こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

教師と生徒との関係でトラブル

高校の息子の事で、悩んでおります。
息子は、理屈なところもあり、まっすぐな子ですが
強制されるのが何よりも嫌で納得できないことは絶対にしない。
聞くふりのできない、やるふりのできない子です。
逆に本気になったときのパワーはすごいものでやるときはやる息子。
こないだ、学校で問題を起こしました。
◆息子が先生の胸倉を掴んだことで、停学処分されました。
先生が息子のクラスの生徒にペンを投げたことに対して、
その生徒さんは、授業中に寝てた為何度も起こしても
また寝るの繰返しで、堪忍の袋を切れたらしく教壇の近くにいた
生徒さんのペンを取り、その生徒さんに投げたそうです。
その生徒さんが起き、「もし、顔に当たったらどうするんだ。」と
先生と口論。
そのとき、あとから来た息子が割り込んだらしく
その理由を聞いて、先生がその生徒さんが悪いということで
息子は、ペンを投げるより他の方法でやればいいのでは?と
口論し、その生徒さんに謝れ!と言ったにもかかわらず
あとで謝ると言いながらなかなか謝らないため先生の胸倉を
掴んだ。
息子は理由があったから胸倉を掴んだから停学処分で
先生は理由があったからペンを投げたのに処分しない。
それはおかしいと言う息子。
親がいくら説得してもなかなか納得いかない息子。
それほど頑固です。
仕方がないという受け止めて欲しかったのですが、、、
どうしたら、納得できるように説明したらいいのか、悩んでいます。
もうひとつ、
◆体育授業のこと
息子が骨折した為休んだ分を頑張る気持ちで出席したにもかかわらず
顧問から「お前は相手にしない。来なくていい。」というような事を
言われた為にやる気をなくし、顧問と言い争ったそうです。
なぜ、生徒の気持ちをもっと汲み取って考えて頂けなかったか?
顧問は息子の事を気に入らないかもしれませんけれどもあんなに突き放して欲しくないと思っていますとのことを顧問に伝えたところ、
そういうことは言ってないとのこと。
息子が嘘をつくわけがない。
ごまかす教師がいるでしょうかね???
この場合は、どうしたらよいでしょうか。。。(TT)

投稿日時 - 2008-02-05 23:08:27

QNo.3748432

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(11)

ANo.11

理屈ではなく、息子さんがその先生に対して日頃から抱いている感情というか、印象を聞いてみたらどうですか?察するに、たぶんあまりよい印象はないのでしょう。その「あまりよい印象ではない先生」が、自分のクラスメイトに高圧的な指導をしたから感情的になった、ということではないですか?そもそも、なぜ他人の問題に割り込むのでしょう?

息子さんが、そのような自分を客観的に振り返ることができているかどうかです。

そして、ペンを投げた先生が処分をされない、というのは、校内でその事実が明るみになっているのかどうかはわかりませんが、たとえ校長が知ったところで「不問」にする程度のできごとでしょう。息子さんがそれを許せない原因は、つまるところ、「ペンを投げた先生のことをよく思っていない」というところでしょう。もしこれが仮に尊敬する先生がしたことであれば、まったく逆の反応でしょう。

胸ぐらをつかめば、停学になるというのは常識的な対応です。これは「そういうものだ」と教える必要があります。おそらくすっきりと腑に落ちることはないでしょう。保護者であるあなたが、息子さんがこれ以上悪い立場に立たされないよう気をつける以外に、ほかに今すべきことはないでしょうね。高校生ぐらいであれば、そのような社会とのぶつかりを幾度も経験することが必要です。幼児が公園で転んだ、と同じレベルでおおらかに受け止めておきましょう。(親としての心配は多々あるでしょうが。)

体育教師とのことも同様です。

息子さんに対しては、「意思は伝わらなければ意味が無い」ということをきちんと伝え、受け取り方は人によってさまざまであることを伝えるべきです。「一生懸命さ」や「真実」を心の中に抱いていも、伝わらなければ意味が無いし、他人にわかってもらうということは意外に難しいことであるということを学ばせるチャンスでしょう。あるいは、そこに目を向けようとしない大人も多いということを伝える必要があるでしょうね。そうやって、「自分の物差し」に磨きをかけていくよい機会ではないですか。

