こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

マイナスイオンは何イオン?

美容健康にマイナスイオン効果!
マイナスイオン発生ドライヤー

1.などのように一般に言われるマイナスイオンとは何のイオンなのでしょうか?
2.マイナスイオンが発生したあと、片割れのプラスイオンはどこにいったのでしょうか?(表現がおかしいかもしれませんが)
3.もしもマイナスイオンの話が出鱈目だとしたら、ドライヤーにはイオン発生器というものがついていますが、
あれは何をしているのでしょうか?(実際に髪がサラサラになったと言う話も友達から聞きますので、何らかの効果は生じているのでしょう。)


以上がメインの質問です。よろしくお願いします。
以下は細かい疑問なので、時間のある方教えて下さい。



水なら周りに豊富にあるし、滝周囲に沢山あると言われることから、OH^-のことか?
それともイオンではなくマイナス電荷を持つ電子?
そもそも、水が落下しただけで電離するの?

電気的な機械も付いてないのに、イオンを発生させるって商品があるけど、それって放射性物質?(だとしても出るのはマイナスイオンではなかろうが・・・)


学生なので、高校レベルの化学でわかるように教えていただけると幸いです。
それとも高校レベルでは理解できない事柄でしょうか?

投稿日時 - 2007-01-27 18:58:24

QNo.2700916

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.3

ドライヤーから出るいわゆるマイナスイオンは、おそらく大きさが数nmの微粒子水が帯電したもので、学校で習う溶液中の塩素イオン(正確には塩化物イオン)などとは種類が違う「大気イオン」の仲間と考えられます。負の電圧を電極にかけたときに発生するので、相方のプラスイオンのことはとりあえず考えなくてもよいようです。髪の毛がサラサラになるメカニズムは複雑なのですが、水や空気が電気的に分解してできた活性酸素の仲間が微粒子水に含まれ、それが効果を発揮していると考えられます。まだ科学的に十分解明されたとはいえない状況ですが、マイナスイオンタイプのドライヤーが髪によい結果をもたらすと喜ぶユーザーはたくさんいるようです。

投稿日時 - 2007-02-07 02:53:10

ANo.2

回答が出ていないようです。

イオン自体はハッキリとした科学的な概念です。実体もハッキリしています。これと「マイナスイオン効果」とは別のことです。

#1であげられているURLは主に「マイナスイオン効果」についてのものです。質問であげられているような基本的なことについてはほとんど触れられていません。ましてや医学的な効果など全く検証されていません。体内でマイナスイオンが多いとか少ないとかの状態を作り出すこと自体が出来ないわけですから効果を調べることなどできないわけです。マイナスがあるならプラスがあるはずだという基本的なことすら踏まえられていないわけですから。

水滴の帯電はあり得ることだと思います。その結果自然界では雷現象が起こることになります。規模の小さいものが地表で起こることは可能でしょう。ただそれがどの程度なのかはわかりません。
マイナスに帯電するといわれているのは水滴が小さく分裂していくときに半径の小さい方がマイナスOH-、大きい方がプラスH3O+になるからでしょう。小さい方が空中に滞留する率が高いからです。
1μmほどの大きさの水滴でイオンが数個~数十個というレベルではないかなと思っています。水の分子1兆個につき数個です。でも全く根拠はありません。これについてはどなたか根拠のある数字を教えて頂けるとありがたいです。
一回の雷で移動する電気量が数クーロン程度と言うこと、ミリカンの油滴法での油滴の大きさと帯電量などから推測しています。
またマイナスに帯電といってもこれしかイオンがないわけではありません。これくらいのアンバランスが生じるという意味です。イオンはもっとあります。中性の水でも5億個に1コぐらいの割合でイオンに別れているのですから。

摩擦電気や静電現象があまりよく調べられていないのが現状のようです。TVでは科学マジックや科学エンターテインメントとしての取り扱いです。電気分解ですら魔力を持っています。食塩水の電気分解でしかないものをアルカリイオン水としてありがたがるのも同じベースのものです。

曖昧な内容で申し訳ありません。

投稿日時 - 2007-01-31 21:52:01

お礼

なんだかわかったような、わからないような・・・
すいません、飲みこみがわるくて、

本題以外のところでも自分の知らなかったこと教えて頂けました。

>一回の雷で移動する電気量が数クーロン程度
特にこれは意外でした
あれだけ派手なことが起きてるのに数クーロンとは
電圧と電気量は別物と理屈では判っていても、
言われるまで思ってもみませんでした

投稿日時 - 2007-02-05 16:34:23

ANo.1

代表的な、疑似科学製品ですね。
解説するのも汚らわしいので、以下のURLを参考にしてください。
http://esp2003.hp.infoseek.co.jp/m_ion.html

投稿日時 - 2007-01-27 21:00:46

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-