こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

両親への給料に関して

小さい事務所を、一人で切り盛りしています。
個人事業主で青色申告しています。

両親は自分の扶養家族になっており、申告の際に扶養控除で一人58万円を差し引いています。

母親は国民年金を月6万円受け取っています。
父親は何も年金は受けておりません。

実は、最近外出が多く両親で交互に事務所番をして頂いており、電話の対応、来客の対処、一部仕事を手伝って頂いています。
現時点では、特に給料は支給していないのですが、父親がまったく収入がない状態な為、少しでも給料を出したいと思っています。

そこで、質問です。
父親が気にしているのは、少しでも収入が有ると医療費を始め、国民健康保険、介護保険等の値上がりを心配しています。
自分としては非課税の範囲で有れば、給料として支給出来れば大丈夫かと思っていますが、よくわかりません。実際いくら位までなら年間の給料として出して大丈夫なんでしょうか。

父親に給料をだすなら、殆ど同じ事をしている母親にも給料を出したいと思いますが、母親の場合は年金を受給しており父親とは条件が違います。合わせてアドバイスを頂きたいと思います。

また、両親に非課税の範囲で給料を支給した場合、自分の確定申告で扶養控除は受ける事が出来るのでしょうか。

正直に書きます。
私自身の収入も圧縮したい意図があります。このような意図を持って、両親へ給料を支払う事は違法行為になるのでしょうか。

自分としては両親へ迷惑を掛けない範囲で給料を支給し、自分の収入も圧縮したと思っています。このような意図に問題が無いか、適切な方法のアドバイスを頂きたいと思います。

投稿日時 - 2007-09-26 15:59:01

QNo.3378667

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>両親は自分の扶養家族になっており、申告の際に扶養控除で一人58万円を…

あなたとご両親とは「生計が一」であり、ご両親どちらも 70歳以上というわけですね。

>両親へ給料を支払う事は違法行為になるのでしょうか…

「生計が一」である限り、ふつうの「給与」は認められません。
(払ってもかまいませんが、経費にはならないという意味です。)
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2210.htm

例外として、「青色事業専従者給与」があります。
これは事前に届けが必要ですから、今年はもう無理です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2075.htm

>母親は国民年金を月6万円受け取っています…

年額およそ 72万ですか。
「所得」として考えなくてけっこうです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1600.htm

>少しでも収入が有ると医療費を始め、国民健康保険、介護保険等の値上がりを…

非課税範囲であればだいじょうぶでしょうね。
・住民税の基礎控除 33万
・給与所得控除 65万
・合計 98万

>給料を支給した場合、自分の確定申告で扶養控除は受ける事が…

青色申告をしている方ならお分かりのはずですが、重複してもらうことはできません。
専従者給与を 1円でも払えば、扶養控除や配偶者控除はもらえません。

>両親で交互に事務所番をして頂いており、電話の対応、来客の対処、一部仕事を…

専従者給与の額は、赤の他人をパートとして雇った場合より多くは出せません。
その仕事をパートにやらせたら、いくらぐらい払いますか。

>私自身の収入も圧縮したい意図があります…

その仕事が、扶養控除 2人分 116万円より高給に値するなら、来年から「扶養控除」に代えて「専従者給与」を払えばよいでしょう。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

投稿日時 - 2007-09-26 16:35:11

お礼

mukaiyama 様

アドバイスをありがとうございます。
「生計が一」と言うのを知りませんでした。勉強になりました。
また、「青色事業専従者給与」も知りませんでした。

まだまだ知らなければならい事が沢山あるみたいです。
国税庁の『タックスアンサー』を始め、もっと勉強をしたいと思います。

投稿日時 - 2007-09-27 10:30:39

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-