こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

家計の見直しと貯蓄の増やし方について

今後の家計についてご相談させて下さい。
現在共働きをしております。夫32歳 妻30歳 (結婚2ヶ月)
手取り:夫23万(ボーナス年2回計20万) 妻22万(ボーナス無)
現在貯蓄が100万円程。親から援助250万位をしてもらい、
2000万円位のマンションの購入を考えております。

現在家計状況
家賃83.000
駐車場代15.000
車ローン22.500 (残り50万円)
水光熱費10.000
通勤費夫20.000
通勤費妻18.000
プロバイダ3.200
保険夫(医療・死亡)7.400
保険妻(医療・死亡)7.500
お小遣い夫30.000
食費30.000
交際費夫・妻(外食代)15.000
レジャー代10.000
貯金150.000
ガソリン10.000
育英会14.700
雑費(トイレットペーバーなど)7.000

という内訳です。式を挙げたばかりなので
貯金は今のところ100万円しか残っていないのですが子供が
早く欲しいと思っています。
今のまま共稼ぎなら生活も普通に出来ると思うのですが、
今後子供を授かった場合、少なくとも出産の数ヶ月前と
産後数ヶ月は私が働けないので、その間は夫のお給料だけでの
生活になります。また同時にマンション購入も考えております。
(家賃を払うならローン金額も変わらないので。)
夫のお給料だけで果たしてしばらくの間暮らせていけるか心配です。
また株や資産運用?等まったく知識がないのですが
株や資産運用で少しは貯蓄も増やせるのでしょうか?
(株や資産運用している方はお金にゆとりがある方が殆どだと思いますが・・・)私達のような家庭でも何か増やせる手段があるのか
ご教授頂けると大変嬉しいです。宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2007-10-25 12:45:24

QNo.3459801

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

No.2のものです。
 10年以内のものでしたら、まだまだかと思いますが、中古を購入した場合、はじめに修理箇所などがある場合があります、また壁紙等も汚れていたり、いたんでいますから、替えることになるかもしれません(その場合手出しになる可能性が高いです)。それからひっこし代、家具、カーテン等です、これが思わぬ出費となります。やはりその間取りにあったものがほしくなりますし、たいそうな家ではない我が家を新築した際はこれだけでケチったつもりですが、100万位くなってます(建材の色に合わせたりして、家具を変えたため)、カーテンも窓の数によりますが、オーダーなんてすると数十万ってなります。それも手出しになる可能性があります(ローンに含められない場合)。
それからその他購入時の諸経費です。
ローンでしょうから火災・地震保険も必要な場合があります。一括だとかなりの金額です。

これはリンク先をご覧下さい。
http://house.goo.ne.jp/useful/hiyou/ms01.html

またマンションの場合以下の経費が最初または毎月かかる場合があります。

・管理費
・修繕積立金
・駐車料金
・修繕積立基金
等がかかります。
毎月のものは支払い額に足してそれで考えてください。

これらを見積もり計算してみてください。
今の貯蓄だときついなと思われると思います。
ただ頭金が250万円あるので、それをそれに当てることも可能でしょうが、当然ローン金額が上がり返済額が増えます、元本われになる可能性が高くなります、
またお子さんができたときのために貯蓄も数百万のこされた方がよいかと思います。
もうすこし貯めてからが無難とは思いますが、
私は購入を否定しているわけではありません、
メリットはたぶんにありますし、
そちら様の場合、現在はかなりの収入ですので、
賃貸より購入の方がメリットはあるかと思います。

間に合うかどうかわかりませんが、
住宅ローン控除について(夫婦名義の場合)
ただし来年12月までに入居し、諸用件に該当する場合
http://allabout.co.jp/living/mansionlife/closeup/CU20040908A/index.htm

投稿日時 - 2007-10-25 14:19:27

お礼

ご丁寧にご返答ありがとうございます。

ご説明が凄く分かりやすく、サイトの例もよく分かりました。
マンションを購入するのに諸経費がかなりかかるので、
もう少し貯金をしてから余裕を持ってマンションを購入する事が
無難そうですね。名義の例も私がちょうど知りたかった事だったので
分かりやすかったです。もう少し夫と相談して家計を見直して
いきたいと思います。本当にどうもありがとうございました。

投稿日時 - 2007-10-25 22:06:53

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(7)

