こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

税務調査について

いつもお世話になっております。
開業3年目の個人事業主です。周りから、「そろそろ税務署が来るよ~」と言われています。脱税も一切してないし来るのは構わないのですが、税理士さんを雇っていない個人経理なので、その点が少し不安です。そこでご質問なのですが、

・そもそもターゲットになる基準ってあるのでしょうか。

・年収約700万の零細にまで調査って入るのでしょうか(人によっては3割以下の確率だ、いやまったく来ない、いやいやランダムに来るよ、と意見が分かれているようですが・・)

・税理士さんを雇っていない個人には、税務署の職員が連絡なしに直接来る、というのは本当でしょうか?

・経費関連の「見解の相違」にはどのように対処したらいいのでしょうか?(引っ込みが付かないと何らかの理由をつけて否認される、と聞いてますので・・)

自分と似たような立場の経験者の方がいればうれしいです。よろしくお願いします。

投稿日時 - 2007-01-24 07:33:21

QNo.2691504

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.2

・そもそもターゲットになる基準ってあるのでしょうか。
税務署も闇雲に調査しているわけではなく上級省庁からの指示(重点的に調査する業種等)や上司(統括官・課長みたいな者かな)からの指示(データ分析)により調査対象を決めています。
・見解の相違
処理した内容に不安があるような場合、基になった参考資料(条文や事例)をコピーし添付資料とすると調査段階でまごつくことが少ないし調査する方も適切に応答し悪意のある間違いとせず処理してくれます。2~3年後に調査されると何を根拠に処理したか曖昧になり否認しやすくなりますから。

投稿日時 - 2007-01-24 09:39:05

お礼

処理した内容に不安があるような場合、基になった参考資料(条文や事例)をコピーし添付資料とする→これは思いつきませんでした!なるほど、こうやって信憑性を高めてわかってもらえるよう努力すればいいのですね。これからさっそくやります!回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-01-24 12:27:15

ANo.1

>そもそもターゲットになる基準ってあるのでしょうか…

それは、それぞれの税務署の規模や方針によって異なりますので、十把一絡げな回答はできません。

>年収約700万の零細にまで調査って入るのでしょうか…

それはあり得ます。
特に、還付申告をしたら必ず調査に来られると思っておくのが無難です。
少々の還付金なら、申告しないという選択肢もあります。

>税理士さんを雇っていない個人には、税務署の職員が連絡なしに…

不意に来られることも当然ありますよ。
ただ、このときは現金出納帳を毎日記帳しているかどうかなど見ていくだけで、あまり深いところまでは追求していきません。
事前に通告してからくる場合は、半日近くかけてじっくり見ていきます。

>経費関連の「見解の相違」にはどのように対処したら…

あなた自身が正しいと思っていることは、はっきり正しいと主張する。
少しでもあいまいな点があるなら、あっさり過ちを認め修正申告に応じる。
素直に認めれば延滞税だけで済むものも、ごたごたごねれば重加算税が加わることもあり得ます。

投稿日時 - 2007-01-24 09:03:20

お礼

mukaiyamaさん、いつもお世話になります。
>少々の還付金なら、申告しないという選択肢もあります。
え、それって「アリ」なんですか?!事業者なら誰でも申告しないといけないのだと思ってました。でも自分の場合、還付金が「少々」でもないから微妙なのですが・・。多くもないけど・・。

不意に来られることも当然ありますよ→たまたま仕事で手がふさがっているときは当然断ることもできますよね?

あなた自身が正しいと思っていることは、はっきり正しいと主張する。
少しでもあいまいな点があるなら、あっさり過ちを認め修正申告に応じる→これに限りますよね!重加算税は・・怖いです。

投稿日時 - 2007-01-24 12:24:04

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-