどう納得させたら良いのか?
アドバイスを頂きたく思います。

アドバイスでも何でもなく、感想です。
とてもこのご質問が勉強になりました。

というのも、こちらに回答を寄せていらっしゃる方の多くが、
いわば、「お前も悪い、天災だと思うのは間違っている」とのご指摘をされるということ。

ほー世間ではこういう受け取り方をするかたがたが少なからずいるのだということです。

確かに28歳で新人で10ヶ月でやめるというなら、
28?それまで何していた?とご指摘された方もおられたので
、確かにそうだなぁと私は思います。

そう、はっきり言って、天災の親もやはり天災だと。

会社は、職場は切磋琢磨して、営利を生み出すところです。
ただ、働くという時間つぶしではない。

役立たずは役立たずだと、その母親はわかってない。

私はアナタは正論だと思いますが、
そうは思われないという世間のかたがたが結構多いと知ったことが
勉強になりました。
受け取り方とはイロイロなんですね。

上司にこのような内容で「母親からクレームがついた」と
報告はしておいてその上での着信拒否をして、謝罪というのは自分の非を認めることですから、あれは業務の一環ですと突っぱねる。
向こうがそれを、追求するなら、立証責任を負っていただけばいいだけです。

確かに、立証し、因果関係を確立するのはどう考えても
「鞭でたたいた映像が記録されている」というわけでもないのだから、
タダの、言いがかりです。

言った言わないというのはありがちですし、第一どのように受け取るかはそれぞれで、勝手に曲解も自由ですから、叱責されて、奮起する人もいれば、落ち込んでウツになる人も居る。
コレは言った人の問題ではなく、受け取るほうの「個性?」
それを最初から、そういう個性を斟酌して・・・指導しろというなら、
普通人としての扱いではないでしょう。

しかし、天災の娘の援護をする天災の親の言い分を「そうだな」と
思われる方がいるということを私も学びました。

アナタも、きっと学ばれたでしょう。

モンスターペアレントの原型というのがこういう人々で
彼らの存在が許容されるのは、応援部隊が無言のうちにこの
ご質問のアンサーにあるように「いる」という現実派
非常に社会の多様性として興味深かったです。

投稿日時 - 2008-02-09 22:33:47

ANo.15

ほっとけばいいでしょう。

そんなことでクレームつけてくるようなモンスターペアレンツ(しかも40前のいい大人の)ですから、納得させるも何も、話し合いにならないと思います。

どうしてもしつこければ、裁判でも何でもやれと言うか、威力業妨害や脅迫で警察に訴えましたと言い張る。
相手が訴えるなら、証拠を示す必要があるのはあちらさんです。で、本人の言い分しかないでしょうから、裁判所も取り合わないでしょう。

投稿日時 - 2008-02-09 22:25:19

ANo.14

確かにあなたの仰ることもわかります。
今回の問題は、もっと上の立場の人に相談するとして…。

あなたからの言い分しかわからないし、あなたがどう彼女に接してたか、
私にはわかりません。
自分の判断が間違っていては困る、
勝手な判断はよくない→信頼できる上司や先輩に指示をあおぐ。
新入社員なのだから、あなたのようにテキパキできない。
お客様にうまく対応できない。そのままでは、お客様には御迷惑。
彼女の判断は、あなたから見たら正しいものではなかったかもしれないけど、すぐには上達できないけど、
彼女なりに一生懸命やってたんじゃないでしょうか?
全く向上心のない人だったんでしょうか?

今回の事は、ともかく、これからは後輩の気持ちを理解して、
成長の遅い人でも焦らずに指導してあげてください。

投稿日時 - 2008-02-09 21:27:52

ANo.13

全てを会社に報告し、上司の指示に従った方が良いです。

>彼女のうつ病と私とは因果関係がないという事を、彼女の母親にどう納得させたら良いのか?

