こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

生きる勇気をくれる本

生きる勇気をくれるような本ありませんか?
どんな本があるのかわからないので教えてください。

投稿日時 - 2006-09-06 23:52:50

QNo.2389106

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

エッカーマン『ゲーテとの対話』
http://www.amazon.co.jp/%30b2%30fc%30c6%3068%306e%5bfe%8a71-%4e0a-%5ca9%6ce2%6587%5eab-%8d64-409-1/dp/400324091X/sr=8-1/qid=1157572749/ref=sr_1_1/249-9438134-4178743?ie=UTF8&s=gateway

この本は著者とゲーテとのやりとりをまとめたものですが、生きていく上で非常に役に立つゲーテの名言がちりばめられています。格言集とはまた違って、少しくだけた感じなので読みやすいです。


大平 光代『だから、あなたも生きぬいて』
http://www.amazon.co.jp/%3060%304b%3089%3001%3042%306a%305f%3082%751f%304d%306c%3044%3066/dp/4062100584/sr=8-1/qid=1157572342/ref=sr_1_1/249-9438134-4178743?ie=UTF8&s=gateway

この本の著者は現在主に少年犯罪を取り扱っている弁護士の方ですが、その人生はかなり壮絶なもので、いじめから自殺未遂をしたり、非行に走った末、極道の世界に身を投じたりとまさに波乱万丈な人生を経験し猛勉強の末、現在弁護として活躍なさっています。

フランクル『夜と霧』
http://www.amazon.co.jp/%591c%3068%9727-%65b0%7248/dp/4622039702/sr=8-1/qid=1157573029/ref=sr_1_1/249-9438134-4178743?ie=UTF8&s=gateway

精神科医の著者がナチス統治時代、アウシュビッツなどの強制収容所に収容された体験から極限状態で生きる人間の心理を描いており、生きることに対するひとつ考え方を提示してくれる名著です。

投稿日時 - 2006-09-07 05:13:25

お礼

内容まで教えてくれてありがとうございます。
夜と霧が気になっているので読んでみようと思います。

投稿日時 - 2006-09-08 14:53:09

このQ&Aは役に立ちましたか?

112人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

「ぶたばあちゃん」もお勧めです。

 下記のURLを読むと内容が分かるので、本当に感動したければ、読まないで、図書館から借りるなりして下さい。

参考URL:http://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?No=3969

投稿日時 - 2006-09-07 22:17:09

お礼

また回答ありがとうございます。
どんな話なんだろう?読んでみたいです。

投稿日時 - 2006-09-08 15:02:27

 この本です。

 そうじと人生の好転のさせ方を書いた本です。

 カスタマーレビューを読んでみて下さい。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4893469126

投稿日時 - 2006-09-07 21:59:13

お礼

回答ありがとうございます。
そうじにはすごい力があるみたいですね。
初めて知りました。

投稿日時 - 2006-09-08 14:59:28

ANo.4

エーリヒ・ケストナーの『飛ぶ教室』をお勧めします。

投稿日時 - 2006-09-07 16:55:06

お礼

答えてくれてありがとうございます。
どんな本なのか調べてみます。

投稿日時 - 2006-09-08 14:57:26

おはようございます。

候補として2冊あります。

まず1冊目は、"瀬尾まいこ"さんの『温室デイズ』です。これは、中学校でのいじめや学級崩壊をテーマに書かれた作品です。その中で、いじめに真っすぐに挑む主人公やいじめから逃げ出しながらも別のアプローチで挑む主人公の親友。登場人物たちが自分たちのできるやり方で、現状の挑むというところがとてもよかったです。重いテーマですが、主人公たちを見ていると勇気がわいてくる気がします。作者が中学校の先生ということも注目です。

http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?KEYWORD=%89%B7%8E%BA%83%66%83%43%83%59

2冊目は、『いのちの授業―がんと闘った大瀬校長の六年間』です。末期がんに侵されながらも自分を教材にしながら、生徒たちに命の輝きを伝えていく校長先生。病の恐怖に晒されながらも「命の授業」に臨む姿勢からは感動とともに勇気ももらいました。

http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9979214201

投稿日時 - 2006-09-07 07:53:24

お礼

お返事ありがとうございます。
今まで知らなかった本を教えてくれありがとうございます。

投稿日時 - 2006-09-08 14:55:47

ANo.1

こんばんは。

『絶望に効く薬』(これはマンガですがイイですよ)
『ブルー・ノート』
『名言集.com』(これはHPですが、人生についての名言もあります)

いかがでしょうか。

参考になれば嬉しい限りです。

投稿日時 - 2006-09-07 00:00:21

お礼

お返事ありがとうございます。
名言集.comでいい言葉に出会いました。

投稿日時 - 2006-09-08 14:51:31

あなたにオススメの質問