こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

成人式に参加する意義

私は来年新成人となる現在20歳の者です。
少し気の早い質問のように感じますが、私には20歳になった今でも成人式に参加する意義が理解できず、参加することになめらいを感じているため、皆様にご教授いただこうと思い、質問を申し上げている次第です。

理由を申し上げますと、
『成人』とは『成長して一人前になること』であり、『成人式』とは『それを祝福するための式典』とよく耳にしますが、
私自身が全くと言ってもいいほど成人としての自覚がなく、まだ親の助けで生かして頂いている身でもあるため、上記で定義されている器ではありません。
身体は大人といえど、成人、と言う言葉には到底及ばないほど、精神、立場的には未熟なのです。
ですから、私は身体が大人になったことに引け目を感じ、大人になった、と自分を認められないため参加したくないのです。
それには、形だけで参加しても、毎年のように暴動で報道される新成人の方々と内面的には何ら変わりがないと私自身が感じていることが理由です。

ことが近づくまでは、参加するのが道理であり、当然のことのように感じておりましたが、私のような者が『成人』として認められることが、上記の定義の『成人』に値する方々に申し訳なく感じます。
同級生に会えるという理由や、歳がそこに達したからという理由では、本質的な理由で参加する資格がないように思います。

つたない文章で長々とお書きして申し訳ないのですが、私の質問とは
成人式には、歳が達すれば大抵の方は参加されていきますが、その表面的な理由のみで参加してもいい式典だと思いますか?(社会的視点で)
また、できれば上記の理由により、私は参加を自粛したいのですが、見当違いなのでしょうか?

投稿日時 - 2007-11-22 03:09:29

QNo.3537812

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

お若い方でもこのように成人式について、また自身の成長について真剣に考えている姿を拝見し、質問者様の思いとは別に喜ばしく思っている次第です。

当方、30代(♀)ですが、独学で心理学を学んでおります。
その観点から、アドバイスになるかわかりませんが、拙いながらコメントさせていただこうと思います。

先ず「成人式」とは、通過儀礼(イニシエーション)のひとつだと思っております。分野としては民俗学になってしまうかもしれませんが、色々な民族で、成長ごとにある「儀式」を行うことは少なくありません。ユング心理学の日本での第一人者である河合隼雄氏の書物に、下記のような一説があったことを記憶しています。

「どの民族でも神聖なる儀式を持って、自身の成長を自覚することができたのだが、現代日本においては宗教性の無さと言う観点でもあるが、成人式などの儀式は形式上のものとなっており、本来の意味をなさないものとなっている」(抜粋ではなく記憶で書いているので、多少の違いがあるかもしれません)

その一説を読んだときに、確かに日本国民は宗教性に乏しく、故に道徳を学ぶ場が無かったりしているように思ったりします。(ちなみに私も無宗教ですが)例えばクリスチャンはキリストの教えを通して道徳を学び、復活祭や色々な行事(儀式)で、神に感謝する・・・などが通常ですが、今の日本にはそういった崇拝できるものがなく(している方もいらっしゃいますが)、故に儀式の重要性というのも薄れているように思います。

以下、通過儀礼について、サイトからの抜粋です。

「現代の日本社会に於いては、七五三などの幼少時の通過儀礼や、還暦祝いなどの老年期の通過儀礼は残っているものの、通常最も重んじられるはずの「子供から大人への通過儀礼」があいまいになってきている。現実に18歳以上の普通自動車運転免許の取得の資格、20歳以上の選挙権の行使など、一定年齢になれば法律上自動的に権利が与えられるものはあっても、儀式としては、形式的な成人式以外に通過儀礼と呼べるようなものが無く、通過儀礼がその役割を果たしていない事が大人と子供の境界をあやふやにしており、様々な社会問題の一因になっているという考え方もある。」

まさに上記の通りだと思っています。

さて、そういった意味で現在の成人式は形式だけで、中身のないものになり、当日のニュースと言えば情けない若者たちの姿を見るばかりではあります。

そんな中、私個人の話で恐縮ですが、私は成人式に出席しませんでした。理由は親友の父が成人式の2日前に亡くなり、喪にふくしておりました。私の父ではないのですが、本当に大事な親友のお父様ということもあり、私自身の参加も自粛し、その判断に悔いはありません。

ですが、一生に一度の行事となる「成人式」ですので、長々しいご祝辞の言葉も、同級生との再会も、ある意味では良い想い出になったかもしれないという思いはあります。あとで出席したいと思っても、それはできないことですから。

ですので、
>成人式には、歳が達すれば大抵の方は参加されていきますが、その表面的な理由のみで参加してもいい式典だと思いますか?(社会的視点で)
こちらについては、参加して良いと思っています。

成人式をとても真面目に考えられ、参加を自粛したいとお思いのようですが、私の勝手な思いではありますが、そういったしっかりとした考えを持っている方にこそ、参加していただきたいと願っています。
参加したうえで、少しでも成人としての「自覚」だけでも持っていただければ良いのではないでしょうか?成人式を機に自立・・・というわけでなないのですから。

勝手な意見ですが、私はそのように思います。

投稿日時 - 2007-11-22 03:34:17

お礼

ご返答ありがとうございます。
深く考えさせられる内容に、いたく感銘しました。

回答者様が言っておられる、いわゆる日本文化の伝達のための絶対的共通事項が欠けているという事柄には
確かにそうかもしれない、私を含め多くの若者にはその意思は伝わっていないのではないか
と、感服してしまいました。
というのも私には文化そのものが、日常とはかけ離れた、一種の仮想現実のようにさえ感じてしまうのです。宗教も同様です。
これはバーチャルリアリティー世代である私の特有の感覚かもしれませんが、回答者様が問題視しておられる事柄とも因果関係があるように感じます。

