こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

結婚後の生活費

付き合って4年になる彼氏と結婚の話しが出ている(親への挨拶はまだ)のですが、生活費にいくらくらいお金がかるか分かりません。お互い今年25歳になります。

二人の貯金から1千万くらい頭金を出して家を買う予定なのですが、彼氏の給料手取り15万(ボーナス年手取り80万くらい、給料は少しは増えると思います)くらいなのに月8万くらいのローンを組むと言います。それに小遣い3万欲しいと言います。それも昼ごはん別で全部おこづかい・・・。その上「残業した時は多く貰えるか?」とか「小遣いがなければ不安、働く意味、気力がなくなる」とまで言われてしまいました。子供が出来てからのお小遣いについては、まだわからないそうです・・・。

子供が出来るまで私も正社員で働くつもりですが、子供が出来て働けなくなった時の事を考えると不安です。今は手取り20万、ボーナス年60万。

みなさんは無理してでも旦那さんにおこづかいを渡してあげているのでしょうか?また、生活費にどのくらいお金わ使っているのでしょうか??    よろしくお願いします。

投稿日時 - 2007-04-05 11:24:03

QNo.2895801

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(15)

ANo.15

失礼かも知れませんが旦那様の年収は税込み350万くらいと言う事でしょうか?

生活するにあたり、収入に対する住宅ローン比率を考えると、安全圏は年収÷12(ヶ月)の25%以内を月額支払いとすることです。(収入が800万とかなら35%くらいも有りですけど)

っとすると350万を12ヶ月で割った金額の25%ですから、約73000円/月はまぁ妥当なところです。ただし今のご時世、フラット35等の完全固定金利を薦めます。
全期間完全固定金利のタイプ(ボーナス分無し)で月額支払いが8万円ならみんなそのくらい頑張っていることなので不思議な内容ではありません。

当初固定金利特約型の3年とか5年とかにすると金利は安いですが、固定期間終了時までに相当の額を繰り上げておかないと次の組み替えで大変な事になる可能性が大きいです。金利の仕組みと動向はお勉強しましょう。

ただし、奥様が働く事が前提と考えないで、生活レベルを落とさなければなりません。(外食辞めるとか、車を軽にするとか)
いつお子さん産まれるか判らないですからね。。
奥様が働いた分は貯蓄に回すか、繰り上げ返済に回すべきです。

旦那様とじっくり以下のサイトのシミュレーションやALL Aboutのこの辺(http://allabout.co.jp/moneyplanning/)が参考になるかと思います。

夫婦でマネープランを作ればおのずと『無駄は無い』と旦那様も理解できると思います。一緒にやらないと実状が判らないのです。
男なぞそんなもんです。。

私はその様にして現在、妻に働いて貰うことなく、なんとかやっております。
その代わり小遣いは1万円、余裕のある時は繰り上げ返済へ回して、昼食はお弁当を作って頂いてもらってます。

感謝感謝です。

二人で素敵な家を持つ!一つの目標があるのなら絶対に出来ますよ!頑張って下さいね。

参考URL:http://www.sumailoan.com/

投稿日時 - 2007-04-06 10:04:56

みなさんは無理してでも旦那さんにおこづかいを渡してあげているのでしょうか?
いいえ、無理してまでお小遣いは多くあげません。
結婚ってそんなものだと思います。
少ないお小遣いの中でどう上手くお金を使うかを考えて
いかなくてはいけません。
うちはあなたの旦那さんになる人よりお給料はだいぶ多いですが
ローンは7万6千円です。
15万の給料で8万円のローンはありえないし
お小遣い3万円もあげれないですよね。
そこのところはまず家計簿のような物を付けてみて
旦那さんに3万もあげれないのよと説得してみてください。
お昼ごはんはうちはお互いにお弁当を持っていてます。
結構な節約になります。
結婚するならお金のことはちゃんと話し合って下さいね。
始めが肝心ですから甘やかしてはいけませんよ。

