こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

生活費 返済義務・・・

はじめまして。よろしくおねがいします。
私は既婚者で、旦那とは別居状態なのですが数年前から彼氏がいます。
水商売をしていて、そこでお客様として彼とは知り合い付き合うことになりました。その際に、彼には私は既婚者で旦那とは別居状態だと言うことを言った上で納得して交際が始まりました。
数ヶ月して、彼が生活費(家賃など)を全面的に負担するからお店を辞めて欲しいとお願いされ、私も彼の言う通りにしました。

しかし、その生活は半年しか続かず、別れることになり、その際彼からいままで使ったお金を全て返済してくれと言われました。毎月振り込みでお金を入れてくれたので計算はすぐにでもでき、70万ぐらいになります。
また、おまえのせいで精神的に病んだ、医師の診断書もあるから慰謝料の請求もされました。 彼の友人に弁護士がいて、その方から正式な手紙も送られてきました。また、メールを偽造して、あたかも私がお金を返済するという内容のメールをつくり弁護士さんに渡しているようですし、結婚していたことも知らなかった、というように自分の都合のいいように話しているようです。

この場合、法律的にお金を返さなければいけないのでしょうか?
長くなりましたが、よろしくお願いします。

投稿日時 - 2007-02-09 17:32:03

QNo.2738002

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.2

一応いっておきますが、あなたが贈与だった!と証明する必要は全然ありません。つまり証拠なんて要りません。

彼氏が「返還約束」を立証できなければ彼氏の負けです。あなたが「贈与」を証明しなくても。

素人のやったメールの偽造ぐらいでは決定的な証拠にはならないし、代理人をつければ今回の事例の場合、多分負けないでしょう。

普通でないことをするのにはそれなりの危険もあるって事です。
普通のつきあいなら訴訟沙汰など無いですから安心してください。

投稿日時 - 2007-02-09 18:43:13

お礼

大変心強い回答ありがとうございます。
彼は自分の会社が倒産してしまい、お金に困ってこのようなことをしているんだと思います。
代理人をつければということは、弁護士さんに相談して全て話して、お任せした方がよさそうですね。 ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-02-09 18:47:08

ANo.1

そのお金は贈与であり、返還する義務はありません。

ただ、「返還の約束をしたこと」がそのメールの偽造によって立証されてしまえば負けてしまいます。もし裁判になってしまったら自分ではやらず弁護士等にお願いしましょう。

また、損害賠償についてもあなたが何か特別なことをしたのなら別ですが、賠償義務なしと考えるのが普通です。

とりあえず、裁判外では何を言われても取り合わないこと。払わないこと。が重要です。

投稿日時 - 2007-02-09 17:48:09

お礼

お返事ありがとうございます。少し安心しました。
先ほどもう一度、弁護士からの手紙を読み直したのですが、彼は貸したお金と言っているようです。
彼からの贈与という証拠は何も無く、通帳記帳による振込みを貸したと彼が言ってしまえばそれまでなのかと思いました。

偽造でもメールにより返済の約束と立証されてしまうこともあるんですね。
おそらくフリーメールなどで適当にIDを作成し自分とのやり取りのようにしていると思います。それが偽造かどうかなんて証拠ないですよね。実際にメールの文章はプリントアウトして証拠としてあるのですから、私には何も証拠としてありません。
お付き合いをしている時点で、全てのものを証拠として取って置くことなんてありえないと思います。別れた時のことを考えてこれからは、慎重にしなくてはいけないのかと思うと悲しいですね・・・。

投稿日時 - 2007-02-09 18:20:23

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-