順番が違います。

彼女がうつ病になったので、謝罪を求めている事は、彼女がうつ病になった事実は、医者の診断書等で証明されます。
しかしその原因を質問者さんがであるとの断定には証拠が必要になります。
まず証拠を揃えてから謝罪要求をします。

次に質問者さんの原因の証拠に対して、事実と違うなどがあったり反論する事があれば、そこで初めて因果関係が無い証拠が必要となります。



話はそれますが、会社で虐めを受けて左遷させられ病気になったなど会社に慰謝料を求める訴訟の話がありますね。
それは誰もが会社に非があるとの証拠が揃っています。
会社側は、直ぐには認めません。
やがて和解交渉となる場合もあります。

質問者さんも安易に謝罪をしない方が賢明です。
謝罪する事は、追認(その事を認めたこと)した事になります。

>彼女の母親が「謝罪しに来い」と言うのに対して

このような方はあまり無いと思います。
感情的になっているだけです。
本当に謝罪を求めたい親は、弁護士や行政書士など法律の専門家を通じて文書でまず請求すると思います。

感情的になっている相手には、理路整然とした対応をすべきです。
全て会社に任せましょう。

投稿日時 - 2008-02-09 21:00:38

ANo.12

少々キツい言い方をさせて頂きますと、質問者さんは他人の助言アドバイスには耳を貸さないのですか?
自分に都合の良い意見、回答の方一名にしか回答していませんね。
ご自分の意図しない回答には耳も向けない。

これは天災に近いものだと思う だとか 私を一方的に加害者扱いしてきて、かなり怒りが沸いてきました だとか仰っていますが、ご自分にも責任があったかもしれないって複数の人の意見にはどう思われるのでしょうか。

質問者さんの行動で必然的に後輩への対応が見えてきますね。
自分の意見ばかり押し通して質問者さんにも非があると言った他人の意見を聞かなかったりしても向上や進展はありませんし、広い視野で物を捕らえる事ができませんよ。客観的に物事を見れない人は仕事や社会においても、あまり良い結果を残せません。

広い意見を取り入れ都合の悪い意見も自分の弱点なんだと甘んじて受けて改善してこそ人間は成長できるのだと思います。

投稿日時 - 2008-02-09 20:34:42

ANo.11

>入社して10ヶ月も経つのに
あなたにとって、【もう10ヶ月なのに】かも知れませんが、
彼女にとっては【まだ10ヶ月なのに】だったのかもしれませんね。

新入社員にとって、覚えることはたくさんあるし、
会社や社員のことはまだよく解らないしで、
不安の塊だと思います。
(電話なんて、私はいまだにどもりそうになります…)

確かにだらだらするのはいけません。
注意するのは簡単ですが、悲しいかな今の時代、
素直に聞く子は少ないと思います。
そこをどううまく聞かせるかなんですよね。

私も新人の指導係をしていましたので、
質問者様のご苦労はすごくよく解ります。
相手がひねくれた子や、精神的に弱い子だったら、
こっちが【指導】したつもりが、
いつの間にか【いじめ】ととられていたりします。
だから、日頃のコミュニケーションが重要になるんですね。

今回のことはお気の毒様でした。ひとつ勉強になったと思って、
彼女の回復を祈りましょう。彼女も気の毒でした。

直接の回答にならなくてすみません。

投稿日時 - 2008-02-09 19:42:46

ANo.10

私もrinetenさんと同じ経験者です。
先ず、絶対に謝ってはいけません。(認めることになります)
こういう人たちはレコーダーで録音してますから話してはいけません。
お話できません、そう言って切ってください。

私の場合はものすごく拗れましたので、書かせて頂きます。
先ず、通常の業務指導だったということを主張しても連絡が来る場合はちゃんと申し立てをしたほうがいいです。
私のときは、労働基準局からの指導で紛争調整委員会のあっせん(調停)で解決しました。
はっきり申し上げて元から異常に精神的に弱いのです。
指導範囲のことをイジメだのなんだの被害者意識で受け取るからそうなる。
社会人として出来る当然のレベルがないのは指導されるのは当然。
ですが今の世の中、相手がイジメと感じたらイジメです、という弱者の強弁を優先します。

あまり彼女の親から連絡がいくようなら会社に相談しましょう。
それと会社の中で名簿をそうやって配布することは辞めた人はこうやって悪用しますので、退職後は返還と連絡をしない(会社経由のみ)旨を付け加えましょう。
貴女が完全なる被害者だと思いますよ。
本当にひどいなら(精神病はおかしいので)労働基準局やハローワークで相談してくださいね。
もちろん会社にもです。
会社の中で「これはイジメでした」なんて言う裏切り者が出ると大変です。
とにかく、彼女とも母親とも話さないでくださいね。