親が介入して学校に働きかけるのは、普通は小学校までです。親が出て行くとき、それは例えば退学処分になりそうだとか、そういった、人生に対して取り返しのつかないような大きな影響が出てしまう場合に限ると思いますよ。

投稿日時 - 2010-12-11 21:10:16

ANo.10

> 息子が嘘をつくわけがない。

さて、嘘で無ければ真実でしょうか。ここが人の陥る落とし穴です。

もちろん、息子さんは嘘などついていないのでしょう。ですが、息子さんに状況が客観的に見えているとは思えません。人はどんな場合でも、自分の物差しでしかものを見ることは出来ません。その物差しが、人とどのようにずれているのかを知り、堪えつつそれを修正できるようになってはじめて一人前の大人ですが、息子さんの行動からはそれが見えません。そして、質問者のあなた自身からも。

まず、教師が生徒にペンを投げたことと、生徒が教師の胸倉を掴んだことを等価に並べているのが、第一のずれです。
一般に、生徒が教師に暴力的手段で何かを訴えることは、100人中99人は悪いことと考えることで、「絶対悪」に入ることです。一方、教師が生徒に暴力的手段で教育を行うことは、「体罰」といい、一応、表向きには禁止されていることではあり、このケースでは妥当なものとは言いがたいものですが、それでも「体罰」は「必要悪」と考える人も少なくなく、等価とはいえません。
また、教師が生徒に「眠るな」というのは、100人中99人が「正しい」と考えることですが、教師に生徒が謝罪を要求するというのは、むしろ「不遜」と捉える向きも少なくなく、やはり正しいこととも言い切れません。
この2つの事象を「等価」と考えるのは息子さん、あるいはあなた方親子の物差しではそうなるというだけのことで、世間一般では多少なりとも差異があることなのです。

「体育の授業のこと」も、教師が言った言葉を「一言一句」聞いて見なければ、ことの当否は判定できません。しかるに、あなたは「息子が嘘をつくわけない」から、「ごまかす教師」と半ば決め付けています。

この場合大事なことは、相対する相手か、せめて第三者から状況を正確に聴取し、多くの人の意見を聞き、事の当否を冷静に判断することです。なお、息子さんの友人は「第三者」とはいえません。第三者がいない場合でも、たとえば「体育授業のこと」であれば、「息子があなたの発言で傷ついたようなのですが、なんとおっしゃったのですか?」などと、穏当な態度で状況を聴取し、それを冷静に判断しなければ真相は見えてきません。それを、
> 顧問は息子の事を気に入らないかもしれませんけれどもあんなに突き放して欲しくないと思っています
では、はじめっから話し合いの余地も無く、教師の態度も無理からぬところがあります。

要するに、あなたとあなたの息子さんの態度では、「どっちもどっち」というのが、世間一般の「物差し」からの見え方なのです。

「どうしたらよいでしょうか」と、いうことでしたら、「文句を言う前に、まずは相手の言い分を良く聞く」ということに尽きます。あなたの息子さんにも、あるいはあなた自身にも、それが一番欠けているように思います。

念のため、これは、「経験者」として申し上げます。それだけで、ずいぶんと世の中が変わって見えてくるものです。

投稿日時 - 2009-01-04 21:44:27

ANo.9

・ペンの件について
忌憚なき事を言ってしまえば、いくら友達をかばったからといって、教師の胸倉を掴む程の事とは到底思えません。寝ているほうにも原因がありますし、「謝れ!」と言ったかどうかはしりませんが、割り込むものでも本来はないと思います。
・授業について
確かに態度こそ問題でも、学校側には二次的被害を防止する義務があります。もう少し言い方より、本質を見極めてみてはいかがでしょう。

詰まるところ、最近の子どもは大人でも自分達でも対等だと思っている傾向にあります。確かに間違っているものは間違っていると通すのも悪くはないでしょうが、先生の胸倉を掴むなんて社会通念上、または先生のほうからしたら、それの方が納得のいかないところです。
確かに、納得のいかない事も多くあります。自分も中学時代には教師に牙を向いていた時期もありました。しかし、そろそろそれだけではいけない。教師と生徒は対等ではない。自分の思い通りの世の中いく事の方が珍しいし、高校生なのだからもう少し大人になって欲しいということを踏まえ話し合って頂きたいと思います。そして停学の重さをしっかり受け止めるように息子さんにお話下さい。失礼ですが、息子さんがあまりにも幼く感じてしまいました。

