こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

結婚指輪はホワイトゴールドとプラチナどちらが良い?

日本では結婚指輪はプラチナですが,私の主人の国ヨーロッパの小国ではゴールドが主流のようで,宝石店に言ってもプラチナは置いてないのです。あってもシンプルで日本でセットで10万くらいで売られている物が30万くらいします。ゴールドの方が弱いからプラチナが多いのでしょうか。海外在住の方,結婚指輪の材質って何ですか?

投稿日時 - 2006-07-11 17:59:04

QNo.2269572

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

ヨーロッパで、北欧人の夫と暮らしています。こちらでも、結婚指輪はほぼ100%ゴールドです。プラチナはほとんど見かけません。ゴールドでも日本より高めですが、プラチナとなるととんでもなく高価です。

日本、アメリカではプラチナが人気のようですが、結局は金より高価、という理由につきると思います。婚約指輪のダイヤと一緒で、一生に一度、よりよい(=高い)物を、という考え方から来ているのではないでしょうか。

私の住む国、夫の出身国では、ダイヤの婚約指輪自体贈ったり贈られることもありませんので、日本やアメリカのように「婚約したの!」「指輪見せて!」という会話はありませんし、誰も何カラットだろうが何だろうが気にしません。結婚指輪についても、「素敵ね~」でおしまいです。

ちなみに、ヨーロッパでは18Kではなく14K、12K、はては8Kを好む人も多いそうです(宝石屋さんの情報によると、とくにイギリスで)。その理由としては、金以外の金属が多く混ざることで好みの色が出しやすい、ということがあるようです。おなじイエローゴールドでも、例えばアジアの人は割と赤っぽい色を好みますし、欧州では黄色味が強いものが好まれるようです。

さらに、プラチナの人気がない理由として、色があります。白銀とも呼びますが、ホワイトゴールドと比べると黒っぽく見えるのであまり好まれないのだそうです(宝石屋さん談)。このあたりも、肌の色や文化が大きく影響しているのでは。

自分の体験も踏まえて最後に。自分のしたい方法、欲しいものをすべてあきらめる必要はありませんが、ご主人の文化、お住まいの国の文化も取り入れて一番よい方法を考えてみては?ちなみにうちは私がイエローゴールドを好まないのでホワイトゴールドにしました。結婚指輪は、相手方にはない風習でしたので、手ごろな値段で普段使いできるものを求めました。私の母親からは「え??金????」と驚かれましたが、ヨーロッパに根を下ろしたからには、こちら流でいいじゃない?と説明しました。ホワイトゴールドはだんだんとメッキがはがれたりして色が変わる、とお店から説明を受けましたが、それならそれで、またいつか買い換えたっていいし、と思っています。お互い、サイズが変わる可能性も十分ありますからね(笑)。

どうぞ、ご主人とゆっくり相談してみてください。

投稿日時 - 2006-07-11 22:13:08

お礼

ありがとうございます。日本、アメリカでプラチナが人気なんですね。びっくりです。日本人の友人に話したら、プラチナに決まっているといわれたので,??と思ったのです。メッキがはがれてくることは少し残念ですが,サイズが変わることもあり得ますしね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-07-11 23:09:26

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(5)

ANo.5

某海外ブランドの結婚指輪を購入しました。
私も結婚指輪=プラチナと思っていてたので、
ショップの方に、プラチナはないのか?と聞いたところ、
プラチナこだるのは、日本人とアメリカ人だけなんですよと聞きました。
私の指輪は、ホワイト・イエロー・ピンク3種類のゴールドのセットですが、
5年間していますが今のところ剥げたりなどのトラブルはナシです。

個人的には素材も大切かもしれませんが、
一番気に入ったものを購入した方が良いと思いますよ。

投稿日時 - 2006-07-12 14:18:25

ANo.4

A:no1の補足です。
イエローゴールドは、メッキはしていませんので、はげるという事はないので、着けやすいとおもいます。ホワイトゴールドだけが、メッキを施しています。世界的には金(GOLD)が一般的でしょうか。
日本のように、エンゲージリングでダイヤを使うようになってから、
透明のダイヤをよりよく見せれるプラチナが浸透したようです。
ただ、金製品でも温泉(イオウ成分)に入れると変色しますので注意です。

投稿日時 - 2006-07-12 09:55:58

補足

ご回答ありがとうございました。
参考になりました。

投稿日時 - 2006-07-12 10:52:09

ANo.3

こんばんは

金にしてはいかがですか?(K18かK24)
肌なじみも良いですよ、肌色とも合いますし

PTは日本では人気があります
希少価値、硬そうなイメ-ジから(実はやわらかいです)
シンプルな色も人気がある理由かもしれません

ですが、昔はほとんど金でした
そちらの方向で考えてみてはどうですか?

投稿日時 - 2006-07-11 22:36:58

お礼

ありがとうございます、
そうですね,昔は金だったんですよね。はげてくるのも年月が経ったということで、別の味わいを感じるのかもしれないですね,
プラチナはとてつもなく高いので,手の届く範囲で金にします。

投稿日時 - 2006-07-11 23:13:22

ANo.1

プラチナ(PT)とホワイトゴールド(WG)は、貴金属としてまったく違うもので、PTは85%以上の純プラチナと残りはパラジウムで合金している貴金属で、プラチナ自体が貴重な貴金属で加工技術もいるし融点が高いので、日本ではポピュラーな金属ですが、外国ではあまり使われていません。海外の加工技術もまだまだ悪いので・・・。
色も変色はしないし、人体にアレルギーもほとんど与えません。
ただ、貴重なだけに高価です。
WGは基本的には、金(GOLD)を使っての合金です。K18の場合は、75%のGOLDと25%の他の地金の合金、K14の場合は58%のGOLDと42%の他の金属の合金。GOLD以外に合金部分にどの金属を使うかで色も変わって、名前がホワイトやピンクとなります。
一般的にはイエローゴールド(一般的な金の製品)銅などの金色に近い色の金属を使っています。ピンクは少し鉄を混ぜます。ホワイトゴールドはパラジウムやニッケル、アルミと銀色に近い金属を使うので少し銀色っぽくなるのでホワイトゴールドといってますが、あくまでも主体(75%)はGOLDなので、元の色は茶色っぽい色です。市販の完成品はそれの表面を、ロジウムメッキやニッケルでメッキをしてプラチナのような光沢で販売しています。したがって、はめてるうちにメッキがはげて地の色が出てきますので、ネックレスような製品はいいですが、特に毎日つける結婚指輪でしたら、ものにあたることが多いので、早くメッキがはげてきます。ただ、金が主体なので価格はプラチナの60%ぐらいで買えるでしょうか?WGは金属アレルギーの片にはだめです。

参考URL:http://www.takase-net.com

投稿日時 - 2006-07-11 19:34:48

補足

WGよりも、普通のイエローゴールドの方がメッキがはがれるという心配はないのでしょうか。何だか悩んでしまいます。

投稿日時 - 2006-07-11 23:10:46

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-