投稿日時 - 2008-02-09 19:28:09

ANo.9

ずいぶん親が過保護すぎるわねえ。と思います。
ただ、ひとつだけわかってほしいのは、多分彼女はいつも周りのみーんなにそれを言われ続けながらそれでも彼女なりに頑張って毎日出勤して仕事をしねければならなかった。ということ。気持ちをわかってくれる人は多分おらず、ただ攻められつづけるのみ。そして欠勤などで逃げることなくちゃんと退職日までみんなに攻められ続けながらもがんばった。ということだけはわかってあげてください。
会社にはあなた以外にも一緒に働いている人たちがいます。
その人たちからも日々いろいろないやなことを言われながら自分なりに頑張っているという気持ちを、ミスが多くて周りに迷惑をかけているけど、周りに冷たい目で見られていろいろいわれながら毎日出勤して仕事するってものすごーく辛いです。消えてしまいたい。あんまり言われすぎるとどんどん人間って萎縮して思考回路もおぼつかなくなります。内容を読んでいると自分の正当性を主張して親がでてきた。という話は出していますが当の彼女に注意したときの彼女の対応、仕事ができるようにになったかではなく彼女はすいませんでした。と受け止め、ちゃんと毎日出勤していませんでしたか?いままでミスが多くても彼女に優しい言葉をかけたり相談に乗ったことはなんどかありますか?質問者さんが注意したことは間違っていないと思います。でも彼女と質問者さんは普段どう接してきたかというのは多分注意するだけでフォローがなかったのでは。とおもいます。肝心なやり取りが仕事の指示と注意のみではなかったですか?

彼女はなにをやってももうミスをして責められることがトラウマになっていて職場復帰できない状況になっているかもしれません。そんな気がするのです。
だらだらやっているように見えても、周りに冷たい視線を浴びながら逃げずに退職日をむかえたとすると、そんないい加減な子ではないと思うのですが。まあ、親は過保護ですけどね。

もし、すこしでもあてはまっているようなら、親抜きで、一度喫茶店などで話し合ってみてはどうでしょうか?彼女の真意を知り、彼女を救うために。
もしかすると話し合うことで質問者自体、得られることも大きいかと思います。もし自分のいい分だけ並べて謝れと言ったり、親が介入してくるようならほっといた方がよいと思うのですが、嫌な結果になってしまうことがあっても彼女と向き合うようで、実は質問者さん自身いい人生経験と自分自身が今後仕事でも人間関係でも円滑にすすめる上での人づきあいのよい参考になるかと思います。
決して質問者さんを責めているのではなく、自分の何気ない対応を人はどうとるのか?をしるいい機会かも知れません、
私自身、よくきつく言ってしまうのでね(笑)

一見マイナスなことも実は人生の大切な時間だったってこと、あるとおもいますよ。

投稿日時 - 2008-02-09 17:52:19

ANo.8

大学卒は四年制で 22歳ですよね。28歳で4月に入社? その前まで 彼女は何をしていたのでしょうか? 貴女の内容の指導位で 鬱病に成るなんて かなり過保護で育ったのでしょうか!? 少し貴女の言い方がキツかったとしても 貴女の様な上司 職場の先輩はザラにいますので、 彼女の元からの性格だと思いますよ。
…ただ 引き金に成ったとか 可能性はあるかも知れませんが 彼女の母親は 娘が鬱病に成った事で 誰かにぶつけなければ 気持ちが持たないって状態なのかもしれませんね。
その様な彼女の性格では どこの会社に行ったとしても また同じようになってしまうと思いますし…
鬱病は 今じゃ珍しくない病気ですので 相手の母親からまた 何か言ってきたら 角がたたないように 気を付けて下さいね。

投稿日時 - 2008-02-09 16:57:50

ANo.7

この程度でうつ病になるのだったら、次は無いね。
と言えばいい。

男女差別の意図はないのですが、女1人だと嘗められます。
男の上司と一緒に訪問して、仕事の一環だと理解させましょう。
それ以上言うのだったら、裁判で争う、と伝えましょう。

