こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

どうしても計算が合いません

いま、蒸気圧の計算をアントワン式というものでやっています。
アントワン式とは、蒸気圧をP(単位はbar)、沸点温度をT(単位ケルビン)で、パラメーターA、B、Cをつかって
 logP=A-(B/T+C)
で計算するというものです。logの底は10、A=4.68277、B=1492.549、C=-91.621です。http://webbook.nist.gov/cgi/cbook.cgi?ID=C71410&Units=SI&Mask=4#Thermo-Phase に載っています。
今、沸点が52℃、つまり325Kのときの蒸気圧Pを算出したいと思います。
  logP=4.68277-(1492.549/(325-91.621))
    =-1.72596
 よって、P=10^(-1.72596)=0.01880(bar)
となりました。
 1bar=750mmHgなので、換算して
  0.01880bar×750=14mmHg
となりました。しかし、これは実験事実と合いません。
実験値は、この2倍ぐらいの30mmHgになりました・・・。
ほかの物質でも、半分以下の値にしかなりません。
どうしてこんなに異なるのでしょうか???
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2007-01-08 22:56:29

QNo.2652784

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

状況が想定できませんが、
まず、計算そのものは全く間違っていません。
さらに、他物質でも同様なことが起こっていることから見て、
実験内容と理論内容にどこか食い違いがあるのではないでしょうか。

例えば実験で代入すべき式が間違ってるとか。
測定がちょっとおかしいとか。
全部がずれる以上、実験手法を疑ってみる余地はあると思います。

あまり具体的な回答が出せずに申し訳ありません。

投稿日時 - 2007-01-09 00:31:38

お礼

申し訳ありませんでした。
よくよく考えてみると、理論的にもあっている模様でした。
こんな質問をしてしまった自分が恥ずかしくてしかたありません。
お手数おかけしまして、本当に申し訳ありませんでした。

投稿日時 - 2007-01-09 00:42:40

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-
-広告-
-広告-