投稿日時 - 2008-02-17 15:33:42

ANo.8

お返事頂きましてどうも有難うございました。
よく状況がわからないまま、勝手に色々なことを書いて大変失礼いたしました。

大きなお世話でしたら大変申し訳ないですが・・・。
ちょうどこれから編入試験の時期だと思うので、お礼文を読んでいて、息子さんは気分一新する意味でも、どこかの学校の編入試験を受けてみては如何でしょうか?
きっと今の学校にすっかり不振感を抱いているのだと思います。
でも他の学校に1回くらい移ってみてもいいような気がします。
何か新たな道が開けるかもしれません。
お住まいの都道府県の教育委員会に編入試験について、問い合わせてみると、情報を提供してくださると思います。
どうぞお母様(お父様だったらすみません)、あきらめないで頑張ってください。

投稿日時 - 2008-02-15 19:05:48

ANo.7

正直な感想として、元気が良くて正義感が強すぎるあまり色々なトラブルを起こしてしまう。でも根は優しくておもしろい男の子を想像しました。
・停学処分の件
息子さんに、こう言っては如何でしょうか?
生徒さんのペンを投げて起こそうとした先生は親切な気持ちでやったことで、あなた(息子さん)がそれについてとやかく言う立場ではないし、もともと先生が何度も起こしたにもかかわらず寝た生徒が悪いのだから、あなたは放っとくべきだった。それが納得できないなら学校をやめなさい。その考えを改めないと、たとえ他の学校に転校しても同じようなトラブルが起きるでしょうね。
世の中は、こんな事件よりもっと納得できないことはいくらでもある。例えば、歩道を「どけ!」といわんばかりに自転車がベルを鳴らしても、本来歩行者優先すべきの歩道なのに、たいていの歩行者は仕方なく自転車をよけるでしょう?いちいち歩行者が自転車に向かって、「あんたは間違ってる。道路交通法では・・・」など呼び止めて説教していたらきりがないでしょう?「納得できない」「きまりではこうだ」なんていちいいち言っていたら世の中生きていかれないよ!社会に出たら、上司が間違ったことをいっても、おかしな客がでたらめなクレームを言ってきても、「申し訳ありませんでした」といわなきゃいけないことばかりなんだよ。
自分が正しい、相手がおかしいなんて決め付けないで、もっと頭の中身を柔らかくしないと、そのうち周りの人々が全てあなたにとって「悪い人」になっちゃうよ。世の中極悪人だらけのつまらな~い世界になるんだよ。友達もそのうちみんな離れていっちゃうよ。そんなの寂しい人生じゃない?
・体育授業の件
「授業」とかいてありますが、部活ではないですか?もし部活だとしたら、授業より厳しいことを言わざるをえない場面もあるかな?と思います。
或いは、「相手にしない。来なくていい。」と顧問の先生が言ったのは、もしかすると骨折あがりではまた痛めるかもしれないから、完全に回復してから来なさいというつもりではなかったですか?
それともこの件だけではなく、普段から顧問の先生に対して何かと指導に批判的だったり、敵対心をもっていたりしていたのかな?
どちらにしても、この文面だけでは本当にどうだったのかがよくわかりません。
私の勝手な想像では、顧問の先生は本当に「そういうことは言っていない」ような気がします。息子さんの勘違いか、出鼻をくじかれて(?)ただむしゃくしゃしただけのような気がするのですが・・・・。
久しく怪我で休んでいた子が戻ってきたら、顧問の先生は「嬉しい」と思うのですが・・・・・。
いずれにせよ息子さんのいう事だけをそのまま受け取らない方がいいと思います。

息子さんの学校の先生方がそんなに変な方ばかりなのか?よくわかりませんが、他人を変えるのはとても難しい事で、自分が変わるしかないという事を息子さんに教えてあげたら如何でしょうか?
息子さんのお話を聞いてあげる、でも半分は「隣りのおばさん」のつもりで、「まあ、それは腹がたつねえ!」あとは知らない!一人で頑張ってね!というちょっと突き放した気持ちで丁度いいのではないでしょうか?
息子さんも、そろそろ自立して生きていかなければいけないのですから・・・。

