こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

自転車道と車道、どちらを走るべきですか?

自転車は車道を走るのが基本。もし、自転車道路があれば、当然自転車道路を走るということもわかります。
そこで質問ですが、国道に隣接した自転車道があります。しかし、それは名ばかりで、普通に見かける道路脇の(歩道・自転車共有)の状態です。国道に沿っているので、非常に交差点が多く段差ばかりで走りにくいです。スピードのでるロードバイクなら車道を走るところですが、私はクロスバイクなのでそこまでのスピードでは走りません。とはいえママチャリのように遅くもありません。
段差の度にいちいち減速を強いられるのはつらいので、車道を走りたいのですが、この場合、自転車道をあえて無視してもかまわないのでしょうか。

投稿日時 - 2007-05-28 07:34:17

QNo.3036641

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

道路交通法では、自転車は軽車両に区分され、道路の左端を走ることが規定されていますので、道路と平行して自転車道があったとしても、車道が自転車通行禁止となっていない限り、かならず自転車道を走らなければならないと言うことはないと思います。
(自転車道があるにもかかわらず車道を走っていて事故にあっても車道を走っていたからという点でマイナスになることはないと思います。)
ただし、自動車が追い越しやすいようにフラフラせずに走れることや駐車車両の追い越し時にはきっちりと後方確認をするな事故にあわないように注意して走りましょう。

最近整備された自転車道は別でしょうが、古いものは舗装のひび割れを放置していたり、道路を横切る時の段差、お店の看板、自転車の逆走、歩行者、広い場合は駐車車両があったりと、とても自転車でスムースに走れる状況ではありません。
私の場合、車道と平行する自転車道があったとしてもまず走ることはないです。

神奈川県警の自転車関係のHPの説明がわかりやすいです。
http://www.police.pref.kanagawa.jp/mes/mesf0178.htm

投稿日時 - 2007-05-28 16:25:47

お礼

ご回答、参考URLありがとうございます。
神奈川警察のURLより、青地に白い絵柄の「普通自転車の歩道通行可」の標識は、あくまで走行可能であって絶対条件ではないと解釈しました。この解釈が正しければ、どちらを走るかという選択は自分の判断でOKということで、それだととても助かります。

投稿日時 - 2007-05-28 17:06:48

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

ANo.4

もしかして名古屋ですか?

(自転車道の通行区分)第63条の3 ~「普通自転車」という~は、自転車道が設けられている道路においては、自転車道以外の車道を横断する場合及び道路の状況その他の事情によりやむを得ない場合を除き、自転車道を通行しなければならない。

問題は、それが自転車道なのかどうかです。
例:名古屋市にあるやつは、歩行者と自転車がしっかり分けられていますが、あれはあくまでも歩道であり、自転車道ではないそうです。

「BICYCLE CLUB」6月号 P32の下にも同じようなケースがかかれています。
ただ、歩道を歩行者と自転車の部分に分けただけです。
自転車の部分は、自転車道ではありません。
この場合、「車道走行が原則」は生きたままです。


自転車道とは・・・
自転車の通行の用に供するため縁石線又はさくその他これに類する工作物によつて区画された【車道の部分】をいう。

段差がある時点で車道ではないでしょう。

投稿日時 - 2007-05-28 22:53:37

お礼

ご回答ありがとうございます。
道路は静岡~御前崎までの太平洋自転車道路です。静岡や焼津の都市部では国道沿いの単なる「自転車も歩道走行可」状態ですが、静岡県は立派な自転車道とうたっているようです。
国道沿いの歩道でも自転車は走行可能だから自転車道なのでしょう。とはいえ、実質的には自転車道と呼べるものではない状態ですから、やはり車道走行を視野に入れた走行もありかと・・・。

投稿日時 - 2007-05-29 00:05:23

ANo.2

法的なことは分かりませんが、数十年前は車道など走っていると、警官と目が合うたびに歩道を走るように注意されましたがいつの間にかそれがないです。NHKなどの表現にも見られる『我が物顔に歩道を走る自転車』などTV各局でも自転車排斥キャンペーンが報道される今日、自転車の走行は肩身が狭いです。川沿いの長距離自転車道に昔は『自転車優先です歩行者は道を譲ってください』の標識がありましたが、いまは『歩行者優先』になっています。でなるべく車道を使うように心がけていますが報道のおかげで車道走行がやりやすくなっている面もあります。昔と比べると、運転手のほうも自転車にクラクションを鳴らさなくなりました。横ブレしない走行を心がけているからかも知れませんが、すぐ脇をすり抜けるので危険感はありますが恐怖を耐えます。経験上恐怖を感じたときは助かった証拠です。はねられた時は空を飛びながら頭の仲に「アレ?」という感覚が生じるだけです。
で本題ですが、自転車道が併設されている場合、出来るだけ自転車道を使いますが、歩行者や乗り上げ駐車がふさいでいる場合が多いことなどで車道に自転車禁止標識が出ている区間(主にバイパスなど)の他は車道も走行しています。車線の狭い所は特に、車の走行迷惑を邪魔したくない気持ちもありますので人気の無いときは歩道でも使います。走行を許されている13歳以下ではありませんが。

投稿日時 - 2007-05-28 08:43:19

お礼

ご回答ありがとうございます。歩行者は絶対的に優先され、自動車はあまりにも強力な存在なので、自転車は肩身が狭いです。
やはり自転車道がある以上、自転車道を走るのがルールのようですね。(特に歩行者や障害物が理由ではなく、単に走りにくいというだけですから)
・・・でもやっぱり段差はつらいので、あえて自転車道とは別のルートを検討します。(本末転倒でおかしな話ですが・・・)

投稿日時 - 2007-05-28 10:51:17

ANo.1

段差の度にいちいち減速を強いられるのはつらいので、車道を走りたいのですが←国道の交通量が多いために、自転車道(自転車通行可の歩道では無いですか?)が設置されていると思います。その状態で車道を走れば警察に警告を受ける可能性は高いです。更に、この様な道路で車道を走行中に車等との接触事故が発生した場合、貴方の過失責任を問われる可能性が高く成ります。自転車通行可の歩道が無い場合のみ車道走行が可能と考えるのが妥当と思います。ロードバイクでも条件は同じです。
非常に交差点が多く段差ばかりで走りにくいです←街中の道路ではどうしようも有りません、我慢するしかないでしょうね。
国内で、一定のスピードで快適に走れるのは、ど田舎の道か自転車専用道路ぐらいしか有りません。
日頃のストレスは、そう言った道路で発散して下さい。

投稿日時 - 2007-05-28 08:13:12

補足

考えてみれば、確かに自転車用の道路があるのに、あえて車道を走れば、非はこちらにあります。気をつけます。

投稿日時 - 2007-05-28 10:26:00

お礼

さっそくのご回答ありがとうございます。
この大規模自転車道は、田舎では自転車専用道路で快適なのですが、途中から、なぜか国道沿いの歩道と合体してしまいます。
いっそ自転車道は終わりということなら、わかりやすいんですが・・・。

投稿日時 - 2007-05-28 09:49:13

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-