こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

宇宙のはじまりは【無】から生まれたんですか?

ナツメ社の「140億光年のすべてが見えてくる 宇宙の辞典」(沼澤茂美+脇屋奈々代=著)によれば、

 宇宙は時間も空間もない「無」の状態から生まれたと考えられている、この「無」の状態は「真空のエネルギー」というものに満たされた躍動的な世界、とありました。
 原子より遙かに小さい大きさで誕生した宇宙は、自らが秘めていた真空のエネルギーによって「インフレーション」をとげた、と。


そこで質問です。
・何故、宇宙は何も無い所から誕生したのでしょうか。
・また、インフレーションによって、どの様に、新しい空間が生まれたのでしょうか。
・宇宙は無の空間?から生まれたのなら、宇宙には壁みたいなものはあるのでしょうか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
皆さんの考えなど、教えてください。よろしくお願いします。

投稿日時 - 2007-01-18 21:35:43

QNo.2676938

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>・宇宙は無の空間?から生まれたのなら、宇宙には壁みたいなものはあるのでしょうか。

簡単のために空間の次元を1つ落として説明します。
宇宙の空間がもし2次元だったと想像してください。
そのとき宇宙は3次元の風船のように膨らんでいったと思われます。
いま私たちがいるのは、風船の表面上のある1点です。
そして、私たちは風船の表面から離れ出ることができず、また風船の表面以外の世界を知るすべもありません。

さて、ここで「宇宙に壁みたいなもの」があるかと想像してみましょう。
風船を外から眺めることのできる高次元空間の人間には、風船の表面以外にも世界があり、それこそが風船の表面との「壁」であることが分かります。
しかし、風船の表面に張り付いている私たち2次元の人間には、外の世界を知りえないのですから、「壁」など見ることすらできません。

ただし、こうして1次元落として考えたことで一つ分かることがあります。
それは、2次元空間の宇宙にとって風船の表面上のすべての点が「壁」であったことから、3次元空間の宇宙にとってもすべての点が「壁」であるだろうということです。

私は高次元空間に行ったことがないので分かりませんが、
もし仮に、このような推論が正しいとすれば、この宇宙のあらゆる点が「宇宙の壁みたいなもの」になっているかもしれません。

投稿日時 - 2007-01-18 22:09:32

このQ&Aは役に立ちましたか?

29人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(5)

ANo.5

N64

無から生まれた、というのは、明らかに矛盾しています。ですから、いろいろな仮説があって、その矛盾を解消しようとしていますがまだ成功したものは、ないと思います。その中でも、参考URLの記事は希望があって、面白いと思います。

参考URL:http://www.riken.go.jp/r-world/info/release/news/2006/may/index.html#frol_01

投稿日時 - 2007-01-19 09:23:21

お礼

みなさま、ご回答ありがとうございました。

みなさまの意見を聞いて、宇宙は広いんだなぁ、という事を、実感しました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-02-18 12:20:57

ANo.3

ドーナツの穴は、周りにドーナツが「有」るがこそ存在できるのと同じく。ここで語られる「無」というのも、定義が曖昧です。
ビックバン以前の状態は、数学的に記述できるだけで、人間が感覚的に把握できる物ではありません。

>・宇宙は無の空間?から生まれたのなら、宇宙には壁みたいなものはあるのでしょうか。
「何も無い空間」では無く、「空間が無い」ので、境界である壁を考えること自体が無意味です。
地球の表面が有限であるにも関わらず「果てがない」のと同じく、宇宙にも壁はありません。…この地球表面という2次元を、3次元に拡張して考えられれば、今回の質問への答えの第一歩かと。

投稿日時 - 2007-01-18 21:58:14

ANo.2

宇宙の始まりに関しては色々な説があります。(神が創造したと云う人もいますし、ビッグバンは無かったと云う人もいます。)

サイクリック宇宙論と云うのが有ります。(超ひも理論)
現在の宇宙は大体50回目だそうです。
現在宇宙の年齢は約137億年と云われていますが、これまで有るビッグバン宇宙論だとどうもエネルギーと時間との関係が上手く説明出来ない。(100億年程度では足りない。)
ビッグクランチもご存知だと思いますが、1回目のビッグバンからビッグクランチを経て、2回目、3回目と数を追う毎にそのエネルギーなどが大きくなり現在に至ると。
これに関しては「くりらじ」のポッドキャスト「ヴォイニッチの科学書」のchapter109に詳しいので興味が有れば、聞いてみて下さい。
http://www.c-radio.net/

投稿日時 - 2007-01-18 21:52:32

ANo.1

科学や天文学の観測結果を追いかけると、そういう結果になる、と言う事で、ほんとに無だったかは誰もわかっていないのです。

投稿日時 - 2007-01-18 21:47:42

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-