こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

文庫の本文用紙(上下)について

学生時代からず~~~っと疑問だったのですが、文庫本は出版社によって、本文用紙の上部がそろっていて「しゃきーん」となっているものと、不揃いで「ぼこぼこ」になっているものがあるのですが、それはなぜですか?(下部はどの出版社も揃っている、多分)
製造過程の産物か?それとも・・・知っている方がいらっしゃったら、教えてください。ちなみに、自分が持っている文庫で分類をすると、
上部が揃っている・・・文春文庫、講談社文庫、主婦の友社
上部が揃っていない・・・角川文庫、新潮文庫、岩波文庫
です。電撃とか、スニーカーとか、その他の文庫は持ってません。私は、ぼこぼこの方が味があって好きです。

投稿日時 - 2006-08-17 11:27:07

QNo.2344462

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

本の上の部分を天、下の部分を地といいます。綴じているのと反対の端を小口と言います。地と小口を裁断しないとNO1の方が仰られるようにペーパーナイフで切らないと読めなくなります。しかし、天は裁断しなくても不揃いになるだけで問題ありません。
そのため昭和2年に岩波文庫が発行される際に、経費削減のために天を裁断しませんでした。
新潮文庫は大正3年から発行していますが、本のサイズが現在とは異ります。所謂「文庫サイズ」の新潮文庫は昭和9年から発行された第三期のものからです。
角川文庫は昭和25年の発行ですが、当初はやはり文庫サイズではありませんでした。昭和26年から「文庫サイズ」となります。
いずれも天を裁断していませんが、理由はやはり安くするためと思われます。昔は天を切りそろえるという一工程を省くことで費用が抑えられたのですが、現在では機械化されているのであまり効果はありません。
古くからの文庫は伝統にしたがって(現在では特に理由はないが)天を切っていない。
あたらしくできた文庫では伝統がないので、最初から天を切り揃えている、ということだろうと思われます。
ご指摘の、文春文庫、講談社文庫、主婦の友社の文庫で一番古くからある講談社文庫でも昭和40年で最初の登場のときから天は切り揃えてありました。

投稿日時 - 2006-08-17 18:35:50

お礼

回答くださり、ありがとうございます。
文庫に歴史あり、ですね!
文庫を読むのがますます楽しくなってきました。

投稿日時 - 2006-08-28 21:45:59

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

ANo.4

私が聞いたのでは、天を切り落とさないのはほこりよけのためで、そうすることによって本棚で少々埃をかぶっても目立たないということが理由なんだそうです。

そしてあのでこぼこは決して切り落としてないのではなく、でこぼこが一定の範囲内におさまるように裁断してあるのです。もしお手元に岩波文庫とか新潮文庫とかがありましたら、よく見て下さい。でこぼこはでこぼこなりに揃っているとは思いませんか。もし綴じっぱなしならばもっと不揃いで突出するページがあったりします。

したがってあれは決して経費節約のためではなく、かえって他の文庫のように切り落とすよりも手間、費用がかかっているのだそうです。費用を節約しているのは岩波、新潮などに比べて後発の四方裁断の文庫の方です。今はない戦前の文庫類も殆どすべて岩波文庫に倣って天はでこぼこでした。

投稿日時 - 2006-08-17 20:52:16

補足

そういえば、天のでこぼこは地の切り落としと比べてなんだかぶさぶさになっていますよね?ペーパーナイフの切り口のように見えます。
わざとでこぼこに裁断したのであれば、紙の先がすぱっときれいな状態ででこぼこになるのでは?とも思えるのですが・・・
ぶさぶさも、わざとなんでしょうか???

投稿日時 - 2006-08-30 21:26:20

お礼

でこぼこがある程度きれいにそろっているというのも気がついていました。
tasogare32さんの話が確かだとすると、あのでこぼこは計算された「デザイン」ということになりますね。
「ダ・ヴィンチ」で、本の装丁家の特集を読んだばかりなので、文庫本もデザインされたものと考えると、ロマンが広がります。
回答くださり、ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-08-28 21:52:18

ANo.2

アンカットといわれるものですね。

スピン(ひものしおり)をつける関係で上部が裁断できない(新潮文庫)とか、書籍としての味を出すためとか、そのあたりが理由のようです。

参考URL:http://girled.net/archives/000804.html

投稿日時 - 2006-08-17 11:55:23

お礼

天アンカット、というのですね。
すごい技の名前みたいでどきどきします。
ひもの栞は大好きです。very便利~(^0^)
回答くださり、ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-08-28 21:36:03

ANo.1

本つくりのコンセプトの差でしょう。

因みに、文庫本ではないですが……フランスで発行される本には、袋とじっていうのでしょうか、ペーパー・ナイフか鋏で切らないと読み進めないものがあります。
まぁ日本でも一部、見られるようですが……

でも、いまの角川文庫、見やすくなりましたね。以前は、活字が細く、印刷が薄い感じて読むのが辛かった記憶があります。……

いろいろな好奇心、ステキですね。

投稿日時 - 2006-08-17 11:38:43

お礼

回答くださり、ありがとうございます。
本作りのコンセプト・・・
どんなお茶目な理由があるんでしょうね。

投稿日時 - 2006-08-28 21:32:45

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-