こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

精神保健福祉士と社会福祉士の違いなど

 福祉系の大学へ進学しようと考えているのですが、タイトルの資格の違いについて分かりません。
 将来的にはやはり福祉関係の職につきたいのですが、自分としてはご老人や障害者の介護や精神病患者を相手に働きたいという希望があるわけではないんです。

 具体的に指定してしまうのはおこがましいかもしれませんが、自宅から自転車で通える範囲に「精神保健福祉センター」というのがあり、そこで”アルコールや薬物の中毒者のため”に働きたいんです。
 そこで働くにはどういう資格を取って、どういう道筋を歩めばいいのか知りたいんです。ひょっとすれば(東京在住なので)都や区の職員になることが必要で、福祉大学へ進むのは遠回りなのでは?という心配も出てきています。

 しかしながら、おそらくそういう施設はピンポイントで希望しても、毎年採用を取っているとは限らないんですよね?
 そうなると、自分の優先したいことは”アルコールや薬物の中毒者を相手にできるところ”ということになるんですが、その場合だとタイトルにある2つの資格ではどちらが有利なものになるのでしょうか?
 前途した施設の名前が名前だったので、「精神保健福祉士」がいいのかなっと思い、今のところはそちらに焦点を合わせているのですがどうでしょうか。

 また、2つの資格を同時に取るには、同一年に別の実習を受けられないことから、1年浪人することが必要となるのですが、そこまでして同時取得にこだわる必要性はありますか?卒業してから、もう一方を取り直すこともできないんでしょうか。(それなら1年浪人しても同じですね‥)
 
 最後に、ハローワークでざっと福祉士関連の求人を見てみたら、指定こそされていないものの、求人先の割合は女性ばかりだったのですが、男性で福祉士として働くのは浮いてしまうものでしょうか?
 長文になってしまいましたが、よろしくお願いします。

投稿日時 - 2007-01-12 02:42:57

QNo.2660248

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

精神科単科病院で精神保健福祉士として働いています。
社会福祉士も所持しておりますが、精神科ということもあり、当院では精神保健福祉士が必須となっております。

さて、”アルコールや薬物の中毒者のため”に働きたいのであれば、専門としては精神保健福祉士となります。働く場は主に、精神科ある病院・地域活動支援センター・精神保健福祉センター・自立支援関連施設・救護施設などです。

「精神保健福祉センター」については、私の県では、県職員が勤務しておりますので、二種公務員試験を受けて採用され、希望で精神保健福祉センターへ配置されることになります。もちろん希望が通らない場合も多いようです。逆に、精神保健福祉士を所持していなくても、働いている県職員さんはいます。持っていればより採用(配置)されやすいかもしれませんね。ただし、行政職は異動が多く、全く違う部署に数年で異動されることが多いようです。(都(区?)の場合はどのような仕組みになっているのかは判りませんが)

むしろ精神科病院で働くか、精神病に特化した施設、依存症回復に特化した救護施設などに就職したほうが依存症の方のために働きたいという意味では、希望がとおりやすいのではと思います。
ちなみに、障害者自立支援法が昨年施行され、精神障害者のみ対象とした施設はなくなり、身体・知的・精神の三障害どなたでも対象とするようになりました。ただ現実は、精神障害に特化した…という施設がまだまだ多いので、そちらに就職すればよいのではないでしょうか?
依存症回復を専門に行なっている救護施設(生活保護の方の施設)、NPOなど民間団体も有りますし。
ただ、近所となると難しいと思いますよ。採用枠が毎年あるわけではないでしょうし。遠方でも良いから採用試験受ける!というぐらいの気持ちでないと…。

福祉系大学には通ったほうが良いと思います。基礎を学ぶのと学ばないのとではかなり違うと思います。遠回りと考えず、知識・理解を深めると考えてください。精神障害関連でどうしても働きたいと希望するなら、精神保健福祉士のみ取得すればよいと思います。経験上、潰しが利くのは社会福祉士ですけどね。
ちなみに福祉系大学卒の場合、短期通信教育(最短6ヶ月)の専門学校に通えば、精神保健福祉士の受験資格は得られます。浪人するよりもかなり安上がりですよ。働きながらでも取得できます。

投稿日時 - 2007-01-26 16:52:38

このQ&Aは役に立ちましたか?

8人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.2

 大学の福祉学科を卒業し、精神保健福祉士は持っていないのですが社会福祉士を持っているものです。
 精神保健センターは行政機関ですが、保健師の求人と同じように特別枠での採用になり、試験は教養をメインとした内容になると思います。採用において資格が求められると思うので福祉大に進むことが遠回りにはなりませんが、専門知識の勉強に併せて一般教養の勉強もする必要があります。そしておっしゃるとおり毎年採用を行うとは限りません。そして、欠員補充などの若干名の募集に、多くの希望者が集まることから厳しい試験になる可能性が高いです。
 次に、アルコールや薬物依存者に対する支援ということであれば、精神保健福祉士の方がよろしいと思います。そのような施設や病院の求人でも社会福祉士より求められることが多いでしょう。ただ、アルコール・薬物依存の更生施設は多いとはいえないので、どうしても就職したい場合はボランティアや実習でつながりを持っておくことも考えた方がいいと思います。知っている先輩は実習で行った施設から声がかかって就職しました。
 ちなみに精神保健福祉士と社会福祉士は留年しなくても受験資格が得られますし、そういう学校もあります(実習は3年生で一方、4年生でもう一方へ行くかたち)。実際同僚にもそういう人がいました。ただ、学生生活も大変ですし、国家試験も両方勉強しなくてはならないので大変です。それと学校によっては、精神保健福祉士は希望者の中から成績で選考というところもあります。
 女性が多い職場でも浮くということはないような気がします。私は分野が違うのですが女性職員が多い老人ホームで働いていたときも感じたことはありませんし、実際に行政の福祉職として働いている知人などからも聞いたことがありません。
 長くなってしまいましたががんばってください。

投稿日時 - 2007-01-15 09:35:28

ANo.1

ご質問を整理してお答えします。

・アルコールや薬物依存症に対する援助職
 精神保健センターなどの行政組織もありますが、より直接的な
 援助の場としては精神科病院やクリニックのソーシャルワーカー、
 DARCなど民間リハビリ施設のスタッフなどがあります。
・自治体における福祉職の活躍の場
 福祉職としての採用自体が少なくなる傾向ですが、仮に採用された
 としても希望どおりに配属されるかは別問題です。
・福祉士資格について
 社会福祉士はいわゆる「基礎資格」的なもので、もちろん資格を
 持っていて不都合な事はありません。しかし精神科領域に仕事を
 希望するならば、精神保健福祉士資格を取得することがよいと
 思います。採用の条件とされることも多いです。
 (もちろん社会人になってからも資格取得できます)


 

投稿日時 - 2007-01-13 16:25:45

お礼

回答ありがとうございました。ちょっと長くて分かりにくい質問だったかな、と思ったのですが知りたいポイントを回答していただけて助かりました。参考にしたいと思います。

投稿日時 - 2007-02-16 19:18:17

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-