こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ネットで許される嘘の範囲

ときどき、自分の運営するブログやホームページで嘘ではないかと思えることを書いている人を見かけます。

「自分は芸能人だ」と自称し、
ここは公式のところではない・プライベートな問題もあるとして、名前や所属事務所を明かさないと言い
そのうえで、ドラマ、CM、舞台に出演していますと書いてあったり
テレビアニメの声優をやっています、とあったり。
実在の俳優さんや声優さんの名前を出して、
一緒にお仕事をしましたとか、写真を撮りましたとか、仲良しなんですとか…。

でもよくよく見てみると、芸能活動などしていないような感じのものも多いです。
しかし、書いている本人は「全て本当のこと」と言っています。


俳優さんたちのことをはっきり中傷したりはしていませんが、
「あんな人、すぐに消える」みたいなことも書いていました。

書いてあったことが全て嘘だとしたら、これらの行為は法律に触れますか?
それとも、名前を出された人が行動を起こさないと何も罰せられないのでしょうか?

投稿日時 - 2006-09-17 23:55:03

QNo.2413722

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

原則としてサイトやホームページの内容が嘘であっても犯罪に問われたり損害賠償請求が
発生する可能性は少ないと思われます。
ただし、内容次第のところもあり、芸能人に関わったものになっていて、それが全て事実で
ない場合、以下のような事件として扱われる可能性があります。

<刑事事件として>
これは事実でないという点よりも、誹謗中傷があった場合です。
公然と、「具体的な事実」を摘示し、人の社会的地位を害する虞れのある状態を作り
出している場合には、名誉毀損罪(刑法第二百三十条)が成立します。
例えば「浜咲はまみ(仮名)は、マスカラをペットボトル1本分使う」とかの具体的事実
を指摘して名誉を毀損した場合です。事実の真偽は問いません。

一方、質問文にあった「あんな人、すぐに消える」のような、具体的事実でない自己の
抽象的判断により人の社会的地位を軽蔑させしむる内容を、公然と表明することは、
侮辱罪(刑法第二百三十一条)が成立します。

これらは、いずれも親告罪なので、誹謗中傷された芸能人が告訴しない限りは刑事事件
となりません。
また、このような誹謗中傷の対象は芸能人に限った事ではなく通常人に対しても同様の
誹謗中傷を行なえば、告訴の上で同じ罪に問われます。

<民事事件として>
芸能人・スポーツ選手は、自分の存在に関して一定の財産的価値を持っています。
CMにでて製品が売れるのもその財産的価値=顧客吸引力です。
これはその芸能人・スポーツ選手に帰属し、その利用と、他者の使用の許諾の権利を
独占的に持っています。これをパブリシティ権といいます。

質問にあがっているような、事実でない内容で芸能人とそれらのサイト・ホームページが
結びつけられると、実在の芸能人のパブリシティ権が影響を受け、価値が低下します。
その点で、芸能人の事務所等はおそらくその手のサイト・ホームページに着目しチェック
していると思われます。
そして、受忍限度を越える場合は、警告を発した上で、パブリシティ権の侵害で民事上の
不法行為として損害賠償請求訴訟を起こすのではないでしょうか?
おそらくは警告の段階でサイト・ホームページ側が閉鎖するので大きな事件として報道さ
れる事は少ないと思いますが。
こちらも、動きだすのは芸能人側ですね。

投稿日時 - 2006-09-18 01:20:58

お礼

お礼が遅くなり、申し訳ありません。

とても詳しい解説をありがとうございます。
捉え方や対応の仕方がいくつかあるのですね。勉強になりました。
やはり名前を挙げられた本人が動かない限りは
こちらとしては何もできないんですね…。
芸能人の所属事務所や公式サイトに連絡してみたいと思います。
それと、ブログサービスを運営している方にも「適切ではない気がします」と連絡してみます。

ためになるアドバイスをありがとうございました。

投稿日時 - 2006-09-30 10:10:57

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

某WEBゲームでまさにそのままの行為を長年やり続けて有名な人(女)がいるの知ってますが・・・・未だ健在な所を見ると、直接的に罪に問うのは
無理なようですね。(※その人については、実在のアニメのタイトルなどを
挙げていたところからたまたま実際に出演していた方と知人関係のある他のユーザーがいて、そんな人いないと裏づけまでもが取れたようなのですが、
それでも捕まったとかいうような話は無かったと思います)

「写真」や「自分が誰であるか」の証拠が無い限り、立証が難しいことを見越して
やってる、非常に悪質なものだと思われますね。
ただ、「仲良し」と書かれている芸能人の方なら、もし本当なら当然、
プライベートでの行き来もある筈ですから、その人の所属事務所に対してでも、「こんなことを書いている人がいますが、これは事実でしょうか」という
問い合わせを送ってみる程度の事は出来るのではないかと思います。
もしその芸能人の方までは届かなくても、事務所の関係者は少なくとも
ブログやHPに目を通したりして、存在は知ってもらうくらいは出来るかと・・・・・

まあ、裏を返せばそんな妄想の中でしか幸せになれない可哀想な人だと
言うことでもあるので、名前を出された芸能人の事務所へ意見を送るなり、
そういう積み重ねをしていくしかないのではと思います

投稿日時 - 2006-09-18 00:27:44

お礼

お礼が遅くなり、申し訳ありません。

名前を挙げられている芸能人の所属事務所や、公式サイトへ連絡してみたいと思います。
でも、向こう側も多忙でしょうし、こういうケースは珍しくないので
これといった処置はなされないかもしれませんね。

>妄想の中でしか幸せになれない可哀想な人
本当にその通りですね。
ネットだからと言って、その中で好き勝手するだけしか楽しみがないのは可愛そうです。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-09-30 10:05:30

あなたにオススメの質問