投稿日時 - 2007-04-05 21:52:45

ANo.13

ないならないなりに生活するしかありませんね。

妊娠前にたくさん貯金して、子どもができてもすぐにはやめないで直前まで働き、産休・育休を1年くらい。
あなたが育休中は、1年間(場合によっては1年半)、育児休業給付金(手取り20万なら7万くらいかな?)がでるので、
旦那さんの15万とあわせて、22万。
貯金は厳しくても、生活するなら十分だと思います。月8万のローン、3万の小遣いでも、できないことはないと思います。
足りなければ、1年間、貯金を少し崩せばいいだけの話。

育休があけたら、子どもを保育園に預けてあなたも働く
一度退職してしまうと、今の手取りはなかなか稼げませんので、育休をとって復帰されることをおすすめします。

ちなみに、うちの例を。
<共働き時・・・旦那18万+私22万 → (下の子の)育休時・・・旦那18万+私給付金7万> 
・賃貸             65000→同じ
・食費             40000→同じ
・光熱費            15000→同じ
・携帯(2台)         15000→同じ
・託児所(上の子)       45000→0
・保険年金           20000→同じ
・通信費            10000→同じ
・仕送り            30000→10000
・旦那小遣い          30000→同じ
・私小遣い           10000→同じ
・予備費(医療費、日用品、外食費など)30000→20000
・貯金             90000→10000
             
旦那の手取りが一定でないので、貯金は、共働き時は月5~12万、ボーナス時はほぼ全額(60~80万)。
実際には、年間で考える支出(税金・自動車関係・家電製品などの大きな買い物など)があって、年50~100万くらいしか貯められれていませんが(汗
私はかなり適当ですが、やりくり上手な人ならもっと貯金できます。

エクセルで、あなたたちの場合を一度計算してみるといいと思います。

投稿日時 - 2007-04-05 15:56:13

ANo.12

結婚すれば親戚づきあい、冠婚葬祭も増えるし、不意のお金も必要になります。事故や病気のためにも蓄えが必要になります。
皆さんのアドバイスも参考になると思います。
彼の給料で生活して、自分の給料は貯金、不意に必要になったお金というようにしないと
子供がいない時に貯蓄をしないと、育つごとにいろんな経費がかかります。家も早く購入すると、子供が大きくなる頃にはリホームが必要になるかもしれません。
銀行などでは大体の学費が、塾での経費は広告で調べて、学費保険(子供保険)も見積もって
彼に、将来生活にこのぐらいかかるし、子供にもこのぐらいかかりそうだからと生活の話をされてみては (結婚後1~2年で子供に恵まれる人がおおいようですし)
ちなみに今、出産費用が普通で平均45万、雑費も入れて約50万ぐらいかかるそうだと聞きましたよ
結婚式の資金も貯めたんでしょうか?
家は一緒に住んで生活してから考えたらどうかな?とも思います
例えば、市営や県営住宅など安い所に住んで 子供の医療費の免除が長い土地で野菜は自給自足のプランターで工夫して
(会社をあなたが辞めたら)彼氏の給料ではあなたがどれだけ節約ができるかに、かかると思いますが。彼氏も他にバイトもするとか
(給料の低い人では会社帰りコンビニやガソリンスタンドで働く人もいるようですよ)

また、正社員で産休をとって、産後、赤ちゃんを保育園に預けて共働きで働き続る事になったら大変だと思いますが。それもありになるかも
決めごとはちゃんとした方がいいですよ 最初が肝心らしいですから

投稿日時 - 2007-04-05 15:17:46

ANo.11

私も下の回答者様と同様に、あなたが働き続けるしかないと思いますよ。それなら、35万円の収入とみて、考え直せば良いのだと思います。

それか、もし二人とも子供が出来たら母親は退職すべきだ、という考えで一致しているのならば、多くの回答者様が回答されているように、彼氏の15万でやりくりする方法を考えなければ行けません。その場合、8万のローンや小遣い3万は無理になります。

それを彼氏に分かってもらうためには、思い切って、彼氏に財布を握らせるのも手ですね。最初は共働きなのですから、あなたが3万円の小遣いをもらって、あとの生活費は彼氏が自分で管理すれば良いと思います。最初の月で必然的に無理だと気づくはずです。(この時にこれまでの貯蓄やボーナスやあなたの給料に手をつけないことが絶対です!)