ANo.7

株やなにかに手を出すよりも、クルマとレジャー代を削減すべきだと思います。
駐車場、ガソリン代、クルマのメンテナンスや保険など諸経費はバカになりません。
クルマ関係の諸経費をそのまま貯蓄に充てられませんか。
移動は主に自転車&公共機関です。
クルマに乗らないようにしてから、急激に貯蓄ができるようになりました。
足回りが不便なぶん、いろいろと頭を使うようになりました。

投稿日時 - 2007-11-02 21:50:01

お礼

ご返答遅くなり申し訳ございません。
ご回答ありがとうございます。

そうですね、株や投資などはやめた方が良いということが
色々な方のご返答でよく分かりました。
車はどうしても今は手放せないので、レジャー費や
お小遣いなどを減らしていこうと思います。
アドバイスありがとうございました。

投稿日時 - 2007-11-04 09:17:01

ANo.6

今の世界経済の状況が分かりますか?

毎朝、起きたら海外市場、為替レート、海外経済ニュースをチェックする。
そして、今の世界の経済状況を把握した上で投資を行うか判断されても
遅くはないと思います。
今は日本の新興市場がライブドアショックから戻してきてるので
チャンスかもしれませんが、こればかりは分かりません。

所詮は零和のマネーゲームです。
誰もが儲けたくて、投資されたお金を奪い合います。

リスクは絶対に伴いますが、極力、少なくするのであれば
・3年くらい引き出せなくてもいいお金で運用する事。(下げた時の為)
・取引は現物に限定すること。
・1部上場企業で将来性があり、硬いところ。
・1円でも利益が出れば、マイナスよりも何倍も良かったと思うこと。(欲を抑止すること)
・気長に、神経質にならないこと。

とりあえず、本屋に行って2~3冊買って読んでみてください。
「主婦が100万円を1億円に…」とかは使い物になりません。

1000円以下でも買える株もありますから、実践で試しても
いいと思いますよ。
証券会社によっては1日 20万以下の取引無料のところもあります。

経済が見えてくると、株をしてなくても勉強になりますけどね。

投稿日時 - 2007-10-27 11:18:19

お礼

お返事が遅くなって申し訳ございません。

ご返答ありがとうございます。
正直世界経済の動きなどさっぱり分りません。
株や運用は今のままではまだやらない方が良いと
いう事が良く分りました(全く知識がないので・・・)
今は堅実な方法で貯蓄に励んでいきたいと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-10-29 12:54:42

ANo.5

貯金を積極的にするという前提で考えますと

現状、月45万の収入の3分の1の貯金ができているのは立派です。
ただし、ボーナスが少ないのと子供を産んで妻が仕事を辞める前提で考えると家計が破綻するのが予想できます。
夫のみの収入で生活することができ、かつ貯金できるようにする必要があるでしょう。特にボーナスの割合が低いので月々貯金していかないとお金は貯まらないと思います。

夫のみの収入で考えると、
家賃83.000
駐車場代15.000
・・・住居関係の費用が手取りの4割以上占めています。高いです。共働きを続けるのならいいですが、子供を産む予定があるのなら住居費は手取りの3分の1程度に抑えましょう。他の方も書いていますが、現状はともかく車を夫のみの収入で維持することはかなり困難なのでは。月15,000円の駐車場代は通勤に使う等の理由がないかぎり手放すことを考えてもおかしくない金額ではないでしょうか。

車ローン22.500 (残り50万円)
・・・貯金がないからでしょうがこのくらいの金額なら一括返済しましょう。住宅ローンを組むとするとマイナスになります。

水光熱費10.000
・・・電気代、ガス代、水道代というように分けましょう。メリハリがなくなります。全てで1万円以内なら十分だと思います。

通勤費夫20.000
通勤費妻18.000
・・・交通費は会社支給でも、交通費を年金等の掛金に参入するものもありますので、交通費がかかると掛金が高くなるものもありますので確認してみてもいいのでは(共済等)。まあ定期をクレジットで購入することによって数千円程度のポイントはつきそうですから検討してもいいのでは。1%還元で4000円程度になりますから。

保険夫(医療・死亡)7.400
保険妻(医療・死亡)7.500
・・・掛け捨てですか積立ですか。現在積立だったら掛け捨てにすることによって金額をさげることもできますよ。あとそれぞれの契約がばらばらだったら妻は夫の保険の扶養者として契約した方が安くなりますよ。おそらく夫と妻に同等の保障は不要ですから検討した方がいいのでは。一般的に妻に高額な死亡保障は不要です。

