こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

フランスの大学院-DALF

私は今ニュージーランドの大学で心理学を専攻しています。
来年からフランス語のクラスも取り、残りの大学生活約2年間半、フランス語も勉強していくつもりです。

フランスで働きたいと思っているので、ここの大学を卒業後は、フランスの大学院で心理学を勉強したいと思っています。親の金銭的負担を少なくするためにも、奨学金をとりたいと思い、そのためにはDALFを受けたほうがいいな、と考えています!
今年末日本に帰ったら早速フランス語の勉強を始めるつもりです!!
来年末にはDALFを受けたいのですが・・・
約1年間必死に勉強したら、DALFをパスすることは可能でしょうか???

また、フランスの大学院で心理学を学べるほどのフランス語を身につけることは可能でしょうか?フランスへは行ったことがないので、今年末は日本でバイトをしてお金をため、来年末にはフランスへ旅行して、フランスが自分に合っている場所かどうかも自分の目で確かめてきたいと思っています。それまでに行きたい大学院もいくつかに絞り、旅行したときにそれらの大学院へも足を運びたいと思っています!

投稿日時 - 2006-10-30 07:30:44

QNo.2506280

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.3

フランスに在住しているので、参考になるかなと思うことを書きますね。

DALFに関しては、前の方も書いていらっしゃるように、フランス語を学習し始めて1年で合格するというのは、かなり難しいかと思います。日本でフランス語をかなり長く勉強された方でも、こちらに留学されてDALFに合格するには、時間がかかるようです。日本語で理解しても、質問にフランス語で答えることができない、自分の考えを表現できないといったような問題が出てくるようです。豊富な語彙も必要ですし、フランスの文化や時事問題に関しても知識が必要になるという面もあります。下記に、このディプロムを管理しているフランス、セーヴルの中央機構Commission Nationale全国委員会のサイトのアドレスを貼っておきますので、参考までに見てみるのもいいかと思います。英語のページもあります。

またフランスの大学に関してですが、現在多くの大学がマスター制度を取り入れ、3年間のリサンス(学士)の課程が終わったあとは、マスターの2年間、それに合格すれば博士課程というシステムになっています。手続きに関して少し書いておくと、フランスの大学に入学、編入する場合、フランスのBAC(バカロレア 高校卒業と大学入学の資格)に相当する学歴が必要になります。つまり日本の高校卒業証明書と大学に入ったという証明書が必要です。それで、例えばharupさんが、フランスの大学の心理学のマスターに入ろうとした場合、今harupさんが在籍している大学で取得したカリキュラムとフランスの大学のカリキュラムが、かみ合うかという照らし合わせがあって、何か足りない科目があれば、その授業が追加されるということになるかと思います。また、手続きの際にDALFの資格があれば、フランス語能力を問う試験が免除されるはずですが、そうでない場合は、フランス語能力を確かめる試験が課されると思います。心理学科の特有の課題が出されることもあり得るかも知れません。

そして、現実的な大学院の勉強ですが、頑張って勉強して短期間でDALFを取得して、手続き上入学できたとしても、授業についていくのはかなり厳しいのではないかと想像します。harupさんの現在の大学で勉強していることとの違いも出てくるでしょうし、やはり、フランス語の壁が大きいと思われます。日本で、フランス文学やフランス語学科を卒業後、あるいは院生として、留学されてくる方を見ていると、特に1年目は、大学のシステム自体に戸惑ったり、ノートが取れなかったり、レポートが書けなかったりという具合で、留年される方も多いです。特に、心理学科のマスターともなれば、専門にも依るでしょうが、授業と試験、論文をこなすだけでなく、臨床などの実習も入ってくるかと思います。そうなると、フランス人とのコミュニケーションがネイティブくらいにこなせる語学力が必要となってくると思うのですが、harupさん自身は、どんなマスターでの勉強、研究のイメージを持っているかしら。

さらに、フランスで働くことを考えるなら、フランス人の気質や社会問題なども深く知る必要があるでしょう。個人的な意見としては、フランス語を短時間で身につけるよりは、少し時間をかけて、フランスの文化なども含めじっくりと身につけてから、フランスの大学に入ることを考えた方がいいように思います。いずれにしても、マスターに入るとなると、心理学の中でも専門もはっきりさせる時期になるでしょうし、指導教授も決めることになると思います。

フランス語の勉強を始めると同時に、harupさんが予定していらっしゃるように、フランスに行ってどんな国かを自分の目で確かめたり、大学のサイトで情報を集めて現地を訪れてみたり、どんな専門の先生がどこの大学で教えているのかもチェックしてみるといいですね。どこの大学というより、どの先生に教えてもらうかが大事になってくると思いますよ。

また、少し厳しいかもしれませんが、「フランスで働きたい」という意味が、「フランスで働いてみたい」ではなくて「フランスで働いて自活していきたい」ということなら、労働ビザが取りにくいなどの外国人がフランスで働く場合の壁にぶつかることがあることも少し頭に入れておいたほうがいいかと思います。

でも、実際日本人の方で、フランスでお医者さんとして働いている方もいらっしゃるので、harupさんも自分の夢に向かってまずは、フランス語の基本の学習と今の大学での心理学の勉強、頑張ってくださいね。今の大学のフランス語担当の先生方にも色々相談してみたらどうかな?フランスの大学に詳しい方もいらっしゃると思います。

参考URL:http://www.ciep.fr/delfdalf/

投稿日時 - 2006-12-01 09:11:57

ANo.2

>約1年間必死に勉強したら、DALFをパスすることは可能でしょうか???
英語がネイティヴの方なら、努力次第でぎりぎり1年で可能かと。
ふつう日本人大学生は上達が早くて3年くらいかかるでしょうか。
ただ、DALFのうち、ランクの低い方にやっとひっかかる程度では、
給費を獲るのは難しいですよ。
留学すると、ドクトラの前にDEAにパスしないといけないので、
いきなりそこでつまづかないためにも、3年くらいは語学をやっておいたほうが
いいんじゃないでしょうか。
ただ、ほとんど英語で済む大学(あるいは教授個人)もあるはずなので、そちらに力を入れて探されるとよいかも知れませんね。

投稿日時 - 2006-10-30 23:16:58

ANo.1

>約1年間必死に勉強したら、DALFをパスすることは可能でしょうか???

それは harup さん次第です。
一応,250~300時間勉強したくらいが目安ということになっています。
詳しくは
http://www.ifjkansai.or.jp/delfdalf/
をご参照ください。

なお,DALF C1 をとれば,フランス政府給費留学生試験の一部が免除されます。非常に狭き門ですが。
詳細はこちら。
http://www.ambafrance-jp.org/article-imprim.php3?id_article=438

投稿日時 - 2006-10-30 12:25:19

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-