こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

本意ではない大学に入った方に

息子が地方国立大学工学部に後期日程で合格し入学しました。

地元は愛知県です。
母子家庭という事情、就職の事も考えて地元の国立大学を目指していましたが実りませんでした。
私大も正規に受験したものはすべて落ちて、愛知県内の私大二つに受かったのは補欠日程でした。
本人は私大に行くと言っていましたが、そんな中に国立大学後期日程での合格発表。
「地元私大でも地方国立でもどっちでもいいよ」と言ったのですが
「国立に行くわ」と息子。

一週間後には親元を離れて地方に・・・。

「本当は行きたくないって言ってたよ」と娘から聞いたのは昨日の事でした。
息子にしてみたら本意ではなかった大学です。
でも、行くわと言ったのも息子自身です。

本当はこの大学、来るつもりなかった。
なんとなく来てしまった。

そう言う流れで今の大学に通っている方ってみえますか?
本意ではない大学に入る事になった方ってみえますか?

投稿日時 - 2007-05-19 21:24:56

QNo.3013763

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

私も母子家庭、隣県の国立大学在学中です。
私は東京の私立大学にとても行きたいところがあり、家族もそれを応援してくれ、合格することができました。今の大学とは学部も違います。
今の大学を選んだ理由は、やはりお金の問題です。憧れの大学に行き、家族に迷惑をかけたと思うより、国立に入れたということと、できる限り負担をかけずに大学に通っているということを選びました。でも、私はそのことを犠牲になったとか、裕福ではなかったとかとは考えていません。自分で決めたことだから、大学生活を無駄にせず、有意義に過ごそうと思っています。目標も見つけたし、いろいろな人やものに出会いました。でも母は、私立に行けばいいと背中を押せなかったこと、今も後悔しているようです。私は、母がそう考えていることを知ったことだけで十分ありがたいと思ったし、謝られるのは辛いです。親にわがままを突き通し、好きな大学に行っても、つまらないと行っている人もいるし、本当に心の持ちようだと思います。私は母に、行きたい大学に行かせられなかったけど、頑張って国立に進学してくれて誇りだと言って貰った時、ここで頑張っていこうと少しだけあった、不満も消えた気がしました。
勉強が辛いとき、人間関係がうまくいかないときあるけど、それを母が見てもっと後悔しないように、本当の意味で充実した大学生活にしたいと思っています。

投稿日時 - 2007-05-19 22:19:56

お礼

ご回答ありがとうございます。

お母様の「背中を押せなかった」気持ち、凄く分かります。
私も息子にそう出来なかったので・・・。

国立の合格が分かった時も息子は喜ばなかった。
「良かったね、国立だよ。頑張ろうね」って声をかけた時困ったような顔をしていた息子は、gray-swanのように我が儘を通せないと思ったからだったのか・・・

息子にもgray-swanのように本当の意味で充実した大学生活を送ってもらいたいと祈るばかりです。

投稿日時 - 2007-05-20 00:56:52

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

私は現在3年生ですが、前期にあるの大学を落ちて、今は地方の大学に通っています。
私見ですが、本当にいきたくないといっても、行く理由は何かしらあるものです。もちろん金銭以外の問題です。何かその大学の良いところを見つけて息子さんも、そのおっしゃっている大学にお決めになったんだんだろうなあとは思います。何もかもマイナスに見えて、プラスに評価できる点が全くなくて行くなんてことありえないと思います。
おそらく察するに、国立大学と私立大学。国立大学のブランドというのも選択した理由のひとつじゃあないでしょうか?
自分も愛知県ですが、やはり愛知県の私立大学にはレベルにもおのずと限界がありますからねえ。

投稿日時 - 2007-05-20 23:16:15

お礼

ご回答ありがとうございます。

やはり何かしらのプラスを見つけたので一人で赴いていったのでしょうか?
私の中ではまだ息子に申し訳なさがあります・・・

今日、友人に「地方とは言え国立大だよ」「愛知の私大じゃたかが知れてるよ」と言われました。

投稿日時 - 2007-05-25 22:54:57

ANo.4

僕も第一志望の国立大学は落ちて、現在私立大学に通っています。
浪人して再挑戦しようかとも思ったのですが、浪人1年間+国立4年にかかる費用と私立4年間が同じぐらいだったので、「精神的に余計な心配をかけるよりは」と思って、私立を選びました(うちは父が定年を迎えているので、決して経済的に裕福なほうではないのですが)。