ちなみに、うちの場合、結婚一年目は夫婦で完全にサイフが別でした。(私は月収が10万しかなかったので、実家に住んでお金を入れている娘のような気分でしたが)その後、妊娠して退職した時に主人から生活費をもらうようになったのですが、あまりの生活のきつさに驚きました。(ローンが17万もあるので)でも、生活していけなくはないので、子供が成長しよりお金がかかるようになった頃に、また働き始めればいいか、と簡単に考えちゃってます。いざとなれば家を売れば良いし。

ローンについてですが、8万は確かに質問者様の彼氏の月収からみると高いですが、それ以下に押さえることは難しいのかもしれません。難しいからと言って、賃貸を探したところで、8万円以下ってのも、これまた難しい。どっちみち、15万のなかから貯蓄はできないとおもうので、ならば、貯蓄→家購入という図式は無理かと思われますので、結局思い切って家を購入した方が良いのかもしれません。そうすれば、いざとなった時に売る家がありますから。(まだ25歳なのですからローンの年数を最大にのばした方が良いですよ)
そう思って、うちは家を購入しました。将来、売ることになったとしても、子供が小さいうちに、今のこの家で暮らせる生活を手に入れられたのだから、その方が良いと思ってます。(うちも貯蓄→購入というのは無理と分かってたので、頭金100万で5000万の家を購入しちゃいました)

とにかく、月の生活費が15万じゃきついです。(学生の人暮らしでもぎりぎり・・・)
共働きか、子供を諦めるか、親と同居して住宅費を節約するか、結婚を諦めるか、でしょうね。
この選択肢なら間違いなく「共働き」が良いと思います。

投稿日時 - 2007-04-05 15:15:23

ANo.10

そもそも手取15万の男性と結婚するというのに、家も持ちたい・子供も持ちたい・仕事は辞めたいってのが間違ってます。
このご時世、昔とは違ってそんなもの当たり前に誰でも手に入るものじゃない。
どれか妥協するしかないんじゃないですか?
その彼と結婚して彼の希望も聞き、家も子供も持ちたいなら、あなたがずっと働く覚悟を決めるだけのことです。
それはイヤだと言うなら、働かなくても食わせてくれる夫を最優先の条件として、相手を探すしかないでしょうね。
彼・家・子供・仕事 で優先順位をつけましょう。順位の低いものは諦めましょう。

投稿日時 - 2007-04-05 13:20:45

ANo.9

彼氏に、
「まだ結婚は早いみたいだね、その考え方にはついていけない!」
と言ってみてはどうでしょうか? そこを曖昧にしたまま結婚を急ぐと
破綻しますよ……(汗)。彼氏の言っていることは、現実的ではないです。

投稿日時 - 2007-04-05 12:11:03

ANo.8

こんにちは。新婚4ヶ月の既婚女性です。

私は結婚前に実家の母に相談して生活費を概算で教えてもらいましたよ。
主婦歴何十年のプロ(母)にアドバイスしてもらった方が早いかと(笑)

でも彼は25歳で手取り15万という事は、大学院卒でまだ初任給くらいというところでしょうか。
それで二人で1千万の貯金が出来ているのですから立派ですね。

ちゃんと貯金が出来ている彼なら、そうそう無駄使いはしなさそうですし、
頑張って働くタイプではないでしょうか。

ちなみにですが、うちは主人が手取り30万でお小遣い3万です。
他の方も「お小遣いは手取りの1割」と言っておられますし・・手取り15万ならお小遣いは1万5千円ですね。
(給与が上がればお小遣いも上げるとかですね)

ローンは5万くらいにしておいた方がいいと思いますよ。
20万くらいで生活するとして、15万は貯金にした方がいいと思います。
「お祝い」「車検」「車の故障・事故」「病気・怪我」
急にお金が入り様になる事は色々あります。
そういう時の為に残しておいた方がいいと思いますよ。

ご主人はローン金利を長く払うのが嫌なんだと思いますが、
貯金をしておけば、繰上げ返済も出来ます。(手数料はかかりますが)

