こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

★確定申告★2箇所からの収入★どちらも源泉徴収

2箇所より給与をもらっています。
A社(メイン)→ 年収120万 源泉徴収 社会保険加入
B社(業務委託)→ 年収18万 源泉徴収
A社では年末調整はありませんので自分で確定申告することになっています。昨年と同様の額ですのでおそらく税金が戻ってくると思いますが、今年はB社での収入があります。
もしも確定申告をする場合は A社とB社の収入をあわせた金額を申請するのですよね?
【質問1】
これを計算してみて、もしも申告したほうが、税金が多くなってします場合は申告しなくてもいいのでしょうか?
【質問2】
A社のみで確定申告 B社の分は年間20万までの収入は申告不要という
状況にあてはまりますか?

投稿日時 - 2007-11-07 22:26:11

QNo.3498569

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

ANo.1

>もしも申告したほうが、税金が多くなってします場合は申告しなくてもいいのでしょうか…

「スーパーで、レジを通すとお金を取られるので、だまって出てよいでしょうか。」
と質問しているようなものですね。
税金が多くなろうが少なくなろうが、申告しなければならない事例に該当するなら、申告しなければなりません。
まあ、その前に、申告しなければならないかどうかの確認が先ですけど。

>B社(業務委託)→ 年収18万 源泉徴収…

これの内容によりますね。
「給与」として支払われ、『源泉徴収票』が発行されるなら、20万円以下でも、本業の給与と合算して確定申告。

「報酬」などとして支払われ、『支払調書』が発行されるなら、【給与所得以外の所得で 20万円以下】に該当するので、副業分は申告不要。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm
『支払調書』は源泉徴収票と違って、受け取り者への発行が義務づけられているわけではありません。
もらえなかったら請求します。

「報酬」などとして支払われる場合で、源泉徴収されるのは、下記サイトにある特定の職種だけです。
質問者さんの職種が載っていず、源泉徴収されているのなら、「給与」である可能性もあります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2792.htm
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/aramashi2006/mokuji/05/01.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

投稿日時 - 2007-11-08 07:49:08

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-