こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

個人事業の経営分析はどうすれば・・・

個人事業・青色申告・小売業・簡単な会計ソフトで経理業務を行っております。
開業以来、妻と2人で駆け足で業務をこなしてきた感じだったのですが、「店の経営状況は健全なのだろうか?」という事をようやく考えられる余裕が出てきました。(遅いかもしれませんが)
今の所は黒字ですが、気づかないうちに経営が傾いていっている状況は避けたいのです。(黒字倒産)

平成18年の「損益計算書・貸借対照表」は簡単に書くと下記の様な感じです。
【損益計算書】
売上200万円ダウン、仕入70万円ダウン。
期末棚卸高は期首に比べ、45万円ダウン。
原価率は71.5% → 69.4%に下がっています。
平成18年から専従者給与を引き上げました。
経費は前年より増えています。
在庫品をなくす為に、大々的なセールを行いました。
最終的に個人の所得金額は前年に比べ130万円程ダウンしています。

【貸借対照表】
現金や普通預金・買掛金は期首より増えています。
元入金は毎年増えています。

<Q1>
「損益計算書」をみて上記の状態だと、単純に「売上が下がったのに経費が上がっているから所得が減った」ということなのでしょうか?
セールを行ったのに、原価率が下がっているのはおかしい気がするのですが?
<Q2>
貸借対照表で元入金が増えていっているということは、経営状態はまずまずなのでしょうか?
(単純に今年の個人所得が減っているだけということなのでしょうか?)

会計ソフトが自動的に出してくれる「損益計算書・貸借対照表」だけに頼っていてはいけないと思い色々な本を読んでみているのですが、法人向けの経営分析の本が多く、いまいち理解できません。
「経営相談」は税理士にお願いするのがベターなのでしょうが、できるだけ自分で勉強したいと思っております。
うまく質問がまとめられず申し訳ありませんが、どうかご教示下さい。

投稿日時 - 2007-02-20 01:11:48

QNo.2767807

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

A.No.2です。

全体的な数字を見ずに計算しているので、間違いがあってもご容赦ください・・・。今回は自信なしです。

前年売上高をxとすると
 前年度売上原価=0.714x
今年の売上はx-200で表せるので、
 今年度売上原価=(x-200)×0.694
となります。

セールにより棚卸高の差(期首-期末)が増大傾向にあるということなので、前年度のそれを最大と思われる45万に設定すると
 前年度仕入高=0.714x-45
 今年度仕入高=(x-200)×0.694-45
この差が仕入高の70万減になるはずなので
 0.714x-45-70=(x-200)×0.694-45
 0.02x=70-138.8
となり、前年の売上がマイナスになってしまいます。

もし前年度が在庫を150万減らしているとすると、前年度の45を150に置き換えればいいので
 0.714x-150-70=(x-200)×0.694-45
 0.02x=220-138.8-45
 x=1810
となり成立します。

ですので、前年の方が期末時点で在庫を減らせているか、帳簿に誤りがあるかのどちらかかなと思います。前者ですと、在庫は減らせず仕入も減少ということでセールの効果が見られず、商売の規模が小さくなっていますので、結構厳しい状態ではないでしょうか。
買掛金の増大とあわせると、ショートの危険性が高まっていると思います。より注意が必要でしょう。

投稿日時 - 2007-02-20 22:51:44

お礼

ご丁寧なご回答を頂き大変恐縮しております。
ご指摘の通り、前年の方が期末時点で在庫量を減らせております。
商売の規模が小さくなっているというのに、ズバリ指摘された感があります。
いずれにせよ厳しい状態というのがよく分かりました。
今年はアドバイス頂いたことを参考に、頭を使って商売していかなければと思います。
本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2007-02-21 21:10:37

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.2

サラリーマンの管理職です。思うところを書きます。

○損益計算書の内容
売上高、売上原価がそれぞれ200万,70万の減なので、売上総利益は130万の減になります。その130万の減は自身の所得金額の減と同額なようなので、事業がうまくいかない分を自身でかぶった形になります。

○貸借対照表の内容
棚卸高が45万ダウンということで、その分、現金や預金残高が増えているのは当たり前です。(不良在庫がなくなった)
気になるのは「買掛金が増えている」という部分で、負債が増えていることになります。多分、商品の回転率が良くなることで、在庫状態(資産)が減ったことでそうなっていると思います。なので、前年と同様にやっているとショートの危険性もあるので、キャッシュフローは気をつけたほうがいいでしょう。(前年比で大目に取っておく)

○トータル
経営状態としてはやや下向きかなと思います。(在庫を減らしても売上減ですので)商品の回転率が上がっているようなので、とりあえずはもう少し売上を積むと、今よりは安定してくると思います。

投稿日時 - 2007-02-20 01:37:01

お礼

ご丁寧に分かりやすいご回答を頂きまして誠にありがとうございました。
不良在庫をはくためにセールを行いましたが、結局のところ売上が下がっているには不安が大きいです。
(従来の価格では売れなくなっているという事ですよね)

もう一点だけできましたらお教え願えますか?
<Q1>にて「セールを行ったのに、原価率が下がっているのはおかしい気がするのですが?」と質問をさせて頂きましたが、
これについてはどうでしょうか・・・?
この条件だけで判断するのは難しいと思いますが、
単純に、売価を下げて仕入れ値に近い金額でセールを行った場合、原価率が前年に比べて上がるような気がします。
この点だけが腑に落ちないというか、もしアドバイスがございましたら今後の参考のために教えて頂けますと幸いです。

投稿日時 - 2007-02-20 14:27:12

ANo.1

ちょっと情報が少ないので一概にはいえないのですが
売上含む収益、仕入含む経費、それぞれを全て加算し比べて下さい。
それで純利益が出るはずです。

貸借対照表で資本が増えているという事は黒字ですが
その黒字の金額で生計が立てられないのであれば厳しいです。

簿記3級の勉強をすると幸せになれると思いますよ。

投稿日時 - 2007-02-20 01:26:58

お礼

ご回答ありがとうございます。
おっしゃる通り、もう少し簿記の勉強をしなければいけないと思っております。
ご教示誠にありがとうございました。

投稿日時 - 2007-02-20 14:21:26

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-