こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

電磁誘導に関するファラデーの法則について

標記法則の説明について色々な図書を調べているのですが、
正確な説明がわかりません。

電磁誘導によってコイルに誘導される起電力の大きさは、子いると交差する磁束の変化する割合(速さ)に比例する。
コレだけが標記法則をさすのでしょうか?
それとも、
電磁誘導によってコイルに誘導される起電力の大きさは、子いると交差する磁束の変化する割合(速さ)とコイルの巻数に比例する。
が正しいのでしょうか。それとも他に正確な説明がありますでしょうか。
よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2007-11-25 20:16:07

QNo.3546351

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

 ファラデーの電磁誘導の法則は、
 「閉じた経路に生じる起電力は、その経路を貫く時速の時間的変化に比例する」
 というものだと思います。そこにコイルがあれば、起電力に応じた電流がコイルに生じるし、それがN回巻きのコイルなら、そのN倍の起電力になる、ということでしょう。コイルがあってもなくても起電力は生じています。

 要するに「起電力が生じる」ことが基本で、コイルがあるかないか、コイルが何回巻きか、というのは付随的なことだと思います。

 ただ、「N回巻きのコイルではN倍の起電力になる」といってしまうとファラデーの法則でなくなる、というほどのこともなく、それも含んでいる、ということでいいのではないでしょうか。

投稿日時 - 2007-11-25 21:53:07

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-12-05 19:22:51

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-