投稿日時 - 2008-02-09 16:53:41

ANo.6

追記ですが社会人だとしてもまだ入社して期間が経っていない社員は貴女のような古参組と異なり分からない事も多い事でしょう。

・自分で考える前にすぐに人に聞くので、「人に聞く前にちゃんと自分で考えなさい」と注意

自分ではどうしようも無く右も左も分からない時や未だ入社して期間が経っていない場合は自分の行動に不安もあるでしょう。
貴女は常識的に当然に仕事ができるでしょうが、他人は同じように仕事ができると思ってはいけませんよ。

先輩の貴女に対し意見を求めているのに「自分で考えろ」と言うのではなく中堅社員ならばフザケルナと一蹴できても、入社数ヶ月ですから教えてあげるのも先輩だと思いますよ。

そうやって厳しく指導され考えろと言われ、まだ仕事内容にも不安がある彼女は自分ではどうする事もできなく心に傷を負ったのでは?



・いつも気を抜いて仕事をダラダラやっていたので、時間の無駄が無い様テキパキ仕事をするよう指導

一般的に鬱になる人間ってのは糞真面目過ぎる人が多いと聞きます。
貴女がはたから見たら、ダラダラと能率悪く仕事をしていると思っていたのかもしれませんが、彼女は入社して時間が経っていないので、未だ仕事の要領が取れず分からない事も多いので貴女よりも断然に能率が劣るのは致し方が無いのでは?と思います。彼女なりには必死にやっていたのかもしれませんよ?古参で仕事の要領が取れている貴女と同じようには考えてはいけないと思います。


これらは推測ですが、貴女は気付かないうちに彼女を傷つけていたのではないでしょうか?他の新入社員はできても彼女は能力的に多少遅れていたのではないでしょうか?推測の域を超えませんが、貴女はこういった考えはしませんでしたか?

仕事ですから能率良く仕事をこなすのは基本中の基本ですが、中堅社員ならまだしも入社数ヶ月です。頭ごなしに怒るのではなく、相手の立場に立や相手の心にも立ってみて指導してあげたらよかったですね。

鬱病で退職し鬱病の原因が貴女だと言っている以上は恐らく貴女に原因があるものだと思います。


>私を一方的に加害者扱いしてきて、かなり怒りが沸いてきました。
「何故!?」と不思議で仕方がありません。これは天災に近いものだと思うのですが、どうしたら良いでしょうか?

ご自分の身を改め自分の行動や言動に責任を持ち、他人の考えや心も尊重してあげる先輩になって下さい。自分は絶対に悪くないと断定するのではなく何が自分に非があったのかを考えてみて下さい。

投稿日時 - 2008-02-09 16:51:16

ANo.5

私の友人は要領が悪いので職場の上司にケンケンに怒られて精神的に
参りました。
彼女の言い分を聞いても確かに上司が合ってるんだけど言い方
があるよね・・。と思いましたし、怒った方は正論なのでそれで傷つく
人がいるとは思ってないのでしょう。

そういった要領が悪く繊細な人がいるのも事実です。
吃音について何か言ったとしたらそれが彼女に精神的ダメージを与え
た心配もあります。

が、逆に鬱と鬱だとの思い込みは違うので彼女が質問者様のおっしゃって
いるとおりダラダラした人なのであれば本当に良い迷惑ですよね。

いずれにしても会社の業務として関わった結果なのですから上司に
相談するのが得策だと。
個人でやりとりしても火に油をそそいで逆恨みされる心配もあります
し。
今は企業は若い社員の育て方に苦労しています。
これからも似た様な事例がないとも思えませんので会社側の対処法
に従った方が良いと思います。

投稿日時 - 2008-02-09 16:48:30

ANo.4

問題はアナタがどう感じるかではなく、相手の女性がどう感じたかです。指導するにせよ説諭にせよ<正論>であったとしたら、正論には暴力性が潜んでいるので、その女性の心はかなりの重圧を受けていて<うつ>になったとしても不思議ではありません。

アナタの指導の録音・録画があれば他の人たちと一緒に観て、あらゆる角度から検討してから、信頼できる第3者を通じて、その女性のお母さんにも観ていただき、誤解を解くのもいいでしょう。ただ、現に<うつ>になってしまっているのですから上司と相談して適切に対応しましょう。天災に近いと考えるのは危ういです。

