こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

副業の申告と課税について

私はサラリーマンで給与所得がありますが、昨年より行く末を考え個人事業扱い(青色申請/開業届)で副業を行っています。100万くらいの所得がございましたが、会社にばれないようにしたい主旨から、このケースの確定申告方法について、当サイトで質問をさせて頂き、申告の方法(申告書B利用/「所得の内訳(源泉徴収税額)」欄に、会社員側の給与所得を記載/「社会保険料控除」欄に会社にお源泉徴収表の内容記載/「住民税・事業税に関する事項」欄は「自分で納付(普通納付)」にチェック)は教えて頂きました。

新たに気になっている点としまして、
申告結果、副業分(100万)の課税される所得税は普通納付扱いとして、会社にはばれずにすむかと思っております。
一方、住民税については、会社側に連絡が行き、給与所得から天引きされてしまう?⇒副業がばれてしまう可能性があるのでしょうか?
また、これを回避する方法はございますでしょうか?

ご存知の方、どうか教えてください。

投稿日時 - 2007-01-08 19:45:18

QNo.2652285

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

認識誤りがあります。

>副業分(100万)の課税される所得税は普通納付扱いとして、会社にはばれずにすむかと…

確定申告をした際の【所得税】は、副業分だけに課せられるのではなく、本業分と合わせた所得を元に計算し、本業で前払いした分を差し引いた残りを納めます。
しかも、自分で税務署か金融機関に払いに行くか、自分の預金口座からの引き落としを選択するかのどちらかです。
それを「普通納付扱い」とか「特別納付扱い」とかは言いません。

>住民税については、会社側に連絡が行き、給与所得から天引きされてしまう…

先の「普通納付扱い」は住民税のことで、ここに丸をしたのなら、納付書は自分宛にきます。
給与からの天引きではありません。

投稿日時 - 2007-01-08 20:31:01

お礼

ありがとうございます。
認識違いよく理解できました。
ご解説に感謝いたします。

投稿日時 - 2007-01-10 00:21:10

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.1

下記の参考URLを読んでください。
「給与所得以外の住民税の徴収方法の選択」の項に書いてあります。
給与所得に対する住民税については、「給与から差引き(特別徴収)」に。
給与所得以外の所得に対する住民税については「自分で納付(普通徴収)」に。
とチェックを入れることによって分けることが出来ます。

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/kakutei/tebiki/h18/a/12/12002000.html

投稿日時 - 2007-01-08 20:20:19

お礼

ありがとうございます。
ご紹介のサイトを拝見し、認識を新たに致します。

投稿日時 - 2007-01-10 00:22:09

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-