こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

【THE BEATLES】 基本15アルバム収録曲以外に何曲ある?

BEATLESは解散後に月日を経て色々な企画モノが乱発されている
イメージがあって把握ができません。


■PLEASE PLEASE ME ~ ABBY ROAD(LET IT BE) までの13アルバム
■PAST MASTERS 1・2 の2アルバム

・上記15アルバム収録曲以外のオリジナル曲
・上記15アルバム収録曲以外のカバー曲

・上記15アルバム収録曲の言語違い
・上記15アルバム収録曲の大幅なバージョン違い
・上記15アルバム収録曲の微妙なバージョン違い


こんなところでしょうか?
各々何曲くらいあるのでしょうか?特に一番上の項目を知りたいです。
そんなに数がないのなら曲名をお願いしたいです。

ブートレッグを含めるとややこしい質問になるのかもしれませんが・・・
まとめサイトなどがありましたら教えてください。

投稿日時 - 2006-10-07 06:09:52

QNo.2456372

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(5)

>94年以降のことみたいですね
Yellow Submarine Songtrack
というのもあります。Beatles1同様にディジタル処理されています。

乱発したのは、アナログ期のほうが顕著です。
Tony Sheridanとのポリドール盤は、Beat Brothers名義のも含めて、いろいろな形でリリースされています。CDになってからも同様です。
Star Club liveも何種類かリリースがあるのではないでしょうか。
音源は同一ですが。

EMIから正式デビュー後も、初期のアルバムは各国毎に違っていたようです。日本ではMeet The Beatles, Beatles' Second Album, No.5 が日本独自編集で出されました。タイトルはキャピトル盤と同じでも、中身が違い、またどれもモノラルでした。
また、来日時には「ステレオ これがビートルズVol.1、Vol.2」として、Please Please MeとWith The Beatlesに相当するものが出ましたが、曲順が違っており、Please Please Meはジョンのトチりバージョンです。
A Hard Day's Nightのサントラ盤は、映画の配給会社であるUnited Artistsから出ており、音が荒いというか、ダイナミックで、ミックス違い(オーバダブがないとか、リフレインが1回多いとか)です。
EMIパーロフォンとキャピトルが同一になったのはSgt.以降だったと思います。それでもキャピトルはHey Judeなんてオムニバスを出すし、別の国ではそれがBeatles Againというタイトルになっていたり。
解散後、70年代の初期に東芝EMIがSgt.までのレーベルをOdeonからAppleに変更しようとしていて、店頭にはOdeon盤とApple盤が同時に並んでおり、輸入盤店ではアメリカのVeeJey盤がありました。あのとき買っておけばよかった…。
また、アルバム未収録の曲を集めたEMI版レアリティーズとキャピトル版レアリティーズが出て、特にキャピトル版にはミックス違いのものが収録されていたので、東芝EMIは、モノラルミックス版のアルバムを出し、イタリア編集のBeatles in Italy、ドイツ編集のThe Beatles Greatest などを出して、私に財布から金を搾り出しました。
赤盤、青盤のあとにはRock'n'RollとかLove Songsという編集物も発売されました。初期のキャピトル盤は、擬似ステレオにするとか、イコライザーかけて低音を強調するとかしてまして、このRock'n'Rollアルバムでも音をいじったらしいですが、私は買いませんでしたので不明です。

CDになってからはリリースが統一されましたが、また乱発かな…
Capitol Album Vol.3があるかも知れない
Toshiba Albumsなんてのも出るかもしれないし
Live At Holywood BowlのCD化
オリジナルアルバムのディジタルリミックス版
なんてのがありそうですね。

投稿日時 - 2006-10-08 16:21:26

お礼

なるほど詳しい説明をありがとうございます。

意外とオリジナル曲が散らばっていないことが分かって安心しました。
バージョン違いや各国盤・廃盤を追求すると切りがなくて困りますねw

投稿日時 - 2006-10-11 18:55:41

そうそうBBCライブもありましたね。

ドイツ語バージョンは
Komm, Gib Mir Deine Hand
Sie Liebt Dich
があるけど、フランス語バージョンはないと思います。
Michelle の一部でフランス語使ってますけどね。

