こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日本は原子爆弾の材料を自己調達できる?

北朝鮮の核実験を契機として、日本の核武装を巡る質問が相次いでいますが、ここでは関連質問をさせて頂きます。よろしく。

日本は現在、原子力発電所の燃料としてウランやプルトニウムなどの放射性物質(核燃料)を輸入していると理解しています。日本が核武装する場合は、(まさか原子爆弾の輸入はできないでしょうから)核燃料を核爆弾に転用することになります。しかし日本が核武装すると、核燃料の日本への供給が止まる事態が予想されます。

その場合、日本は国内で産出するウラニウムなどの天然鉱石だけが頼りになる訳ですが、日本のウラン鉱石の埋蔵量は多いのでしょうか。核兵器の材料としても、原発の燃料としても、自前で充分に調達できるのでしょうか。

投稿日時 - 2006-10-22 09:39:20

QNo.2489137

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

> 使用すれば『減る』のではなく『増える』のですか。

ちょっと誤解があるようなので一応説明すると、高速増殖炉で燃焼(核分裂)させる燃料には、プルトニウムのほかに、ウランが含まれています。

プルトニウムが核分裂した際に発生する中性子によって、ウランがプルトニウムに変換されるのであって、分裂で消費するプルトニウムよりも生成されるプルトニウムの方が多いので「増える」と形容されています。

詳しくは参考URLを見てください。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E9%80%9F%E5%A2%97%E6%AE%96%E7%82%89

投稿日時 - 2006-10-22 16:51:49

お礼

>プルトニウムが核分裂した際に発生する中性子によって、ウランがプルトニウムに変換されるのであって、分裂で消費するプルトニウムよりも生成されるプルトニウムの方が多いので「増える」と形容されています。

早合点しました。結局、プルトニウムが「増える」と言っても、それは元の燃料であるウランが消費されて「減る」ことなのだから、安心するのは間違ってますね。ガッカリしました。

海水からウランを取り出す研究が進んでいるそうで。成功すればウラン燃料が無限に得られることになりますね。

有難うございました。

投稿日時 - 2006-10-22 22:13:30

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(8)

ANo.7

日本が核兵器を運用するにあたり、資金・技術・材料は用意できます。しかし、ひとつ大きな問題があります。「実験場所の確保」ですね。実験なしの兵器など評価できるものではありませんし、開発施設や地下実験場を近所に作られるとなると住民は激怒するでしょうね。ごみ処理施設なんかでも相当な反対があるくらいですし。

投稿日時 - 2006-10-22 16:10:44

補足

開発施設については、大学や電力会社の既存の放射線研究施設を利用できます。また原子力発電所の一角を利用してもいいですが、テロリストに狙われ易いので避けた方がいいかも知れません。

核実験(核兵器の爆発実験)の場所についても、私は心配していません。核実験の第一の目的は、核爆弾の爆発信頼性を確保することにありますが、模擬核実験(核爆発シミュレーション)によっても同じ目的を達せられるので、必ずしも爆発実験を行う必要がない。従って、核実験のための広い場所を必要としません。

投稿日時 - 2006-10-22 19:34:35

ANo.6

プルトニウムは自然界には存在しません。ウラニウムの核分裂によって生成されます。また、プルトニウムを核燃料に使うと増殖する不思議な元素(これのための施設が高速増殖炉もんじゅ)です。

日本はプリズム信管さえ持てばいつでもプロトニウム爆弾は保有できますし、それなりの数が作れます。

投稿日時 - 2006-10-22 11:10:46

お礼

>プルトニウムを核燃料に使うと増殖する不思議な元素(これのための施設が高速増殖炉もんじゅ)です。

石油を燃料として使用すれば石油が減るのは当たり前ですが、プルトニウムの場合は、使用すれば『減る』のではなく『増える』のですか。すると手持のプルトニウムの一部を核爆弾に転用しても何の心配も要らない訳ですね。非常に安心しました。有難うございました。

投稿日時 - 2006-10-22 12:31:13

ANo.5

ウランの天然鉱石は生産できませんが、プルトニュームはかなり保有しております。
いざとなれば、小型プルトニューム原爆、水爆、中性子爆弾の製造は可能です。
それを搬送するミサイルも、現在のロケット技術を転用すればICBM、IRBMを簡単に製造することが出来ます。
しかし、これをするとアメリカの出番がなくなるし、アメリカ自体が脅威と感じるので反対するでしょう。

投稿日時 - 2006-10-22 10:28:10

補足

>ウランの天然鉱石は生産できませんが、プルトニュームはかなり保有しております。

プルトニュームというのは、国内で産出するものなのでしょうか?