ともかくは生活費を表にでもして、いくらかかるか分かりやすくして、
彼と話し合ってみて下さい。

頑張って下さいね。

投稿日時 - 2007-04-05 12:03:26

ANo.7

彼氏が現実をあまり考えていないのでしょうね。
お互い生活費がどのくらいかかるのかをシュミレーションしてみて、それで将来やっていけるのかを考えてみたらいかがでしょうか。

だいたい給料が15万円しかないのに、昼食代別で小遣い3万円は多すぎです。
昼食代がいるということであれば、込みで3万円がせいぜいでしょう。
小遣いがなければ働く気力がなくなる。なんて甘えすぎもいいところです。

また、しばらく子供を作らないのなら良いのですが、子供ができて働けなくなったときを考えると、現状で月に8万円のローンは多すぎます。

2人暮らしの生活費は家賃も含めて最低限として15万円くらい見ておいた方が良いでしょう。 
※推測ですが。(家賃6万円+食費3万円+水道光熱費2万円+α)

投稿日時 - 2007-04-05 11:58:12

ANo.6

男の25歳といえば、まあ、こんな感じかと思います。
まだ実感がわからないので自分の希望を語っているだけです。
希望は希望として、話として聴いてあげてください。
お金の管理は女性の方が向いている場合が多いと思うので、あなたがしっかりサイフを握っていけばいいのではないでしょうか。
アドバイスとして、今ある貯金はなるべくたくさん残しておくことをお勧めします、頭金を多く出してローンを軽くしたいのはわかりますが、仕事さえしていればローンは払えると考え、将来の何か用、子供ができて奥様が休業する期間のため用など(そのときは大きな心のささえ、安心感になります)、貯金はあるだけあったほうがいいです。
結婚して子供ができるまではお金の貯め時です。
生活費はそれぞれの環境しだいかと思いますので、実際に暮らしてみてから試行錯誤かと思いますが、分かる範囲で試算してみるのも手です。
男の意見として、旦那様の小遣いは必須です・・金額は¥3万を基準として、実際の状況に合わせて加減していけばいいかと思います。

投稿日時 - 2007-04-05 11:58:10

ANo.5

旦那の要求を呑んだとしましょう。
ローンで8万、小遣い3万、保険等で2万、食費で3万、
光熱費で1.5万、携帯2人で1万、雑費が2万。
昼飯代を外食にするなら1.5万、車を持ってれば、維持費1万
ここまでで、既に23万です。これにどこかに出かけるとか、
医者にかかるとか、車検・慶弔諸々で臨時費用が出て行きます。
お二人合わせての手取り35万ならいいでしょうが、
15万程度の甲斐性なしは小遣いどうこう言う資格はないですね。

しばらくお子さんを作らないか、ローン等を見直すか、転職するかを
話し合われた方がいいでしょうね。

投稿日時 - 2007-04-05 11:56:40

ANo.4

こんにちわ。

僕は既婚者なのですが、地方勤務なので、お給料はものすごく安いです。
うちには、子供がおらず、現在は、賃貸マンションに暮らしています。
妻は、病気があり働けないので、収入は僕の給料だけです。

月に必ず必要になるお金としては、賃貸している部屋の家賃・光熱費
電話代ですね。
食費は、僕の実家が割りと近いところにあり、米や野菜、時には肉など
をもらってくることもあり、食費は月2万いくかいかないかくらいです。

僕はそんなに高給取りではないし、生活に無理をかけてしまうと
病気の妻が自分も働くと言い出しかねないので、生活費は
できるだけ工夫しています。

まず、お昼は、お弁当を作ってもらってます。
手の込んだ弁当のときもありますが、前日のおかずの残りを
工夫したりしてるみたいです。
飲み物も、買ってばかりいては、1回1回は小さい出費ですが
まとめてみれば、大きい出費になると思うので、
冷保存できる水筒に麦茶を入れてもらって、持っていってます。
これだけでも、かなり節約できるはずです。

働き始めたら、付き合いやらで、会社によっては、飲み会が
多いところもありますよね。
だから、お小遣いはやっぱり、必須です。
「金がないから、飲み会に参加できんかった・・・」とは、
男は言いたがらないですからね。

