こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

株式取引のメリットがよく分りません

企業、個人の立場から見て、発行された株券が東証などで売買されても、株式会社そのものに資金が入るわけではなく、あまりメリットが存在しないのではないかと思っています。
それよりも、会社が、個人に社債を発行するなどして資金を調達し、事業を展開した方が良いと思うのですが、それでも、今の株式市場の方が支持されているようです。また、この社債が時価で取引される市場があれば株式よりも支持される気がします。
しかし、この方法よりも、株式取引の方が支持されているようです。
なぜ、株取引が支持されるのでしょうか?
詳しく、教えていただけないでしょうか?
宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2007-07-15 10:11:43

QNo.3169048

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

企業としての株式のような自己資本と借入を指す負債との違いはお分かりなので、株式による資本の調達について少し説明します。
借入と違い、株主は次の約束を経営者と結んでいると考えてください。
・経営者(取締役)は株主から資金の出資を得て会社を経営し、利益が出たら企業の運営に必要な内部留保分を差し引いて株主に分配する(=配当)。
・株主は出資した資金の返済期限を設けず資金を預ける一方で、利益が出ない場合には利息のような見返りは要求しない。ただし、株式を他人に売却することにより、資金の回収をすることはできる。

そうすると、貸付した場合の利息のように毎年決まって会社から支払われるお金はない一方、会社経営が成功すれば株主は出資金額を回収して余りあるリターンが得られます(つまりハイリスクを受け入れる代わりにハイリターンの権利を得る)。

そこで、株式の評価の基準は毎年の利益をもとにそれから支払われる約束の配当によって決まると言えます。
では儲かっても配当を払わない会社や出す基準はあいまいではないか?ということですが、事業が拡張期にあり、その年に配当して株主に支払うより経営者が設備投資をしてもっと先の儲けを増やした方が得策の場合には株主は配当支払いを先送りすることを承諾するのです。

以上の株主と会社とのやり取り(経営者は頑張って株主に報いるように経営しているか)が「株主総会」で行われている議論の中心だとも言えます。

このような企業の状況が上場して情報公開されれば、投資家によって株価が形成されます。仮に配当が出ていなくても、将来に利益成長が期待できる企業の株式は他人に高く売れるわけです。将来の利益の予想が上方修正されればそれだけで高い値段で株式が売買され、その反対もあります。ただし、それはすべて企業の利益予想(配当の原資)が基本です。時期や投資家の人気によってどれくらい先までどれくらい強気に利益予想をするかによって株価が上下するとまとめることができます(仮に投資家の幻想に過ぎなくても。間違っていると気付けば株価は元にも戻る)。
以上のとおり株価が上昇すればそれは同時に、企業が新たな資金を少ない発行株数の追加(株式の新規発行=増資)で大きな資金で調達できる権利を得ることを意味します。

投稿日時 - 2007-07-15 20:18:18

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

ANo.3

個人が株を持っていると、配当金や優待品を貰える、
将来、成長して株価が騰がるなどのメリットが有ります
任天堂の株を持っているとこうですが
http://business.nikkeibp.co.jp/market/market.jsp?CODE=7974.T

投稿日時 - 2007-07-15 14:25:11

ANo.2

株式発行後のことを考えるとそう思われるかもしれませんが、上場して資金を集める時のことを考えて下さい。例えば、10億円の資金が必要だったとして上場することでそれだけの金額を集めることが出来るかもしれません。集めた10億円は自己資金になりますから返済する必要はありません。

一方、社債はあくまで借金ですから例えば10億円分の社債を出したとすると、毎年利子を払って、何年か後に債権者に10億円返すわけです。銀行から借りるより低利で借りられるようなメリットがあるだけで株式ほどのメリットはないといえます。

(その他)
株価が上がるメリット
・・・株価が上昇しても確かにその株を発行した企業に収益がもたらされるわけでは有りません。しかし株式で増資などする場合は株価が上昇していれば少ない株式発行数で必要資金を市場から集められますからメリットがあるわけです。(株主価値の希薄化が最小限でおさえられるし)

それに上場することで社会的知名度、信用がアップし、市場における認知度も高まり商売しやすくなるという側面もあると思います。これが社債を発行しただけだと単なる借金しているのと同じですから社会的信用や収益のアップに繋がるわけではありません。

上場による目に見えない「企業価値の向上」というのが一番じゃないでしょうか?

投稿日時 - 2007-07-15 11:11:40

補足

回答いただきありがとうございます。
企業は、借金をすることなく、資金調達ができるメリットがありますね。
企業にとっては、非常に大きなメリットがあることがよくわかりました!
ただ、そう考えると、売買する個人にはそれに比べ、メリットががあまりに少なくリスクがあまりに大きく感じるのですが、単なる感覚的なものでしょうか?

投稿日時 - 2007-07-15 11:44:52

ANo.1

 
社債は借金のため、額面以上の価値は無い、だから....
投資家には・・・利益が限定されている
企業には・・・返済の義務があり、資金繰りの一時凌ぎでしかない

株式に転換可能な社債を発行した場合、株式に転換する事により....
投資家には・・・無限の利益を得る可能性が出る
企業には・・・返済が免除される

 

投稿日時 - 2007-07-15 10:27:55

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-