こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

確定申告

フリーターです。諸事情により、3日で辞めてしまったアルバイトがあります。給与は3日で1万円ほどでした。

現在はメインのアルバイトのみで生活していますが、アルバイト先の年末調整ではなく、自分で確定申告をしようと思っています。

確定申告の際、3日で辞めてしまったアルバイト先の源泉徴収書も提出する必要があるのでしょうか?
給与明細も貰っていないのですが、そちらのバイト先に源泉徴収書の交付をお願いした方がよいのでしょうか。

扶養には入っていませんが、年間所得は、貯金で暮らしていた時期があるため、他のアルバイトの所得と合わせても103万以下だと思います。

投稿日時 - 2007-12-06 16:23:40

QNo.3575961

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

その3日分以外に、落としている分が無く
現在のアルバイトの収入が100万未満ならば、現在のアルバイトの源泉徴収票(年調未済)で確定申告すればよろしいでしょう

投稿日時 - 2007-12-06 17:17:17

お礼

返事遅くなってすいません。
そうですか。安心しました。そのアルバイト先の店長と揉めてしまって辞めたので、困っていたんです…。本当に助かりました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-12-06 18:11:24

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.1

◎確定申告をする法的義務について:
年間の給与の合計額が103万円以下で給与以外の収入がないならば、所得税の計算上、税額がゼロなので、確定申告をする法的義務はありません。【所得税法第百二十条第一項】

◎還付の為の確定申告をする法的権利について:
年間の給与の合計額が103万円以下で給与以外の収入がないならば、所得税の計算上、税額がゼロなので、もし給与から所得税が源泉徴収されているならば、確定申告をすることによって、源泉徴収された所得税の全額還付されます。確定申告しないと還付されません。【所得税法第百二十二条第一項】

給与所得の確定申告をするときは源泉徴収票が必要になるので、その交付をお願いすべきです。ちなみに、会社は、退職社員に対して、本人の希望の有無に関係なく、退職後1箇月以内に本人に源泉徴収票を交付しなければならないと決められています。【所得税法第二百二十六条第一項】

投稿日時 - 2007-12-06 16:44:59

お礼

こんなに早く解答を頂けるとは思ってなかったです。ありがとうございます。
申しわけありませんが、補足で質問をお願いします。

今のメインのアルバイトの給料明細を観ると、所得税が引かれている様なので、出来れば確定申告をしたいと思っているのですが、確定申告を行う際は、その3日間だけのアルバイトの源泉徴収書も必ず必要なのでしょうか?おそらくそちらは所得税は引かれていないと思いますし、3日間で辞めることになったという関係上、あまり催促しにくい部分があるのですが…。そちらの所得を無視して確定申告を行った場合、やはり違法と言うことになるのでしょうか。

投稿日時 - 2007-12-06 17:02:03

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-