こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

「ソドム百二十日あるいは淫蕩学校」は“文学”か?

『ソドムの市』(そどむのいち)を3年ほど前にビデオレンタルしました。
マルキ・ド・サドの『ソドム百二十日あるいは淫蕩学校』を原作にし、
舞台を第二次大戦下に置き換えて映画化したと聞きました。

人によっては、最近ではもっと刺激的な映像も有るとおっしゃいますが、
当方には、この上なく後味の悪い映像として脳裏に焼きつきました。
(この映画の監督の死に様も、当時は話題になったようですが、それはさておき・・・)

あいにく原作を読破しておりません。
日本語訳のものでしたが、どうにも映画の“トラウマ”が強すぎて、途中で止めました。
恥かしながら、サドの他の作品も幾つか手に取ってみましたが、どうにも身体に馴染めず、読破できずじまいです。

マルキ・ド・サドの名は「サディズム」の語源だとも聞いた覚えがあります。

文学とは?・・・過去質問によれば・・・と、言うより、さまざまな解釈が有るようです。
http://okwave.jp/qa2576584.html

この例になぞらえれば、サドの他の小説も“文学”足りえるようですが、
日頃“文学”に馴染みの無い輩としましては、昨今の“大衆官能小説”にも劣るような書物には、
“文学”の称号を与えたくも有りません。

「サド」の書物は“文学”足りえるか?
このジャンルにお詳しいかたがたのご意見をぜひ拝聴させていただきたく思います。

なにぶん、当方、文章力に乏しく、表現性の無いお礼に終始せざるを得ません。
どうぞ、宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2007-12-01 23:02:54

QNo.3563405

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

ANo.1

サドは「文学」たり得るのか。

このご質問への回答は、
(1)「文学」の定義如何により、肯定的にも否定的にもなります。
(2)質問者さんが「文学」と認めたくないのなら、答は否定的です(当たり前ですが)。
(3)大学の文学部で卒論のテーマになり得るなら「文学」でしょう(か?)。
(4)読む人がその表現に深く感動し新たな人間理解につながるなら「文学」たり得るかも。
などでしょうか。

つまり、大上段から「文学かどうか」を問うことは、それにかなりの時間を費やしてもそう実りある結論を導くことにはならないと思われます。
「サド」のような性の切り取り方を嫌う人は、「文学性」以前の好悪により拒絶し、「文学ではない」と結論づけるでしょう。
それだけのことです。

それより、なぜサドが「文学でない」かを質問者さんが「展開し」それが読者のこころを打つかどうかが大切なのでは。
レッテル貼りは当座の自己満足にしかつながりません。

個人的には、「文学とは紙の上での犯罪である」と考えておりますので、サドの作品は文学の範疇に「入る」と思います。

不尽。

投稿日時 - 2007-12-01 23:36:41

お礼

有意義なご解説を有難うございました。

投稿日時 - 2007-12-01 23:41:39

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-