このような考えを受け、私も成人式の起原から現在に至るまでの軌跡を調べてみました。
私なりの解釈による意味の認識、新しい発見、考えの訂正・・・など
様々な影響を受け、いかに意義を把握するまでのバックボーンが時代とともに薄れていき、現在にいたるのかを考えさせられました。

成人式のルーツには、敗戦により虚脱状態だった日本の次代を担う若者を激励する。という啓発的な意味合いがあったのですね。
ですから

>参加したうえで、少しでも成人としての「自覚」だけでも持っていただければ良いのではないでしょうか?成人式を機に自立・・・というわけでなないのですから。

と回答者様が言っておられる通り、参加を検討し、私は自覚を促すべきなのかもしれません。
日本人、なのですから。

投稿日時 - 2007-11-23 00:24:19

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

ANo.4

私も成人式には参加しませんでした。
が…、今は後悔しています。

確かに学生さんですとご両親のお世話になりながらの身分だとは思いますが、逆にご両親への親孝行だと思って参加してはどうですか?

私は「面倒だし、着物をわざわざレンタルして親にお金を払って貰うのも悪いし…」と思い「参加しないよ」と両親に言いました(理由は面倒だからとしか言いません)。両親は「せめて着物の写真は撮りたいなぁ…」とちょっとガッカリした感じだったので着物の写真のみ撮りました。10年経った今でもとても大切に写真を飾ってくれています。

両親にとって成人式って七五三みたいな気分なんだと思います。「ここまで成長してくれたんだ!」と嬉しく思うんじゃないでしょうか?七五三もそんな感じですよね(笑)

成人式は「成人した自分の為」というよりも、「そこまで育てたご両親の為の喜び式典」だと思うのはどうでしょう?きっとご両親も成人式に出席したあなたを見たいと思っていますよ♪

投稿日時 - 2007-11-22 08:45:17

補足

ご返答ありがとうございます。

>成人式は「成人した自分の為」というよりも、「そこまで育てたご両親の為の喜び式典」だと思うのはどうでしょう?きっとご両親も成人式に出席したあなたを見たいと思っていますよ♪

おっしゃられる通り、私一人で20歳になったのではありませんね…
私に過去があるのも、未来があるのも、両親のおかげかと聞かれれば、私は首を大きく縦に振って頷けます。
そして、両親も節目としてとても喜んでくれると思います。

今は出席したいと考えておりますので、「そこまで育てたご両親の為の喜び式典」でもあることを頭に置いて、当日は振舞いたいと思います。

投稿日時 - 2007-11-23 01:34:56

ANo.3

私は参加しなくてもいいと思います。
でも偉いですね。しっかりした考えは関心します。私にも20歳の娘がいますがそんな考えもうとうないみたいで(悲)
私が20歳の時はすでに成人していたみたいなもので、でも着物は着たいのもあって引き換えだけ行って式には出ませんでした。
成人式なのね。おめでとうと言われてもピンとこず、なにがおめでたいんだと思っていました。式に出る出ないではなく本人の考え方だと思います。
私の場合はいい式典ではないと思いました。

投稿日時 - 2007-11-22 08:39:07

補足

ご返答ありがとうございます。

いえいえ、私の考えは一種の妄想のようなものです。
今回は成人式が主軸となりましたが、私はいつも自己の中での物事の処理に困ってしまうため、義務だとか、権利などというものに観点を置いて考えを述べたのです。
それは、いつも私の目が自分の内に向いていることを意味するような気がします。
20歳といえどみんな様々なことを考えています。それぞれ視点が違うだけですよ^^

>成人式なのね。おめでとうと言われてもピンとこず、なにがおめでたいんだと思っていました。式に出る出ないではなく本人の考え方だと思います。

参加について、全くもってそのとおりだと思います。
私も、質問を投稿するまでは参加しないつもりでした。
しかし、皆様のご返答でまた新しい考えにたどりつけたと思います。
引け目を持っており、私も、おめでとうと言われてピンとくる気はしませんが、そういう歳になったんだな、と素直に受け入れたいと思います。

投稿日時 - 2007-11-23 00:45:33

ANo.2

成人式はえらそうな話しをしたがる人がいてそれをありがたがる人はいるが、県が主催するわけでもないのに出かけやじられるといじける知事もいるくらいです(^^)

若い人にとっては「合同同窓会」程度の意味しかない。参加したければ参加し、したくなければ不参加でよく国民の自由です。理由もどうでも良い。参加する理由も参加しない理由も他人には関係ない。

小さな自治体だと成人の日に式典とは限らず(正月の休みに行う)、夏休みに行うこともある。うまく転居時期と重なれば3回招待状が来るでしょう。

投稿日時 - 2007-11-22 04:11:14

お礼

ご返答ありがとうございます。

全ては、社会全体の意識の低下による現実なのかもしれませんね。
私もその社会の意識の低い若者の一人ですが、今回の皆様のご回答により、少なからず意識を高めることができました。

私も現在を担う方々のお仲間入りをするのですから、式に出席し、私は『個』を確立し、恥ずかしい行為のないよう心がけたいと思います。

投稿日時 - 2007-11-23 00:44:45

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-