こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

海外旅行保険の注意点

はじめまして。よろしくお願いいたします。
現在、25歳、女性の会社員です。
今度、会社の仕事で、欧州のスイスとフランスに出張に行くことになりました。10日間ほどです。初めてのヨーロッパです。

いつも個人的な海外旅行のときは、ネットなどの安い旅行保険を申し込んでいきます。今回もネットか何か(会社を通じても申し込める模様)で頼もうと思っていたところでした。

そんな中、初めての海外出張ということで、会社から法人カード(コーポレートクレジットカード)を支給されました。
もちろん、私の名前で、主に海外出張時に発生した料金を払うものです。ゴールドカードでした。

ゴールドカードは持ったことが無いのですが、利用書をみると、
海外旅行の自動付帯保険として以下のような内容がついておりました。
【クレジットカードでの自動付帯保険内容】
※保障期間は1旅行中につき最長90日間でご旅行のつど適用されます。
●障害による死亡・後遺障害5000万円、●障害による治療費用300万円、●疾病による治療費用300万円、●携帯品の損害1旅行中および保障期間中50万円(一事故につき事故負担金として3000円を保障金額から控除させていただきます)、●賠償責任5000万円、●救護者費用400万円。
*個人で加入されているクレジットカードに付帯されている自動付帯保険(海外旅行傷害保険一障害による死亡・後遺障害の場合)とは別に5000万円がお支払い限度額となります。

以上のような内容です。私は、保険のことはよくわからないのですが、これで十分ではないか?と思ってしまいました。でも、プロの目で見たときどうでしょうか?
足りない項目、これは入っているべきだという項目、この金額では足りないという項目がありましたらぜひとも教えてください。
また、足りない分を補うために入る場合は、どのような保険を利用したら安く経済的に済むかもあわせて教えてください。よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2008-01-29 23:02:22

QNo.3726249

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

ご存知の通り海外での医療費は、日本では想像できないほど高額です。文面から判断すると、障害による治療費300万円、疾病による治療費300万円が少ないようですから、これを別途に海外旅行保険で組まれたら充分だと、思いますよ。それぞれ最低1000万円くらいは必要でしょう。

投稿日時 - 2008-01-30 07:41:06

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.3

No.2さんと同意見です。大腿部骨折に因る人工骨埋め込みや、肺炎に因る長期入院でしたら、一千万単位が必要ですが、盲腸炎手術でしたら、米国1400千円・英国1300千円・フランス530千円・ドイツ370千円と事例発表があります。
それより、お持ちのコーポレートカード付帯の保険が、海外アシスタンスサービスが付いているかどうか確認してください。付いていないと、立替払いして、帰国後請求となります。(たぶん、付帯保険金額から見
て、付いていると思います。)
また、帰国後、健康保険も使える場合が有ります。
では、気をつけて行ってらっしゃい。

投稿日時 - 2008-01-30 11:24:14

ANo.2

損保の仕事をしたことがある者です。
10日ほどの出張なら、これで十分じゃないかと思います。
パッケージでお売りするのは大体こんなものです。
特に疾病による治療費は高くカバーできないのが海外旅行保険の特徴です。
確認するべきは障害による治療費に救援費(僻地で事故に遭って
ヘリコプターで移送する経費)が含まれているかどうかです。
それを込むなら300万円では少ないと思いますが、ただ行かれる国が医療
レベルの高い国なのでなくてもそれほど深刻ではありません。

投稿日時 - 2008-01-30 10:53:02

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-