こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

内閣総理大臣の在任期間のカウント方法

 9月26日に「安倍晋三首相」指名の運びになりますが、首相在任期間について疑問がございます。

1 26日に安倍内閣が発足した場合。
 この日は小泉純一郎・安倍晋三のどちらの在任期間になるのでしょうか。1 当日の24時までは小泉純一郎。2 0時に遡って安倍晋三。3 小泉純一郎の最後の日であり、同時に安倍晋三の最初の日。すなわち、両者の在任日が重なる。このどれでしょうか。

2 安倍内閣の発足が、何らかの理由で翌日以降にずれ込んだ場合。
 そもそも、安倍内閣の起点は国会における首相指名の日なのか、天皇の国事行為における首相任命の日なのかが問題となります。また、組閣が完了しなくても、閣僚を首相が兼任すれば、内閣は発足できますが、その場合でも、天皇の国事行為としての国務大臣の認証があります。いずれにせよ、宮中に参内し、天皇の国事行為を受ける日が翌日以降にずれた場合には、小泉内閣の終点と安倍内閣の起点がどのようになるのかが気になります。

以上の点について、法律はどうなっているのでしょうか。

投稿日時 - 2006-09-20 21:04:06

QNo.2420254

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

1 参考URLのとおり、両方の在任期間となります。
2 仮にずれ込んだ場合は、憲法第71条の規定に基づいて小泉内閣が引き続き職務を遂行します。これは「内閣総理大臣が任命されるまで」です。

http://www.kantei.go.jp/jp/rekidai/1-2-1.html

参考URL:http://www.kantei.go.jp/jp/rekidai/ichiran.html

投稿日時 - 2006-09-21 00:05:05

お礼

なるほど、よく分かりました。「重なる」ことと、起点は「指名」ではなく「任命」であることが確認でき、勉強になりました。

投稿日時 - 2006-09-21 08:36:17

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-