食費30.000
交際費夫・妻(外食代)15.000
雑費(トイレットペーバーなど)7.000
・・・雑費が少ないと思うのですが全て把握してますか。消耗品等考えるともう少しかかるのではと思いますが食費に含んでいるようならわけましょう。

また株や資産運用?等まったく知識がないのですが
株や資産運用で少しは貯蓄も増やせるのでしょうか?
(株や資産運用している方はお金にゆとりがある方が殆どだと思いますが・・・)
・・・資産運用はやめた方がいいでしょう。知識のない人がやっても増やすのは困難です。周りを見ても素人がなれないことをするとたいてい損をします。それに人に聞いたくらいで簡単に増えるようならみんなやってます。どうしてもやりたいようなら、定期預金や国債等リスクの低いものから初めてみて知識をその間につけましょう。お金を貯めるのには一番は使わないことが重要です。増やすことを考えるより、減らすことを考えましょう。そちらの方が実現性も高いし、効果も高いです。

現在貯蓄が100万円程。親から援助250万位をしてもらい、
2000万円位のマンションの購入を考えております。
・・・いつ購入するかにもよりますが、現状では援助含めても物件の2割の頭金も用意できていないのでもう少しお金を貯めた方がいいのでは。諸費用考えると数百万かかりますからね。住宅ローンを組めることと支払いができることは同じ意味ではありません。将来も払えるか検討してから購入した方がいいと思いますよ。マンションの場合、修繕積立金や共益費等を含むと約2万円以上は毎月かかることになります。今の家賃と同等に抑えるとすると住宅ローンの支払額は6万円程度が上限になります。資金計画も含めて検討することをすすめます。

今後子供を授かった場合、少なくとも出産の数ヶ月前と
産後数ヶ月は私が働けないので、その間は夫のお給料だけでの
生活になります。
・・・養育費が考慮されていないですね。出産した場合は、働きに出るまでに1年数ヶ月は無給になるでしょうからもう少し給料が入らない想定した方がいいでしょう。それと産休、育児休暇等認めてもらえるかも確認が必要では。妊娠と同時に退社せざるを得ない会社も珍しくはないでしょうから。働くとしても会社が協力的でないと共働きは困難では。それに保育園等に預ければ追加の出費になりますし。

マンションを購入するにしろ、子供を産むにしろ、金銭面での試算が現状では不足していますから、行動を起こす前に調べた方がいいですよ。お金を払ってもいいと思うのならファイナンシャルプランナーに相談してもいいのでは。マンションの販売業者や金融機関等では、あまり中立的なアドバイスは期待できないでしょうから。

投稿日時 - 2007-10-26 23:30:26

お礼

お返事遅くなって申し訳ございません。
ご返答ご丁寧にありがとうございます。

色々とアドバイスを頂き、やはり貯金をもう少ししてから
マンションは購入しようかと検討を始めました。
(頭金は物件の二割は用意できるようにとの事ですので)
うちの会社は育児休暇中はお給料が出ないので、出産前後は
夫のお給料だけになります。ただ大変理解ある会社なので
いつから休んで、いつから復帰するかは相談に応じてくれそうです。
また、現在ではクレジットカードを有効利用して食品を購入したり
定期券を買っていまして、ポイントを貯めています。
今共働きのうちに、節約して貯金をたくさんしてマンション購入
出産を考えていきたいと思います。
たくさんアドバイスを頂き、ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-11-04 09:22:48

ANo.4

ざっとみての感想ですが、まずはもう少し貯蓄を増やしてからの方がいいでしょう。
家を買うにも出産するにもお金は必要です。

そこで支出を減らす方法ですが、
通勤費夫20.000
通勤費妻18.000
通勤交通費は会社支給ですよね?要は会社の近所にマンションを購入しても、交通費は減るけども給与も減るわけですよね?
 
駐車場代15.000
車ローン22.500 (残り50万円)
ガソリン10.000
本気で貯めるならここを見直しましょう。車はどうしても必要ですか?週末だけならレンタカーではいけませんか?実際には車の保険や、税金、車検代もかかってるはずですよ。
少なくとも車のローンは一括で返済すべきです。

残りの支出項目を見ても、抜けてるのでは?と思われるところが散見されます。
奥様はお小遣いなしですか?
携帯をはじめとする通信費がかかってませんか?

一度、何にいくら払ってるか、完全に把握してみてはいかがでしょう?
目的があって貯めるには、元本が保証されない株式、投信や、外貨取引等はお勧めしません。
逆に住宅財形なんかをはじめてみてはいかがでしょう?

