こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

厚生年金保険と厚生年金基金

年金に関して、無知なので教えて下さい
子供が生まれまして、生命保険の見直しをしている所なのですが。。。
主人の扶養になっています
主人は現在31歳で、私は32歳、子供は8ヶ月です

保険屋さんに、今日、簡単に説明されたのですが
仮に、主人が亡くなったとして
遺族年金として、厚生年金から私に年に約60万支払われると言われました
その他、子供が18歳になるまで、私に国民から年/約80万、子供に年/22万支払われて、月に約14万くらい入るので
その他に生活費として必要な額が、保障額となると言われました
そして、子供が18歳以降(私が50歳から)15年間は、年/約60万
そして、15年以降は(私が65歳から)年金が年/80万
と聞きました
説明不足で申し訳ないのですが、これがどう言う意味だかわかる方、教えていただけませんか?

そして、厚生年金とは掛けた年数だけ支払われる物とは違うのでしょうか?

それと、主人の給料明細に「厚生年金保険」と「厚生年金基金」と言う欄があったのですが、この違いを教えて下さい

投稿日時 - 2007-11-28 21:26:21

QNo.3554998

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.2

> 遺族年金として、厚生年金から私に年に約60万支払われると言われました
> その他、子供が18歳になるまで、私に国民から年/約80万、子供に年/22万支払われて、月に約14万くらい入るので
 お子様が18歳に達した後最初の3月31日までは、推定額162万円/年
  ・遺族基礎年金:約102万円
    79万2000円+子の加算(第1子)22万7900円=1,01万9900千円
  ・遺族厚生年金:60万円(保険会社の推定した額)

> そして、子供が18歳以降(私が50歳から)15年間は、年/約60万
 この間は遺族厚生年金のみなので推定額60万円/年
   遺族基礎年金は「子」又は「(対象となる)子のある妻」に支給
  されるが、全ての子供が18歳を超えたので支給されなくなる。
 尚、ケースによっては更に「中高齢の寡婦加算」が付きます。

> そして、15年以降は(私が65歳から)年金が年/80万
ご質問者自身の老齢基礎年金の事でしょうか?金額に疑問がありますね。

> そして、厚生年金とは掛けた年数だけ支払われる物とは違うのでしょうか?
 遺族厚生年金に限って答えますと、短期要件と長期要件と言うものがあります。
 短期の方は実際に支払った月数ではなく、一律300月(25年)支払い済みとして計算されます。
 長期は被保険者期間が300月以上の人が亡くなり、遺族が『長期で払ってね』と請求した時に適用され、実際に支払った月数(=厚生年金の被保険者期間)で計算されます。
 [この段落は、法条文ではなく、実際の手続き方法に即して書いております]

【社会保険庁 遺族年金】
http://www.sia.go.jp/seido/nenkin/shikumi/shikumi04.htm
【遺族厚生年金】
http://www.nona.dti.ne.jp/~nenkin/kiso/kiso_17.htm

> それと、主人の給料明細に「厚生年金保険」と「厚生年金基金」と言う欄があったのですが、この違いを教えて下さい
 至極簡単に説明いたします。
 厚生年金基金とは、厚生年金より厚い給付をする事を条件に、厚生年金保険料の一部を自主運営することが許された団体です。
【厚生年金基金】
http://www.zenkuren.or.jp/nenkin/kousei.htm

投稿日時 - 2007-11-29 13:17:43

ANo.1

>厚生年金とは掛けた年数だけ支払われる物とは違うのでしょうか?
 厚生年金は1ヶ月でも払えばもらえます。長く払えばそれだけ多くもらえるものです。

>主人の給料明細に「厚生年金保険」と「厚生年金基金」と言う欄
 「厚生年金保険」は公的年金、「厚生年金基金」は私的年金のように考えられます。
 「厚生年金基金」は「厚生年金保険」に+αして通常よりもらえる金額をアップさせるものです。
 加入は事業所や企業の判断や選択によります。

投稿日時 - 2007-11-28 22:53:55

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-