親には「いい大学だよ」とか「実は前から行きたかったしね」とか言っています。「ホントは行きたくない」なんて口が裂けても言えません。それは「勉強させてもらってる」という意識、というか感謝が親に対してあるからこそです。むしろ「もう少し頑張れたらもっと喜ばせてあげられたのにな」と思うほどです。
僕の場合その気持ちは現在、「じゃあこれから頑張ればいいじゃないか」という気持ちになっています。国立に行ったときにとろうと考えていた資格試験より、さらにレベルの高いものを受ける決心がつきました。おそらくそっちに受かっていたら、現在こんなに必死で勉強してないだろうな、と本気で思います。もちろん自分のためでもありますが、親のためでもあるかもしれません。これがほめられたものかどうかはわかりませんが、今までで一番、自分以外の人のために勉強しているのだと思います。

ですから、第一志望に受からないことは決してデメリットばかりではないと思います。逆に何かを目指すキッカケとなりうるので、それを信じてみてもよいのではないでしょうか。

投稿日時 - 2007-05-20 00:24:42

お礼

ご回答ありがとうございます。

息子も勉強が足りなかった自分を後悔しているようです。

後悔しないように今頑張れ、と現役の時に言っていたのですが、やはり後でするから後悔なんですよね。

これも一つのきっかけと奮起して何か目指すものを見つけて欲しいものです。

投稿日時 - 2007-05-25 22:51:49

ANo.2

本意で入学した大学でも、仕方なく入学した大学でも、辞めてしまう学生というのは必ずいます。その一方で、志望した大学に合格し充実した4年間を過ごした人もいれば、仕方なく入学した大学で予想外に充実した4年間を過ごす人もいます。

友人の1人は「私はこの大学は他の大学を落ちてしまって仕方なく入学したところだったけど、今こうしてみんなに会えて本当によかった」と言ってますし、またある友人も志望校の不合格で仕方なく進学した大学で演劇部に入部し、それはそれは充実した学生生活を送っていました。

大学とは不思議なところで、どんな大学であろうと、その生活を充実したものにするか否かは本人次第です。つまり、もしかしたらご子息は本意ではなかったかもしれないですが、楽しい学生生活を送っているかもしれません。

お母様としては心配だと思いますが、学生生活を充実させるには、ある程度はご子息の力量が試される部分もあると思います。特に後日、娘さんからそのようなことを言われてはとても心配だと思います。

個人的な意見としましては、ご子息とご子息が嫌がらない程度に連絡をとって様子を見て欲しい、ということです。本当に嫌だったら精神的に参ってしまうかもしれませんし、他人事ながら心配です。
1人暮らしになるわけですし、どうぞ様子を見てあげてください。

投稿日時 - 2007-05-19 21:48:00

お礼

ご回答ありがとうございます。

どんな動機であれすべては自分自身の今後によって、ですね。

地元私大に行くと言ったのは「男手があなた一人しかいないから、県外にはいかないでほしいな」と言い続けていたからかもしれません。

でも、こう言う結果になったのは逆に彼の力量を試すいい機会になったのかもしれませんね。

投稿日時 - 2007-05-20 00:43:26

ANo.1

そんな学生いくらでもいます。私もそうです。
ただ大事なのは大学に入ってから何をするかです。息子さんがそれに気づくかどうかですね。

投稿日時 - 2007-05-19 21:34:14

お礼

早速のご回答ありがとうございます。

「希望通りの大学に入った学生の方が少ないわ!!」くらいに思っていたのですが、夕べ娘からしんみり聞いてしまったんで、「私の考えが違うの!?!」って思ってしまいました。

投稿日時 - 2007-05-19 21:39:27

あなたにオススメの質問