投稿日時 - 2007-10-25 15:22:27

お礼

ご返答ありがとうございます。

>通勤交通費は会社支給ですよね?要は会社の近所にマンションを購入>しても、交通費は減るけども給与も減るわけですよね?
 そうですね。交通費は会社支給ですのでここを減らしてもなにも
 変わらないですね。

>車はどうしても必要ですか?週末だけならレンタカーではいけません>か?実際には車の保険や、税金、車検代もかかってるはずですよ。
>少なくとも車のローンは一括で返済すべきです。
 そうですね。車を使って実家に帰ったり、色んなところへ出かける事が多く、なによりアウトドアが趣味なので車は手放せません。ただあと50万円位の返済なので、一括で返すように早急に手続きを進めます。

>奥様はお小遣いなしですか?
 そうですね。基本的にはなしです。食費の30000円の中で私のお昼代も含んでいますし、欲しいものがあればレジャー費から買うように
しています。
>携帯をはじめとする通信費がかかってませんか?
 携帯が抜けていました。携帯は家族プランにしたり料金を見直したりして二人で12000円位です。

>逆に住宅財形なんかをはじめてみてはいかがでしょう?
住宅財形というのがあるのですね。恥ずかしながら初めて知りました。
早速調べて勉強してみたいと思います。

色々とアドバイス頂きありがとうございました。
削れるところを見直して、貯金額をもう少し増やしていきたいと
思います。ありがとうございます。

投稿日時 - 2007-10-25 21:54:45

ANo.2

通勤費(駐車場代とかあるんでしょうか??)が異常に高いですね、
月々15万円もためれるとはうらやましい限りです。
月々83000円の家賃を払っているなら、2000万程度のマンションを購入、頭金が250万用意できるのであれば、マンションを購入されるメリットは多いと思います(新築?なら特に)。特にもうすこしがんばって一戸建てなんてのもかんがえられますね(資産としては一戸建ての方が有利ですし、資産価値も残りやすいです。)ただマンションの場合、維持費、修繕費がかかりますので、中古の場合修繕の事も考慮にいれてください。まず旦那さんの収入だけで余裕のある返済が出来るか計算してください、それ位が安心して返済できる額だと私は考えています。ただそちら様の場合、ちょっと貯蓄額が少ないですので、手元に3百万程度の貯蓄があった方がよろしいと思われます。もうすこしがんばってからだとなお安心できるかと思います。
今年来年までだと住宅ローンの控除があります、夫婦名義で買うと、両方の所得税が戻ってきます、その辺も考慮してくださいね。あと税金のことも忘れずに(固定資産税、都市計画税等)

投稿日時 - 2007-10-25 13:13:25

お礼

早速のご返答ありがとうございます。

通勤費ですが、乗り換えがあったり私鉄&JR&私鉄を利用しているので
定期代がかなり高いんです。(ちなみに電車だけの金額です)
マンションはあまり無理をしたくないので、中古(築10年以内位)を
検討しています。戸建にも惹かれるのですが、今後の家計が不安で
今のところは中古を購入し、もし余裕が出来たら住み替えも良いのかなと考えています。
中古の場合、維持費、修繕費がかかるとの事ですが、管理費の中に
入っている以外に徴収があるという事でしょうか?
確かに新築に比べて中古の管理費等は高いですよね。
また夫婦名義で購入出来て、所得税が戻ってくるのは良いですね。
でもやはり妻側の名義も使うとなると、簡単には使えないんですよね?
例えば年収や勤続年数、退職したら名義が使えないとかってありますか? 
色々と検討すべき点が分ってよかったです。凄く分りやすく説明して
頂きましてありがとうございました。

投稿日時 - 2007-10-25 13:28:07

ANo.1

貯金に月150000円回せるならこれ以上の貯蓄法はありません。積立預金等で定期的に貯金すれば知らず知らずのうちにに額も増えていきます。

投稿日時 - 2007-10-25 13:12:18

お礼

早速のご返答ありがとうございます。

今のところは二人暮らしなので貯金が出来ますが
今後が心配です。。積立預金についてあまり知識が
ないので勉強して上手に貯蓄できるようにしていきたいです。
(子供が出来た場合夫の給料だけではかなり不安なので・・)
アドバイス頂きありがとうございました。

投稿日時 - 2007-10-25 13:30:20

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-