こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

離婚請求裁判の直前に離婚が成立した場合、弁護士への報酬金の支払い義務はありますか?

離婚裁判を行うことになり、先日、弁護士と「離婚請求裁判委任契約」を結びました。
3月に1審の第一回期日を控えており、弁護士が作成した訴状が夫に郵送されました。
それを見て夫が「裁判まではしたくない」と、署名・捺印した離婚届を送付してきました。
私が望んでいるのは、離婚のみで慰謝料は欲しいと思っていないため、これで問題が解決したかたちになります。

弁護士との委任契約の受任範囲は「訴訟(一審)」であり、着手金、成功報酬金ともそれぞれ50万円です。
弁護士が行ったことは、訴状の作成と裁判スケジュールの調整だけなのですが、今回のように、裁判が始まる直前に離婚が成立した場合、報酬金も支払う必要があるのでしょうか。

明日、担当弁護士と会い、今後の手続きと支払い金額について話し合いをしますので、このようなケースについてご存知の方がいらっしゃいましたら、事前に伺いたいと思い、質問しました。

よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2007-02-19 21:43:32

QNo.2767121

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

このようなことは実務上よくあることです。
本来、弁護士は報酬をもらって生計を立てている法律のプロです。
その支払い方法と額は事前に決めているのが普通です。
今回は「着手金、成功報酬金ともそれぞれ50万円です。」と云うことで、支払っているかどうかわかりませんが、原則としては、それに従うべきです。
「途中の和解」はよくあることで「勝訴」と同様ですから。
でも、今回は、事実上、裁判にはならなかったことですし、弁護士としても、それほどの手間もかからなかったので「まけてください。」と云ってみて下さい。
額は、ともかく、必ずそうなると思います。

投稿日時 - 2007-02-20 06:42:39

お礼

契約時に、「途中の和解」をいちばんの目的として早期解決を目指すことにしていました。
もちろんその場合も成功報酬を支払うことは了承済みでした。
そういう意味では、弁護士のおかげで最短で解決できたと考えるべきですね。
まずは感謝の旨をお伝えし、報酬金の減額については別途弁護士と相談したいと思います。
ご回答ありがとうございました!

投稿日時 - 2007-02-20 10:59:31

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

「弁護士が訴状を作成し裁判スケジュールの調整をし、訴状が相手に届いた」から離婚が成立したのです。
そのことに対する成功報酬は支払う必要があります。
「個人で交渉したら裁判なんか出来ない」と思って離婚に応じなかった可能性もあります。
「実際に裁判を行った場合の金額」とは違うと思いますが。

投稿日時 - 2007-02-19 21:55:51

お礼

確かに、弁護士の名前で訴状が届いたから離婚に応じたのかもしれません。
成功報酬については支払う方向で、弁護士と話し合って金額を決めたいと思います。
ご回答ありがとうございました!

投稿日時 - 2007-02-20 10:58:39

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-