こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

石原都知事の発言のアウフェヘーデンについて

昨日の石原都知事の定例記者会見で
次の副知事候補猪瀬さんとは議論を深めることで「アウフェヘーデン」があるような発言がありました。
このアウフェヘーデンってなんでしょうか?

こちらの東京都の定例会見録画映像で9:35前後の発言です
http://www.metro.tokyo.jp/GOVERNOR/KAIKEN/ASX/m20070615.ASX

新しい知が発現することと、受け取りました。合っているでしょうか?

ご存知の方よろしくお願いします。

投稿日時 - 2007-06-16 08:17:45

QNo.3088880

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

ドイツ語のアウフヘーベン=aufhebenと思います。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A2%E6%8F%9A
から
---------------------
違った考え方を持ち寄って議論を行い、そこからそれまでの考え方とは異なる新しい考え方を統合させてゆくこと
---------------------
が意味的に合いそうです

投稿日時 - 2007-06-16 08:38:33

お礼

ありがとうございます。
発言の意味が良く分かりました。

投稿日時 - 2007-06-16 09:17:05

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

アウフヘーベンですね。
ドイツの哲学者ヘーゲルがとなえた概念です。ある意見Aがあるところに、それを否定する意見Bをぶつけて、より高い見地の意見Cに達することを言います。
アウフヘーベンは日本語では止揚と訳されてます。1960年代の学生運動盛んなころによく使われてました。「議論を尽くしてアウフヘーベンに達した」など。最近はあまり使われないように思います。
・議論しても正・反に意見が常にわかれるわけではない(例:ラーメンが好きか、うどんが好きか、そばが好きかなど意見が3つにわかれたら適応できない)
・議論話し合いで物事が解決するという信念が裏にある。
などの欠点があり哲学としては粗雑な概念だと思います。

投稿日時 - 2007-06-16 10:07:20

ANo.3

アウフヘーベン=aufheben

ドイツ語です。

石原さんは、あいかわらず難しい言葉を
使いますね。「議論して、意見を高める」
といえば、みなさんに通じるのに。

投稿日時 - 2007-06-16 09:33:24

ANo.2

ヘーゲルの弁証法にある概念です。
詳しくはウィキペディアを参照ください。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%83%95%E3%83%98%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%B3

投稿日時 - 2007-06-16 08:39:15

お礼

wikipediaは役に立つのですが、如何せん正確にカタカナに直すことができないため分かりませんでした。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-06-16 09:18:38

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-