長くなりましたが参考にして頂ければ幸いです。

投稿日時 - 2008-02-08 22:01:59

お礼

ありがとうございます。

ペンの件では、確かに息子は関係ないことです。
級友をかばってたと思います。
それだけでなく、以前に同級生同士でふざけ合っただけなのに
先生は見ただけで判断し、すぐ校長にイジメがあっているとのことを報告し、その子に反省文を書かれたことがあったため、息子はそれを聞いておかしいと。。。
他にも色々あり、息子は学校に対して疑問とか抱くようになり、
学校での出来事を私に報告してきます。
だから、私は息子がいう事をそのまま鵜呑みしていません。
体育は、部活ではありません。
授業です。
そういう言い方があるかもしれませんね。
先生とうまくかみ合わなかったかもしれないでしょうね。
色々とありがとうございました。

投稿日時 - 2008-02-15 17:10:13

ANo.6

こんにちは。
他の方々もご回答の通り、教諭も息子さんもどっちもどっちだと思います。理由が正当だろうが不当だろうが、暴力に訴えた時点で同じ穴のムジナです。
高等学校は義務教育ではありませんので、無理に通う必要はありません。問題意識を持って前向きに取り組む姿勢さえ失わなければ、むしろ他の世界(息子さんの性格や生き様を尊重してもらえるような)で能力を発揮するフィールドはいくらでもあります。

問題は親御さんの対応です。息子さんと一緒に一方的な事実関係だけで学校にガヤガヤクレームをつけるとモンスターペアレンツの仲間入りですよ。「お前のやった事だ、自分でケジメつけろ」と突き放すのも愛情だと思います。

投稿日時 - 2008-02-07 12:53:34

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-02-15 17:11:18

ANo.5

公立高校で英語を教えています。

停学処分ということであれば、教育委員会へも報告され、校長から申し渡しを受けているはずです(教育委員会が了承しなければ停学処分にはできません)。事実関係の真偽はわかりませんが、職員会議等で他の職員も連絡されています。その過程で疑義があれば問われるはずです。そこをスルーしている(停学処分に反対する職員がいなかった)ということは、日常の生活にも問題があったのでは推測します。突発的な出来事で、1回目だとしたら停学処分は重すぎると思いますから。いい加減な教師がいることは認めますが、学校全体で見れば、そういう教師は少数です。多数のまともな教師が停学処分に反対しなかったということだけでも、日常生活に問題があったのではないかと推測します。いずれにせよ、停学処分になったということは、学校および教育委員会の意志表示です。

停学処分にするということは、将来の進路にも大きく影響します(まず就職はできませんし、学校推薦の進学も無理です)し、指導要録にも残ります。このまま意地を張っていても出席不足で留年→退学になると思いますが、それでも意地を通すつもりでしょうか?反省して、復学しても、次に問題を起こせば、次は退学処分まで行くかもしれません。謝る気がないのなら、思い切って転学する方がいいかもしれません。

裁判に訴えても、学校だけでなく教育委員会も支持している指導ですから、勝ち目はないし、恥をさらすだけです。

大人ならわかると思いますが、世の中には納得いかないようなことでも頭を下げないといけないようなことは山ほどあります。今回のことは子供にも十分に反省すべきことがあると思いますが、この程度のことで反省し謝罪することができないようなら、将来、もっと大変な思いをするのは容易に想像できますね。

部活の顧問とのことはよくわかりませんが、#4の方の回答にあるように、子供の言うことを鵜呑みするのはやめた方がいいと思います。頭としっぽをつなげたような話をすることはよくあることですから。いずれにせよ、部活の顧問とのいざこざは今回の停学処分とは関係ないわけで、そのようなことを持ち出しても、子供の反省を促すことにはつながりません。保護者がそのような思いを持っている限り、子供は反省しないのではないですか?教師の方にまったく非がなかったとは言いませんが、教師の胸ぐらをつかんでいて、おとがめなしというわけはないでしょう。ちなみに、私の勤務校なら停学処分にはせずに自主退学を迫ると思います。

投稿日時 - 2008-02-06 20:34:01

お礼

ありがとうございました。

停学処分のことですが、教育委員会へ報告しておりません。
学校側で、職員会議の上で申し渡しを受けました。

最後に言っておきますが、子供の鵜呑みはしておりません。
学校で出来事とか必ず報告し、「おかしくない?」とか
色々意見などを話し合っています。
息子が悪い事したときはもちろん自分から言いませんし、
都合の悪い事など言わない子なので信じています。

