こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

7月20日に土木で開業します。営業のことで相談させてください

7月に開業するのですが、公共事業の下請け(それ以下)や知合いの
工務店の住宅基礎などが仕事ないようですが、
ちらっと聞いたのですが、公共事業はいま少なくなってきているうえに
異常な叩き合いでいま大変です、(私の所)
公共事業が主だった業者は苦しんでいます、廃業にもなっている
民間が主だった業者が今強いと聞きます
そこで いったいどうやって民間の窓口を広げていっているのだろうと
思いました、自分で行動すればいいですし 人に聞くのも変ですよね
でも教えてください!!!!!
公共事業の営業についてもなにかアドバイスありましたらお願いします
 ちなみに入札って500万以下なら建設業の許可なしでも参加できますよね?入札以外の小額工事も許可なしでもいいですよね?
(個人事業ですけど)

投稿日時 - 2007-04-27 22:18:41

QNo.2955583

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは。
土建屋で開業ですか、懐かしい。
私も以前土建屋でしたが、その経験から言わせてもらいます。
先に言わせて頂きますが、表現の仕方が激しく感じるところがありますが、
それは良く知り尽くしているからこそ出るってことをご理解下さい。

工事の取り方については色んな営業方法があります。
先ず民間工事から例えれば・・

■心構え【飯を食うためにはどんな工事でも請ける覚悟が必要】
・入った現場で営業を行う。(仕事を頂いた業者を飛ばさずルールは守ること)
・地元で営業力(力のこと)のある企業へ営業に行く(何度も何度も)
・呼ばれたらどこであろうが付き合いをすること
・自分で組合を創る(●●建設業組合とか、任意団体を創る)
・組織の看板を用いてゼネコンに圧力をかけ工事を受注する

ざっくりではこんな感じです。(まだまだあります)

公共事業は・・
■心構え(上と同じだが、工事代金の集金システムが変り金策が必要になる)
・殆ど上と同じ

>ちなみに入札って500万以下なら建設業の許可なしでも―
今の仕組みがわからないので何ともいえませんが、都
道府県知事の資格を取り、経審の書類、ほか書をそろえて申請しなければ、受付けてはくれなかったはずです。

何らかのきっかけがあって決意したんでしょうが、はっきり言って甘く考えてはいけませんよ。
ましてや、今の時代は土建屋にとっては競争が激しい時代。
そのような環境で新参者が工事を獲得していくには覚悟してください。
あなたの質問は、厳しいビジネスに敢えてチャレンジする者が言うことではないと正直そう思います。判らないから聞いているのでしょうが・・

ちなみに私は過去、22歳で独立し、最盛期でユンボ15台、ダンプ7台、従業員50人とその他の専属下請けをあわせて、約80人くらいを抱えていました。
裸一貫からそこまでなるには、13年かかったのです。

投稿日時 - 2007-04-28 18:16:11

お礼

こんにちは!
丁寧なご回答ありがとうございます。
22歳で13年でそこまでとはすごいです!
私は10年でもう3人増えたらいいほうかと考えていたほどです
今は監督をしているのですが、前は作業員として働いていました・
残るお金が今の給料の半分になってもいいのでやりたいのです。私は27歳なので経験もまだまだです。
営業や経験上のアドバイス、本当に真剣にとらえさせていただきます。
あらためて気合が入りました!
本当にありがとうございました!

投稿日時 - 2007-04-28 22:38:13

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

PU2

エンドユーザー相手ならどんな商売でも地道な営業活動ですね
まぁー実際には小さなところは社長の人脈(人望)が大きく影響を受けます。
日ごろから人が嫌がるような役をやったりいろんな人と付き合いをして
自分を売って仕事を得ます。
他には新聞折込チラシを入れたり広告宣伝に費用をかけて一般顧客の
開拓をしたり一軒一軒飛び込み営業したり一般的な営業努力をして得ます。
頭を絞って提案型の営業や宣伝活動もします。
役所の入札のように決まった場所へ届出(営業?)して入札が出るのを
待つようなやり方とは全く違います。
ちなみに公共は提案型営業しても他業者に落札される恐れもあります。
たとえ自社の能力が優れていても力のない値段だけの業者が落札します。
落札企業が能力ないからその落札額より安い値段で下請けするように
いっているようなこともあります。
だから公共事業ってダメなんですけどね

一般的に公共事業は談合が厳しくなってからずっと叩きあいばかりで
とりあえず資金繰りのために赤字落札している業者ばかりになっています。
その赤字落札している企業が下請けにさらに赤字を強要している場合もあります。
ひどいところだと支払い段階で落札が赤字だったからって元請から
強制的に2割カットされた人(個人事業者)も沢山しっています。
もらえるだけマシだといっておられました。

当分はつぶれかけの企業が全てつぶれないとどの業界も大変だと思いますよ
まぁーまだ談合がはびこっている地域もあるかもしれませんが10年くらい
前からどの業界もこんな状態ですね

投稿日時 - 2007-04-28 00:06:31

お礼

こんばんは!
ご回答ありがとうございます!
きびしい時代なのは間違いなさそうですね。
地味な営業活動、人が嫌がる仕事、
とても参考になります!
3人で始めるのですが、死ぬ気で頑張りたいと思います!
本当にありがとうございました!!

投稿日時 - 2007-04-28 22:43:57

あなたにオススメの質問