投稿日時 - 2008-02-09 16:42:26

ANo.3

私は鬱病等じゃないんですがアドバイスです。

多分、質問者さんは自分では普通に指導しているつもりだと思っていても強い口調や多少厳しく指導したのでは?
失敗も多少あったようですので後輩さん。

後輩の方もそれまでは鬱なのではなかったのだと思いますよ。
現に「鬱で辞めた」「貴女のせいで鬱になった」と仰っているのですから。自分にその気が無かったとしても貴女に原因があるのは明白だと思います。


まず、

「私は身に覚えが無い」「ただ指導していただけなのに天災に近い」

と言われた所で相手が職場で多大な苦痛を伴い鬱になったのです(現にそう仰っていますね)。

自分には全く関係が無く迷惑と言った考えから「自分の指導に問題があったのかな」と元先輩として考え方を転換してみたら如何でしょうか?

人の言動ってのは自分では気付かないうちに相手を傷つけている場合も非常に多いのです。

>彼女の母親が「謝罪しに来い」と言うのに対して、「何故!?」と不思議で仕方がありません。
むしろ私を一方的に加害者扱いしてきて、かなり怒りが沸いてきました。これは天災に近いものだと思うのですが、どうしたら良いでしょうか?

貴女の文面を拝見しますと失礼ですが、非常に自己中心的な文面だとお見受けします。

現に元後輩が鬱になり退職し被害相手が居て「貴女が原因で鬱になった」と元先輩の貴女に対して訴えているのです。
確実に貴女しか鬱の原因となる人は居ないでしょうし、何故に因果関係が無いと断定できるのでしょうか?

貴女は後輩への教育の過程で気付かないうちに無意識的に相手を傷つけてしまっていたと考える事はできないのでしょうか?
仕事ですから指導する事もあるでしょうが、貴女の言い方や指導方法等に行き過ぎは無かったのでしょうか?

鬱で退職されたとの事で元後輩の方も大変な御心労、苦悩があっての退職だったのでしょう。

それは察してあげて、自分自身の言動や行動を振り返ってみると良いかと思います。

投稿日時 - 2008-02-09 16:34:40

ANo.2

個人間でのやり取りはやめたほうがいいかと思います。
恐らく投稿者さんに原因があったとしても、ごく微々たる物で、相手の親が過保護に育てすぎたことが現在の退職した後輩の人格を形成するおおきな原因だと思います。

お勤めされている企業がよほどおかしなところでなければ、相手の言い分がいかに一方的なものかを分かってくれた上で会社として対応してくれると思います。投稿者さんが相手の母親に対して何かしらする必要はありません。

相手の方は28歳にもなって現実を受け入れることができないかわいそうな人だと思います。過保護に育てられ、何かあったら親がでてきて、何でも思い通りになるものと思っていたのが、現実思い通りいかずに、そこからうつ病を発症した可能性が大きいように思います。投稿者さんの名前があがったのは、指導する役割に立ったというだけのことで、気にする必要はないと思います。他の方でもかわらなかったと思います。

投稿日時 - 2008-02-09 16:28:46

ANo.1

こういう人には何を言っても無駄でしょうけど。

因果関係についてですが、これはないとは残念ながら言えません。
通常の注意であっても、相手によってはストレスとなりうつ病を発症する人もいます。
勿論あなたが謝罪する必要はありませんが、相手の親が通常の指導・注意であったことを納得するかどうかは疑問です。
実際には親の育て方の問題が大きいと思いますが、それを言えば相手は逆上するだけでしょう。

あなたとしては、通常の業務上の注意であってそれ以上のことはしてないことを話し、二度と電話をかけてこないようにいう。
相手の電話番号を着信拒否にする。
会社の上司へ事実を申告し、万一会社へ電話があった場合のことを相談しておく。

残念ながらこれ位しか対応は出来ないでしょう。

投稿日時 - 2008-02-09 16:24:11

お礼

>あなたとしては、通常の業務上の注意であってそれ以上のことはして
>ないことを話し、二度と電話をかけてこないようにいう。
>相手の電話番号を着信拒否にする。
>会社の上司へ事実を申告し、万一会社へ電話があった場合のことを相談しておく。
教えて下さいましてありがとうございます。
良い案だと思います。

投稿日時 - 2008-02-09 16:27:00

あなたにオススメの質問