こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

2箇所からの収入

こんにちわ。
税金のことで、どなたか詳しい方がいれば教えていただければと思います。

私は派遣社員と翻訳の仕事をしていて2箇所からの給料があります。
派遣会社のほうは年末調整をしてくれるのですが、翻訳のほうはしていただけません。
しかも所得の10パーセントが源泉徴収されています。
この場合、確定申告をすれば戻ってきますか?
その際、派遣の方も源泉徴収票をもらって合算して自分で確定申告しなければならないでしょうか??

派遣の方は年200万くらいで、翻訳のほうは年30万くらいの給料です。

どなたか分かる方いらっしゃれば、よろしくお願いします。

投稿日時 - 2006-07-22 17:19:21

QNo.2292243

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

貴方の、質問を見て「事実誤認」があるかもしれないので、今一度確認してから、参考にしてください。

>派遣会社のほうは年末調整をしてくれるのですが
>翻訳のほうはしていただけません
>しかも所得の10パーセントが源泉徴収されています

派遣社員の収入は、年末調整までしていますから給与所得ということで間違いないでしょう。

翻訳の仕事が給料というところに疑問があります。
翻訳の仕事をしたところから、もらった源泉徴収に関する書類は
1,http://www.nta.go.jp/category/yousiki/soukatu/pdf/23100051-2.pdf
ですか?
2,
http://www.nta.go.jp/category/yousiki/soukatu/pdf/23100038-2.pdf
ですか?

1なら給与所得なので派遣の仕事と一緒に確定申告の必要があります。
2なら、金額からみて「雑所得」なると考えられますので、確定申告が必要な場合があります。

こちらを参考にしてください。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/1900.htm

投稿日時 - 2006-07-23 07:50:58

お礼

ありがとうございます!!
翻訳の仕事はまだ始めたばかりで源泉徴収票をもらっていないので一度会社のほうにどちらの書類がもらえるのか聞いてみます!!

投稿日時 - 2006-07-23 09:02:38

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(5)

ANo.5

 ANo.3です。

>もし、計算をしなおして「納税」の場合は申告しなければ申告漏れということになるのですよね??

・給与所得者で2箇所から給与を受けている方は、確定申告の義務がある場合がありますから、それに該当する場合で、確定申告をしなければ申告漏れになります。

http://www.taxanswer.nta.go.jp/1900.htm

参考URL:http://www.taxanswer.nta.go.jp/1900.htm

投稿日時 - 2006-07-23 16:27:20

ANo.3

 こんにちは。

>派遣会社のほうは年末調整をしてくれるのですが、翻訳のほうはしていただけません。しかも所得の10パーセントが源泉徴収されています。
この場合、確定申告をすれば戻ってきますか?

・所得税の税率は最低で10%です。合計230万円の収入がありますと非課税にはなりませんから、確定申告されてもあまり戻ってこないです。
 なお、定率減税が来年から廃止になりますが、今年(平成18年)については半減(10%)にはなりましたがまだありますから、翻訳での源泉徴収については、確定申告されれば10%の還付が受けられますね。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/2260.htm

>その際、派遣の方も源泉徴収票をもらって合算して自分で確定申告しなければならないでしょうか??

・はい、所得税は申告納税ですから、納税者から申告することになります。

・具体的には、両方が給与収入の場合は、合算して所得税を計算しなおしますから(それが確定申告の目的です)、確定申告の書類で所得税を自分で計算して、両方の源泉徴収を添付して、税務署に申告することになります。
 これは、申告書に記載要領が付いていますし、基本的には源泉徴収票の数字を書き写すだけですから、誰にでも出来ますよ。

・こうして申告書を作成して所得税を計算しなおし、その算出額が実際に支払われた所得税額より少なければ「還付」を受けられますし、多ければ所得税の支払が不足していることになりますから、逆に「納税」することになります。
 あなたの場合は、「還付」になると想像します。

参考URL:http://www.taxanswer.nta.go.jp/2260.htm

投稿日時 - 2006-07-22 22:20:25

補足

ありがとうございます。
もし、計算をしなおして「納税」の場合は申告しなければ申告漏れということになるのですよね??

投稿日時 - 2006-07-23 09:09:17

ANo.2

>派遣会社のほうは年末調整をしてくれるのですが、翻訳のほうはしていただけません
→年末調整は、一箇所でしか受けることができません。

>しかも所得の10パーセントが源泉徴収されています
→源泉所得は、甲欄と乙欄があり、乙欄で源泉が取られています。
 甲覧と乙欄の違いは、扶養控除申告書(同時に2箇所以上提出してはいけません)の提出の有無によります。提出していない方は乙欄(高い税額)で計算されます。
http://www.nta.go.jp/category/yousiki/gensen/annai/1648_01.htm

>確定申告をすれば戻ってきますか?
→収入が他になく、源泉に誤りがなければ間違いなく戻ります。

>派遣の方も源泉徴収票をもらって合算して自分で確定申告しなければならないでしょうか??
→合算して、自分でしなければなしません。
ですが簡単ですから、他に頼まずチャレンジすることをお勧めします。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/1900.htm の(3)

投稿日時 - 2006-07-22 18:30:40

お礼

ありがとうございます!
年末調整は一箇所なんですね・・なるほど。

投稿日時 - 2006-07-23 09:14:09

ANo.1

https://www.keisan.nta.go.jp/h17/ta_top.htm
申告義務はありませんが、申告すれば還付があるはずです。

投稿日時 - 2006-07-22 17:41:52

お礼

そうなんですね、ありがとうございます!

投稿日時 - 2006-07-23 09:07:05

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-