節約できるところは節約して、そうでないところは、締めたほうが
後々、問題にならないと思います。
月の小遣いは3万なり渡し、「飲み会とかは、この中から使ってね」
みたいに伝えて、クギをさしておくといいと思います。
「小遣いがなければ不安、働く意味、気力がなくなる」と彼氏さんは
おっしゃってますが、結婚する前は、働いて手にしたお金は
すべて自分の自由に使えますが、結婚すればそういうわけには
いきません。
もしかしたら、まだ彼氏さんに、若干結婚することへの意識の
持ち方が足りないのかもしれませんね。

あと、余談ですが、貯蓄は1千万あるんですよね?
で、それを頭金にして、家を買われるんですよね?
そうしたら、残りの残金っていくらくらいになります?
将来的に相談者様が妊娠された場合は、その分の給料が
なくなるわけですから、基本的に、彼氏さんの給料で
返済していくプランになると思うんですが。
その場合、彼氏さんの手取り給料から判断すると、住宅ローンの
審査に落ちてしまう可能性もあります。
専門家ではないのですが、確か、給料の額によって
借りれる(ローンを組める)金額が決まっていたと思います。

そういったことも合わせて、「結婚するんだから、不自由は
出てくるかもしれないけど、二人でがんばろ」みたいな
言葉で優しく諭してあげたらどうでしょう?

僕だったら、「がんばろうね」という気持ちになれると思います。

投稿日時 - 2007-04-05 11:53:49

お礼

回答ありがとうがざいます。お小遣いは難しいですよね。お金がないから付き合いを断った!ってなっても嫌ですし・・。1千万頭金をだしても、ふたりあわせると数百万は残る予定です。でも彼だけの給料になると不安です。彼氏ともう一度離し合ってみます。

投稿日時 - 2007-04-05 13:22:12

ANo.3

子供を考えるのでしたら男性側の収入のみで暮らし、女性側の収入は全て子供の教育費や住宅購入費、老後の資金として貯金にまわすのが常識です。

住居費は月収(手取り)の3割が目安ですから、8万のローンは自殺行為。
せいぜい5万が上限です。
小遣いも月収の一割が相場ですから、昼食費全込みで2万でも多いくらい。
小遣いが無ければ不安って、結婚して家庭を持つ自覚が無い人間の戯言です。
彼が上記の条件をのめないようでしたら、結婚するべきではありません。

ちなみにうちは月に
住居費(賃貸)8万、食費4万(外食・昼弁当込み)、光熱費1万、電話・ネット1万、車関連2万、その他2万
合計18万くらいかかっています。
ちなみに家計のメインは夫である私が管理していますが、自分の小遣いは月平均2万弱くらいです。

投稿日時 - 2007-04-05 11:44:50

お礼

回答ありがとうございます。本当に8万なんて自殺行為ですよね・・・・。他にもいろいろお金かかるし・・。もう一度考え直してみます。

投稿日時 - 2007-04-05 13:16:00

ANo.2

家賃・住宅ローン支払い目安は、収入の25%~30%といわれています。
お小遣いの目安は、手取り収入の10%~15%。
他に、水道光熱費・通信費・食費・被服費・医療費・保険など等
生活するのにはお金が掛かります。
ローンに8万・・・小遣いに3万・・・子供が出来たら
破綻するまでカウントダウンと言う所でしょうか。

投稿日時 - 2007-04-05 11:44:34

お礼

回答ありがとうがざいます。やっぱり住宅にかけるお金は3割くらいまでですよね。もう一度よく考えてみます。

投稿日時 - 2007-04-05 13:14:06

ANo.1

子供が出来たら小遣いが減るのは当たり前
なんだか甲斐性の無い彼ですね、、
家を買って払い終わる前に離婚して
後に残るのはローンだけ、ってな感じになりそうです
家の名義もよく考えた方がいいですね
生活費は光熱費、食費、家賃、保険、年金、いろいろありますから
すこし自分なりに見積もりした方が良いですよ

投稿日時 - 2007-04-05 11:41:26

お礼

回答ありがとうございます。もう一度自分なりに見積もりをして、彼氏に話してます。

投稿日時 - 2007-04-05 13:12:36

あなたにオススメの質問