あとはBeatles録音ではないけれど
RevolverというバンドのNothern SongsというCDが見つかれば買っておいたほうがいいでしょう。Beatlesの録音していないオリジナル曲をBeatlesっぽく演奏してます。
http://www.thebeatles-1.com/JP_LPNorthnSong.html

もう一歩踏み込むと
Rubber Band の Xmas!Beatmas とか
Bad Boys の Meet The Bad Boys (日本盤のMeet The Beatlesのコピー)
とか。

投稿日時 - 2006-10-07 19:43:34

お礼

ありがとうございます。
とにかくオフィシャル乱発しているイメージがあったのですが、
どうやらそれは94年以降のことみたいですね。


73 ザ・ビートルズ 1962年~1966年(赤盤)アルバム
73 ザ・ビートルズ 1967年~1970年(青盤)アルバム 

94 Live at the BBCアルバム 
95 Anthology 1アルバム
96 Anthology 2アルバム 
96 Anthology 3アルバム 
00 The Beatles Oneアルバム 
03 Let It Be...Nakedアルバム 
04 Capitol Albums, Vol. 1アルバム

+上記15アルバム

投稿日時 - 2006-10-08 14:08:47

トニー・シェリダンとハンブルクで録音したもの
Ain't She Sweet Vocal:John
Cry For A Shadow (Lennon-Harrison) Instrumental
My Bonnie Vocal:Tonny

デッカ・オーディション から Anthologyに収録
Hello Little Girl
Like Dreamers Do
がオリジナル。

HolywoodBowlのLiveアナログ盤は正式リリースだけどCD化されていない。
アナログ盤ではレアリティーズとか、
All My Lovingのリンゴのシンバルから入るのとか
Please Please Me でジョンが歌詞をトチってるのとか
From Me To You, Thank You Girl のハーモニカ違い
モノラルミックスとステレオミックスの違いとか
クリスマスレコードとか
Help!のシングルバージョンはCDになってないような
こだわってるときりがない。
AnthologyとLet It Be Nakedをそろえればいいんじゃない?
入手できたらTony SheridanとDecca Audition
あとはLive At Star Clubかな、音悪いけど。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Broadway/5266/beaAlb18.html

投稿日時 - 2006-10-07 17:00:28

お礼

>AnthologyとLet It Be Nakedをそろえればいいんじゃない?
>入手できたらTony SheridanとDecca Audition
>あとはLive At Star Clubかな、音悪いけど。

要はそういうことですか。非常に参考になります。
BBCライブとかもありましたよね・・・
フランス語バージョンとかはどこに収録されてるんだか
うーん乱発

投稿日時 - 2006-10-07 17:44:55

ANo.2

すみません。「ザ・ビートルズ・アンソロジー」1~3の中からですと、まだありました。
(1)
・エイント・シー・スウィート
・ハロー・リトル・ガール
・リーヴ・マイ・キトゥン・アローン
(2)
・イフ・ユーヴ・ガット・トラブル
・ザット・ミーンズ・ア・ロット
・12・バー・オリジナル
(3)
・ホワッツ・ザ・ニュー・メリー・ジェーン
・テディ・ボーイ
・カム・アンド・ゲット・イット
です。

投稿日時 - 2006-10-07 08:40:03

お礼

あらら結構あるんですね。

追加回答ありがとうございます!

投稿日時 - 2006-10-07 11:19:35

ANo.1

・上記15アルバム収録曲以外のオリジナル曲
・・・・・・・・・・・・
…という項目について言いますと、

(1)「ザ・ビートルズ・ライヴ!!アット・ザ・BBC」というライブアルバムに、「アイル・ビー・オン・マイ・ウエイ」という曲があります。これがオリジナル曲です。

(2)公式に発表されているものとして考えるなら、
「ザ・ビートルズ アンソロジー1」(1)曲目の「フリー・アズ・ア・バード」、「ザ・ビートルズ アンソロジー2」の「リアル・ラヴ」もそれに当たるでしょうか。しかしこの2曲はジョンが亡くなった後の曲ですが。一応4人が参加して、ビートルズの名前で発表した曲ということで。

投稿日時 - 2006-10-07 07:06:16

お礼

回答ありがとうございます!

free as a bird、そういえばありましたね。
real love
i'll be on my way
となると3曲ですか。意外と少ないんですね。


後年発売されたものの内容はバージョン違いやライブものがほとんどということですね?

投稿日時 - 2006-10-07 08:02:03

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-