投稿日時 - 2006-10-22 10:50:41

お礼

>・・・・これをするとアメリカの出番がなくなるし、アメリカ自体が脅威と感じるので反対するでしょう。

金正日の住居をピンポイント攻撃できないアメリカなど頼りにできません。やはり日本は、昔のような軍事大国にならないと、国を守れないと思います。好んで戦争する必要はないし、また戦争しなければならない状況でもありませんが、アメリカが反対しても国防のために独自の核抑止力を持つべきです。

有難うございました。

投稿日時 - 2006-10-22 12:42:55

ANo.4

初めまして、昔岡山県の人形峠近くでウランを算出していましたが、海外から購入する方がコストが安いので現在は国内では採掘していないように思います。資本主義国家なので自前の核爆弾を作るよりも海外から購入する方がやすくなるので(核実験の必要性がない等)秘密裏に購入する方がアメリカと話がうまくつけられて良いでしょうね!

投稿日時 - 2006-10-22 10:17:41

お礼

日本は外貨がたっぷりありますから、原子爆弾を輸入できるのであれば、その方が手っ取り早いですね。v(^_^)

有難うございました。

投稿日時 - 2006-10-22 12:06:39

ANo.3

残念ながら日本のウラン埋蔵量は微々たる物で
ほとんど全部を輸入に頼らなければなりません。
そこで、使用済みの核燃料を再処理してプルトニュウムを
取り出して再利用しようと試みています。
ウランの輸入がストップすれば日本の発電量の
三分の一がまかなえなくなります。

参考URL:http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/html/hpba197901/hpba197901_2_024.html

投稿日時 - 2006-10-22 10:17:34

お礼

>ウランの輸入がストップすれば日本の発電量の三分の一がまかなえなくなります。

すると日本は、核武装すると電力事情が悪くなる、ということですね。石炭の火力発電を復活しなければならない訳ですか。

有難うございました。

投稿日時 - 2006-10-22 11:58:18

ANo.2

福島県に少量のウランが存在するようです。
先の大戦で旧日本軍が原子爆弾製造のために研究施設を移転させた経緯があります。
ただ、現在の原子力発電の為の核燃料は100%輸入に頼っているのが現状ですので、自前調達は難しいのではないのでしょうか?

投稿日時 - 2006-10-22 10:15:25

補足

>福島県に少量のウランが存在するようです。

近代的技術を駆使して全国を調査すれば大量のウランが見つかるのでは?また、陸地だけではなく、広大な排他的経済水域の海底を調査してはどうでしょうか。

投稿日時 - 2006-10-22 10:37:07

ANo.1

沢山の原発があるので
数百発の核ミサイルを造れるだけの量は存在しています。

それ以上になれば、自前調達は不可能でしょう。

投稿日時 - 2006-10-22 10:04:58

補足

◆◆◆私は、日本が核武装すると核燃料を輸入できなくなるのではないかと心配しましたが、どうも、心配する必要はないようです。北朝鮮はならず者国家だから国際社会は北朝鮮の核保有に反対して経済制裁をするであって、日本はならず者国家ではないから、経済制裁を受ける気遣いはないし、核燃料を輸入できなくなる心配もありません。イギリスもフランスも核保有国ですが、経済制裁されないし、核燃料の輸入もストップしてませんから。インドも・・・・◆◆◆

投稿日時 - 2006-10-23 11:50:34

お礼

私は日本が核抑止力を備えるにしても、50発程度の原子爆弾を持てば充分だと考えていますから、password様のお答を聞いて安心しました。^^ゞ

有難うございました。

投稿日時 - 2006-10-22 10:19:47

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-