こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

スコア=楽譜?

スコアって「総譜」のことですよね?オーケストラみたいにたくさんのパートを一括にまとめてるやつ。
では楽譜のことは外国語で何と言うのですか?(クラシックが盛んなヨーロッパ諸国。イタリアやドイツ)日本では「スコア」と「楽譜(譜面)」と言い分けると思いますが、実際の所ピアノの楽譜も「スコア」って呼んでも大丈夫なのでしょうか?よろしくお願いします。

投稿日時 - 2006-08-20 01:11:42

QNo.2350113

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

ヨーロッパではありませんが、アメリカもクラシック音楽は結構盛んです。そのアメリカでの事ですが、楽譜のことは、ふつうただ「music」と言っています。たとえばオーケストラの練習に自分のパート譜を忘れて行ったりしたとき、"Where is your music?" と聞かれます。 "music" という言葉が、書かれた、印刷された、または演奏された「音楽」すべてに使われています。楽譜、譜面、パート譜など、いろいろ便利な言葉を使い分けることが出来る我々日本人にとって、これでは大変不便に感じるのですが、でも事実です。 たまには"(a) sheet (of) music" という表現で、印刷された紙の楽譜を言うことも、製本されて本になった楽譜(ソナタ集など)を言うこともあります。でもやはり基本的には「ミュージック」です。 総譜は(オーケストラも、三重奏、四重奏などの室内楽でも) "score" と呼びます。しかしこれも大きな括りで言えばやはり "music" ということになります。 

投稿日時 - 2006-08-20 10:45:00

補足

みなさま回答ありがとうございます。
…ということは、パート譜と総譜の使い分けはある。呼び方も各国様々。そして、外国語基準で考えたら「全ての楽譜をスコア」と言ってしまっても100%間違いとは言えない。ですね?

でも日本では「総譜=スコア」と外国語読みで呼ばれるけど「パート譜=パート譜(ピアノなどソロ系)」と日本語呼びなのですね?パート譜のことを「music」なんて言ってる人聞いたことありませんもの…。

以上で合ってますか?

投稿日時 - 2006-08-20 13:21:48

このQ&Aは役に立ちましたか?

12人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(5)

ANo.5

matchgameさん

あっていると思いますよ。 私はアメリカと日本の状況しか知りませんので、もしかしたら他の国ではまた別の状況があるのかも知れませんが、matchgameさんのご理解で、あっていると思います。日本語は便利ですね。

投稿日時 - 2006-08-20 14:20:53

お礼

色んなことが分かって良かったです!
回答下さった皆さんどうもありがとうございました!

投稿日時 - 2006-08-23 01:17:54

ANo.3

先日お亡くなりになった、岩城宏之さんの著書「楽譜の風景」(岩波新書)にこうあります。

日本のオーケストラでは、パートごとの楽譜を「パート譜」略して「パート」あるいは「譜面」という。

ドイツでは同じものを「Stimmen」(日本語に訳すと「声」)という。音楽関係者の業界用語のようなもので、一般のドイツ人にはまず意味が伝わらないだろう。

英語圏では一般語としての楽譜は「music note」というはずだが、現場の人は「music part」という。よく、略して「music」といわれる。楽員が「家にmusicを忘れてきた」と騒いでいる場面に出くわして面食らったことがあったけれど「music」とは「譜面」のことだった。

メルボルンで新作ピアノコンチェルトの練習をしていたときのこと。偶然性を取り入れた作品だったが、ピアニストが楽譜どおりにしか弾けない奴で、自分で勝手にこう弾くという楽譜を書いてきた。しかも、練習番号を入れてこなかったので、練習がはかどらない。ついに岩城氏が、「おまえのpartがどうなっているなんて知るか!」と切れたら、なぜか楽員に大うけだった。岩城氏は日本の習慣で「パート譜」のつもりで言って、実際、楽員に意味は通じていたのだが、「part」は「あそこ」という隠語として良く使われ、しかもそのピアニストはゲイで有名だったからだった。

投稿日時 - 2006-08-20 08:07:16

ANo.2

私も直接お役に立てなさそうで申し訳ないですが…。

「総譜」でなくても、合唱で使う「合唱やソリストの歌のパートと、オーケストラ部分が練習用ピアノ譜として書かれた(あるいは、始めからピアノ伴奏で書かれた)楽譜」は英語で"vocal score"と呼ばれています。

確かに、英語では日本語の「楽譜」のような「演奏のための音楽情報が記載された本」という概念があまりないのかもしれませんねぇ…。

投稿日時 - 2006-08-20 04:04:46

ANo.1

なんの回答にもなりませんが…

参考URL:http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=%8Ay%95%88&word_in2=%82%A9%82%AB%82%AD%82%AF%82%B1&word_in3=PVawEWi72JXCKoa0

投稿日時 - 2006-08-20 02:21:15

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-