投稿日時 - 2008-02-15 17:15:13

ANo.4

処分は胸ぐらをつかんだことに対してであって、
その経緯は関係ありません。
揚げ足を取るような表現をすれば、
先生に対して胸ぐらをつかむ以外の方法がありながら、
その理屈を振りかざすのは、自己矛盾ですね。

ペンを投げた教員の側にも問題はありますが。
何度も起こすのはかなり良心的対応です。
授業に参加する意志が無く、参加もしないなら
欠席扱いにされても、あるいは追い出されても、
文句は言えません。

部活については、経緯が分からないので何とも言えません。
ただ、『息子が嘘をつくわけがない』という思いこみは、
かなり危険です。
高校生にもなれば、隠し事もすれば、ごまかしもします。
嘘は言っていないけど、自分の都合の悪いことも言わない、
こういった消極的虚言をするのが普通ですから。

投稿日時 - 2008-02-06 15:19:40

お礼

ありがとうございました。
息子は学校で自分が起きた問題は、決してごまかしなどは
しません。
正直に言う子なので、私は信じています。
学校の方針など、疑問を感じたことなどは私達に
話して一緒に話し合ったりしています。それだけです。

投稿日時 - 2008-02-15 17:18:49

ANo.3

 文面を見る限りでは息子さんは間違っていないと思います。
 ただ、問題だと思うのはdreameloveさんも息子さんに対しての学校の処遇に納得されていないのに息子さんに納得してもらおうとしていることだと思います。←文章を読む限りそう感じ取れました。
 ここは無理に丸く収めようとしないで、息子さんと一緒になってdreameloveさんも納得がいくまで学校の公式見解を要求されてはいかがでしょうか!?
 また、息子さんの意見と学校の意見は、立場の違いから当然事実の解釈も異なってきますので、級友の話を聞くなど、第三者に意見を求めて客観的な情報を入手するのも納得するための有効な手段なのかもしれません。

投稿日時 - 2008-02-06 10:45:01

お礼

ありがとうございます。
体育の件、こないだ、息子の同級生たちが遊びに来られて
ちょうど、そのことについて話を聞きました。
やはり、はっきり言ったのを見たと言っておりました。
もう済んだことなので、息子達はもういいと水を流しました。

投稿日時 - 2008-02-15 17:21:54

ANo.2

 胸倉~について
観点がズレてませんか?
ペンを投げた行為を肯定してる訳ではありませんが、何度も寝ていたことが原因ですよね。
息子は、ペンを投げるより他の方法でやればいいのでは?と口論し、その生徒さんに謝れ!とのこと。
1番の問題は寝ていたことですよ。それがなければペンを投げる必要がなかったわけですよ^^;
級友をかばう気持ちわかりますが、そういう何が原因でそうなったのかを息子さんと話すのが良いのかな?って思いました。
 体育~について
たぶん、骨折していたのだから「無理しないように」って意味合いのことを言ったのではないでしょうか?
ですが息子さんはそれを「お前は相手にしない。来なくていい。」と解釈されたのではないのでしょうか?
話し手と受け手の解釈の違いのような印象を受けました。
 息子さんがカワイイ気持ちわかりますけど、もう少し客観的に見た(公平な立場からの)意見を話しあった方がよいような気が致します。
(子供から見た視点での対応に思えました。)

投稿日時 - 2008-02-05 23:43:58

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-02-15 17:22:30

ANo.1

>◆息子が先生の胸倉を掴んだことで、停学処分されました。
このことについては息子さんが正しいですよ。胸倉をつかむのは絶対に良くないことで謝らせたほうがいいですけど、担任の行為について、ちゃんと違うことは違うという正義感の強さについてはあなたはちゃんと認めてあげて、そのことに関しては先生に父として伝えなきゃ、息子さんが可哀想だし、息子さんは何でも仕方がない・相手が悪いことしてもほっとけばいいんだって考えになりますよ!
>◆体育授業のこと
あなたがちゃんと息子さんを信じてあげることを、息子さんに話してあげることです。

投稿日時 - 2008-02-05 23:21:20

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-02-15 17:22:57

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-